ネタバレ・感想

夫はグレーゾーン・第3話のネタバレと感想|まんが王国




まんが王国で連載中の漫画「夫はグレーゾーン」第3話のネタバレと感想です。

文字のみですが、ネタバレ注意です!


夫はグレーゾーン・第3話のネタバレ

病院に来た美和と優斗ですが、優斗は全く喋りません。
診察室に入ると美和は興奮気味に優斗の様子を話します。

 

医師は美和を外に出し、優斗に向かって笑顔で話しかけます。

待合室に座る美和。
周りを見回すと心療内科なのに普通の待合室と同じように感じます。

 

診察室。
医師は優斗の話を穏やかに聞いています。

優斗は会社での様子を話し、自分が何かをしている途中で上司や同僚に話しかけられると、何をするか分からなくなってしまいます。
何回も上司に叱責され同僚に文句を言われるようになりました。…彼は泣きながら自分は発達障害なのか?迷惑をかけているのか?と問います…

 

 

看護師に呼ばれた美和。
診察室に入ると、目が赤い優斗に気づきます。

医師が発達障害について説明します。
病気ではないこと、全容は明らかになっていないこと、生まれつきのもので治らないこと等々。

美和は、医師の言葉で初めて優斗が「生きづらさ」を感じていたことを知ります。
優斗はADHDの傾向が強いが、診断はしにくいグレーゾーンということでした。

美和はグレーと聞き不満をもらします。
それを聞いて青ざめる優斗。

 

医師は診断がつかないことで苦しむ人がたくさんいるのだと言います。
検査できる病院を紹介するという話を断る優斗…最後に医師がアドバイス本をくれ、周囲の支援で改善できることもあると教えてくれました。

 

 

病院を出た2人。美和はどう声をかけるか悩みます。
しかし優斗は、けろっとしていて大丈夫そうにしています。

それを見た美和は思い直し、優斗の実家に寄ろうと言います。

 

 

実家での夕食。
TVから発達障害の話が聞こえ驚いた優斗が飲み物をこぼします。
それを見て美和への嫌味を言う義母。

美和は不快になり優斗を見ますが何も気づいていません…
自宅に戻り、また無神経なことを言い出す優斗。

カチンときた美和は外へ出ていき、涙ぐんだままコンビニに入ります。

その時、美和に気づいた男が声をかけてきました…


夫はグレーゾーンの最新話を無料で読むには?!

SNSで大人気の「夫はグレーゾーン」は『まんが王国』だけで読むことができます♪
無料会員登録すると、半額クーポンが付いてくるので是非チェックしてみて下さいね!

まんが王国で読む

夫はグレーゾーン・第3話の感想

自分が発達障害と知らずに大人になる人はいるようです。
私の周りにもいて同僚や上司と大きなトラブルになっていました。

ADHDについては症状を抑える薬があります。作中の説明と違う意見ですが、幼いころに親が気づき適切な対応をしていけば徐々に改善されていきます。
他の漫画でも夫の発達障害を題材にしていますが、知らずに結婚した妻は本当に辛いと思います。発達障害は治らないので苦労は続いてしまうからです…。

気になる続きはこちら↓
更新され次第アップいたします!