漫画コラム

大人になってから読んでも面白い「美少女戦士セーラームーン」はやっぱりすごかった

セーラームーン

言わずと知れた大大大大ヒット作である「美少女戦士セーラームーン」。
今や世界各国でもマンガ・アニメ好きは全員知っている本作。
日本を代表する少女漫画といっても過言ではないのではないでしょうか。

アニメ放送で一気に有名になり、社会現象ともなった本作ですが、
みなさん原作の漫画は読んだことありますか?

私はド世代のくせに、幼稚園生のころからセーラームーンになりたかったくせに、
ミュージカルは欠かさず親に駄々こねて連れて行ってもらっていたくせに、
原作は読んだことが無かったんです。完全アニメ派でした…。

実はそんな方って意外と多いと思います。
なので、まだ読んだこと無い!って人は是非原作のほうも読んでみてください!

「美少女戦士セーラームーン」は武内直子先生による作品で、
少女漫画雑誌「なかよし」1992年~1997年まで連載され、旧版の単行本は全18巻。

あらすじはもう必要ないかと思いますが、
一応あらすじです。




「美少女戦士セーラームーン」のあらすじ

主人公・月野うさぎは、中学2年生でドジな上に子どもっぽくて泣き虫。
ある日、ルナという人の言葉を話す黒猫に出会い、美少女戦士「セーラームーン」に変身し、
近頃事件を起こし、人々を襲っている妖魔と戦うことに。

そんな中、ピンチを救ってくれるタキシード仮面や、
仲間のセーラー戦士の仲間たちに助けられ、妖魔を退治していくうさぎ。
やがて、妖魔の狙いや、自分がセーラー戦士として戦う運命について知ることとなる…。

「美少女戦士セーラームーン」の感想

セーラームーンがアニメ化したのは私が幼稚園の年長だったころ。
まさにドンピシャ世代です。

私はこの頃、自分のことセーラームーンだと思って生きていました。
この頃に撮った写真は全て名台詞「月に代わっておしおきよ!」のポーズ。
(しかも全然出来てない)

セーラームーンのおもちゃを買ってもらうために一生懸命親に向かって泣き叫びました。
そんなに私を夢中にさせたのはなんなのか。

それは「強くてかわいいセーラームーン、超絶カッケェェ…」というヒロイズムからきていたと思います。
今でこそプリキュアとかが人気ですが、セーラームーンって戦闘系美少女の火付け役だったようですね。

ドジでアホなうさぎちゃんですが、変身するとめちゃめちゃ強い。
そして、まもちゃんからは大切にされるし、仲間からは慕われるしで、やっぱり小さい子から憧れるんですね。

当時はうさぎちゃんになりたい!とストーリーもよくわけ分からずアニメ見ていましたが、
改めて読むと、うさぎを守るという一心で、危険な場にもついて来てくれる他戦士の友情の深さ、
まもちゃんのうさぎに対する時代を超えた愛の深さ、どれも感慨深いものがあります。

そして少女漫画とは思えないほどに、敵の種類から戦闘能力、武器等の設定がすごく細かい。
これは男性がハマってしまうのもうなずけます。
他のセーラー戦士たちの衣装だったり、キャラ設定も今読んでも面白い。

私はずっと主人公のうさぎちゃんが好きだったのですが、
原作読んだらセーラーウラヌスのはるか様のかっこよさに惚れ惚れしてしまいました。
当時はプルート・ウラヌス・ネプチューンのお姉さま軍団たちってよく魅力が分からなかったのだけど、
今ならわかる…アダルティーに溢れていてとってもいいです笑

余談ですがセーラームーンミュージカルの「La Soldier」はもう名曲ですね。
カラオケでよくセーラームーン好きの友達と未だに歌っていますw

「美少女戦士セーラームーン」はこんな方におススメ!

・美少女戦士モノが好き
・セーラームーンが好き
セーラームーン大好きだったのに原作読んだこと無い人

原作読んだこと無い!って方は、是非おススメします!^^