LaLa

図書館戦争LOVE&WAR別冊編・最終回56話のネタバレと感想|LaLa10月号



2020年8月24日発売の「LaLa」10月号に掲載されている「図書館戦争LOVE&WAR別冊編」最終回56話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「図書館戦争LOVE&WAR別冊編」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

図書館戦争LOVE&WAR別冊編・最終回56話のネタバレ

堂上に助けてもらったあの日から干支もひとまわりを超えて現在…

今日は公休で、堂上と郁は茨城の実家に来ていました。

行ってみたい場所があると言った郁。

それはのどかな街角の落ち着いた本屋…それは郁の始まりの場所

店内に入った二人は、配置は結構変わっていながらも懐かしさを感じていました。

二人はしばらく店内を徘徊します。
ここでは東京では売り切れていた当麻先生の新刊だったり、郁が捜していた本だったりたくさん置いてありました。

郁はそれらを手にし、レジに向かいます。
その途中で堂上と会った通りを眺めます…

その時の堂上の言葉を思い出しながら会計をし、店を後にしました―――

―――時の流れは平等に、それぞれ変化をもたらします。

 

不審者を確保した吉田と安達。
しかし、柴崎を視界に入れるたびに悲痛な表情をする安達に、迷惑だと言い捨てる柴崎。

そんな様子を見ていた手塚は、無理に許してやる必要はないと思うと言います。

もうどうでもいいことと言う柴崎…
一生逆らえないだろうから将来コマとして働かせると冗談を言いますが、手塚は分かりづらい!とツッコミを入れます…

コマなんて必要ない…
柴崎は、同期で最も優秀な二人が夫婦になったのだから最強であると言うのでした―――

 

夜、小牧と中澤を祝福する四人。

お祝いが自分のお好み焼きでよかったのかと心配する堂上でしたが、みんなが堂上の味のファンだからと言います。

そしておめでとうとみんなで乾杯すると、写真を撮ろう!と張り切る郁。

―――祝福会が終わり、同じ家に戻る小牧と中澤。

同じ部屋に帰れるのが嬉しくてどうにも頬が緩む小牧に、自分もそうだと言いました。

 

皆が帰った後に掃除する堂上と郁。

ふとアルバムを作ろうかと思っていると堂上に話します。

自分で撮った自分たちだけの写真ではなく、柴崎とか他の人からもデータをもらって1冊を作ると言う郁に、堂上は賛成します。

自分は仏頂面かもしれないが、郁はスナップ写真でも笑ってばかりだとデータを見ながら笑います。

郁は、「そういうところもいい」くらい奥さんに言えるようにならないと…と零すと、堂上は照れながら「そういうところもいい」と言うのでした―――

 

カメラを置き、あの日の自分に語り掛ける郁。

走り出す決意したばかりの君が今の自分を見たらどんな顔をするのだろう…

君の未来はこんなにも…ああでもやっぱり知らない方がいいのかな…

そのほうがきっと全力で走れる―――

~完~



 

図書館戦争LOVE&WAR別冊編の最新話を無料で読むには?!

『図書館戦争LOVE&WAR別冊編』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

図書館戦争LOVE&WAR別冊編・最終回56話の感想

最終回ですね!
それぞれが変化をしながら少しずつ前に進み始める…
今の自分がまた未来に向かって全力で走り続けるという思いがすごく伝わってきました。

登場人物それぞれがそれぞれの想いをもっていて、読んでいる私も思わず感情移入してしまう場面がたくさんありました。

13年間ありがとうございました!!