ネタバレ・感想

閏うこの月・第6巻のネタバレと感想|まんが王国




「まんが王国」に掲載されている「閏うこの月」第6巻のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「閏うこの月」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
閏うこの月・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】大人気コミック『閏うこの月』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『閏うこの月』の最終回までの内容が全て網羅できちゃいます...

閏うこの月・第6巻のネタバレ

一度は光とやり直す決心をした里でしたが…。

結局は俊の元へと自ら赴いてしまいました。

俊は里を迎え入れて抱き締めます。
しかも、とにかく抱きたいとまで言い出してしまい…。

しかし里もまた、同じ気持ちになってしまっていました。
俊に抱かれたいと心から願ってしまっています。

 

俊の自宅にて―――。

二人はすぐに互いを求め合いました。

俊は、里が彼氏ではなく自分を選んでくれたことが嬉しくて仕方がないようです。
里もまた俊に愛されて心が満たされていくのを感じています。

 

その後二人は一緒にお風呂へ。
髪を下した俊はどことなく幼くも見えました。
しかし中身は里よりも幾分も大人っぽい彼です。

里はこの年下の男の子に、心底惹かれてしまっていました。

 

お風呂の後も2人はまたも身体を重ねて愛し合います。
一日に何度もするなんて、里にとっては数年ぶりのことでした。

 

翌日―――。

俊は里よりも先に目を覚まして朝食の準備をしてくれていました。

めめこ
めめこ
光は絶対こんなことしないでしょうね…。
里は見た目も仕草もスマートな俊に完璧に惚れてしまっています。

 

二人は出かけようとするのですが里は着替えがありません。
そこでまずは里の服を買いに行くことになります。

俊から、普段着ないようなものにしてみようという提案を受けて、里は色々な服を試着します。

里は今まで来たことがないようなちょっぴり大人っぽい服を選びました。
俊はこういうタイプが好きらしいから、それを意識してのチョイスです。

俊の好みの服、それからプレゼントされたネックレスをつけて出かけることになった里…。

里はこんなに楽しいことは久しぶりでした。
俊と一緒に夢のような時間を過ごし、非日常を満喫します。

光という日常を家に置き去りにしたまま…。

 

しかしふと俊の顔を見ると、なにやら切なそうな表情を浮かべています。

里が声をかけると、俊はポツリと閏月って全て使い果たしたらどうなるんだろう?と呟きます。

そしてこう続けるのです。
今は良いところばかり見せているけれど、一緒になったらやっぱりだらしないところやダメなところが見えてくる…閏月は永遠には続かない…と。

里はそんな俊にキスをします。
今更そんなこと言うのはズルイ…そういって俊の顔をつかみます。

そして二人は再び俊の家で、激しく愛し合うのでした―――。

 

家に残された光は…。
里のことを考えながら煙草を吸っていました。
電話にもメッセージにも反応がつかない里…。

すると、以前浮気をした担当女性から連絡が入ります。

光は不安な気持ちを誰かで埋めるために、再び彼女と会うことにしてしまいました…。
なんと俊は自宅に彼女を招いたのです…。




 

閏うこの月の最新話を無料で読むには?!

『閏うこの月』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

閏うこの月・第6巻の感想

もう二度と間違わないと誓っておきながらこの有様…。
二人の貞操概念は一体どうなってるんでしょうか!?
2人ともお互いにユルすぎるのでは…!
よくこんなんで10年も続いたなーと開いた口が塞がりません…。

これはもう修復不可能でしょうね~。
光は二回目の浮気、里までも俊と身体の関係を持ってしまいましたし…。
別れる流れは必死だと思います。
あんなに捨て犬みたいな顔で里にすがっていた光は一体どこへ行ったのでしょう…。

結局二人とも、互いを愛し合っていたわけではないのではないでしょうか。
ただ寂しさを誰かで埋めたくて、それが途切れることを恐れていただけなのでは。

10年も続いたのに終わるのはお互いにマンネリからくる浮気だなんて…なんだか虚しい気持ちでいっぱいになってしまいました。

https://manganista.net/uruukonotsuki7/