ネタバレ・感想

あなたがしてくれなくても・第16話のネタバレと感想|漫画アクション




「漫画アクション」に掲載されている「あなたがしてくれなくても」第16話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「あなたがしてくれなくても」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
あなたがしてくれなくても・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回結末まで】漫画アクションで連載中の大人気コミック『あなたがしてくれなくても』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『あなたがしてくれ...

あなたがしてくれなくても・第16話のネタバレ

朝―――。
みちが目覚めると、隣にはスースーと寝息をたてる陽一の姿が。

昨晩、陽一と共に夫婦として愛し合えたことが夢じゃなかったんだと思い、みちのテンションは爆上がりでした。

2年もレスであんな大喧嘩までしたのに、まさかこんな日がくるなんて!
顔を洗っている間もそのことで頭がいっぱいになります。

しかし、気になるのがやはりついこの間まで2人の意見は平行線だったのに、どうして急に陽一が心変わりしてしてくれたのか…という点でした。

さらに、行為の最中にみちは陽一のある行動が気になっていました…。
しかしせっかく2人の夫婦関係が改善へ向かっているのに、余計なことを考えるのはやめておくことにします。

めめこ
めめこ
この“あること”とは一体何でしょう?

気になりますね~。

 

みちがリビングへ言ってスマホを手に取ると、昨日の着信が新名からであったことに気が付きます。

一体何だろう?と思いますが、陽一が来たために、折り返しの電話はせずに後でメッセージを入れておくことにしました。

 

仕事中―――。
みちの元に新名のほうからメッセージが入ります。
突然電話をかけてしまって申し訳なかったと謝罪のメッセージと共に、今日は時間がありますか?と予定を聞かれ…。

以前、結婚記念日のディナーデートの話をしたときに、新名が寂しそうにしていたのはやはり勘違いではなかったと思ったみちは、彼と待ち合わせて話をすることにしました。

 

そこでみちは新名から、実は結婚記念日のデートがうまくいかなかったことを暴露されます。
妻に正直な気持ちを打ち明けたつもりが、妻を責めているような形になってしまった…そう落ち込む新名。

新名は、妻の負担と疲労が減ればまた応じてくれるようになると信じ、そのために一生懸命にサポートを続けてきました。

しかし、現実はそうではなく、一向に変化のない楓の態度。
新名は男としての自信も失いかけてしまいます。
不安と焦りを感じた彼は、結婚記念日をきっかけに夫婦関係を改善させようと張り切っていたのですが…。
「忙しい」「疲れている」それらが真の原因ではないことに気が付いてしまった新名。
本当の原因は、そこに愛がないことでした…。

みちもまた、昨晩の行為の最中に、陽一が全くみちを見ようとしていないことに気が付いていました。
彼の気持ちがどこか別の場所にあるような気がして、体をつなげてもどこか虚しさを感じずにはいられません。

 

新名は、バカみたいですよねと言いながら悲しそうな笑みを浮かべます。
彼が組んだ手は悲しみに耐えるように震えていました。

みちは、そんな新名にそっと寄り添います。

 




 

あなたがしてくれなくてもの最新話を無料で読むには?!

『あなたがしてくれなくても』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

あなたがしてくれなくても・第16話の感想

行為中にみちが気付いていたあること…それは、陽一と目が合わなかったことだったんですね。
陽一は罪悪感からみちのことを見ようとしなかったのでしょうか。
それともやはり家族愛しか芽生えないみちに対しては興奮できないから、見ないように努めていたのでしょうか?
もしそうだとしたら、一体誰のことを考えていたのでしょう…。
もしかして頭の中では三島との行為を思い出していたり…なんてことも無きにしも非ずですね。
体を重ねても心がつながっていないのなら、虚しさばかり増えてゆきます。
そうだとしても、それを信じたくないみちはきっとその違和感に気付きつつも気が付かないフリをしてしまったのかもしれませんね…。

https://manganista.net/anatagashitekurenakutemo17/