ネタバレ・感想

次期社長に再会したら溺愛されてます・第13話のネタバレと感想



「次期社長に再会したら溺愛されてます」第13話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

次期社長に再会したら溺愛されてます・第13話のネタバレ

京一にコンペに誘われた麻衣子。京一のシリーズに合ったパッケージを考えようとするけれど、麻衣子をイメージして作ったと聞いて気負ってしまい、なかなかアイデアが思いつきません。

その話を聞いた京一はある賭けを持ち出してきます。
コンペに勝ったら麻衣子は瀬尾麻衣子になる、負けたら七森京一になる…とプロポーズとも取れる事を言われた麻衣子は混乱してしまいますが、京一に舞子が思うようにやればいいと言われ、麻衣子の緊張もほぐれます。

京一の言葉でアイデアが思いついた麻衣子は、なんとか締切ギリギリに応募することができました。

しかし後日、コンペの結果が出て、麻衣子はコンペに負けてしまいます。

もっと磨かないと、必ず結果を出すから。という麻衣子に京一はなんと指輪をプレゼントします。貰ったものは小指につけるピンキーリング。

麻衣子の左手薬指を触りながら、また改めて指輪を送ると京一は言います。
本当は今すぐにも「俺のもの」にしたいけれど、という京一に麻衣子も同じような気持ちであることを伝えます。

その言葉を聞いた京一は、出会いは社内だけではないから印を首につけて欲しいと言います。

印とはキスマーク。恥ずかしくて躊躇する麻衣子ですが、京一は1歩も引く気がありません。

麻衣子は顔を紅く染めながらも京一の首にキスマークを付けるのでした。

翌日、麻衣子に日焼け止めのアテンションシールのデザインをやらないかと上司に頼まれます。

アテンションシールとはお店に並ぶ時に直接貼られるプロモーションシールの事。麻衣子は早速、他のアテンションシールのサンプルを見るため資料室に向かいます。

資料室へ向かう道中で京一とすれ違います。京一は麻衣子が参加したコンペで彼女が参加していたにも関わらず違う人を選んだことで、公私混同をしない点から社内でさらに人気が上がっているようでした。そんな京一の隣を、少しカールの掛かったロングヘアーの女性が歩いていました。

その女性は新しく異動してきた京一の秘書で、名前は櫻井千秋。社長の元秘書だったけれど、京一が昔から知り合いで優秀なので秘書に欲しいと麻衣子の父である社長に打診したそうです。

麻衣子はそれを知っているけれど、凹んだりはしませんでした。京一にプロポーズのような話をされたのを思い出し、顔を紅くさせます。

麻衣子は顔が紅いのを隠すように資料室へ走っていきます。

しかしその時、麻衣子も京一も気づかなかったのです。秘書の千秋が麻衣子へ冷たい視線を向けていることに。



次期社長に再会したら溺愛されてます・第13話の感想

ちょっと意地悪な京一のセリフに翻弄される麻衣子が可愛くて微笑ましいなと思いました。

特に印象的だったのが指輪のシーン。麻衣子が落ち込んだタイミングで指輪を送るなんて京一かっこよすぎます…しかも「結婚指輪」と言わずに、あえて左手薬指を触って「ここ」という言い方に思わずドキッとしてしまいました。

このままゴールインか!?と思いきや、最後のシーンで千秋から麻衣子に向けられた視線…これから一悶着ありそうな予感がします。
実は千秋は京一の事が好きだった??それとも違う理由があるのか、今後の展開が楽しみですね!




コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。