ネタバレ・感想

あおのたつき・第21話のネタバレと感想




「あおのたつき」第21話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「あおのたつき」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


あおのたつき・第21話のネタバレ

怒丸の承認を得た楽丸。怒丸から優しさだけではだめだ、正しい怒りを持ちなさいと助言されました。
楽丸とあおが次の承認を得るために喜丸大宮司のもとへと出発しようとしたそのとき、あおだけ怒丸から呼びとめられます。

楽丸を支えてやるようにと意外なことを怒丸から言われて、きょとんとしますが、笑顔で答えるのでした。
一方、楽丸は鍵をもらったときのことを思い出していました。

無能なのに喜丸大宮司に対して大見得を切ってしまったことを恥ずかしく思い、行くことを躊躇してしまいます。

しかし、もう大門の前。

あおもまた前世のことを思い出し、この大門をくぐることを苦しく思いますが、ただ前に進むだけだと決意し、一緒になら行けると楽丸を励ましました。

淡神白狐社では喜丸と淡神が、楽丸のことを噂しています。そうこうしていると、楽丸がやってきました。
畏まる楽丸に対して、喜丸は頭を上げるように言い、簡単な修験があることを伝えました。

淡神も話し始めると、それを見たあおは、このぶよぶよはなんだと驚きます。触ってくるあおに、淡神は上方訛りで言い返します。

そうこうしていると喜丸があおに語りかけます。どうやら喜丸は葉巻を使うことで、人が誰しももっている”わだかまり”を『肚の蟲』として取り出すことができるのです。
見ると、かごに入った蟲がいます。

楽丸はすぐさま危険を察知しますが、喜丸は社の窓や扉をすべて閉めて2人を閉じ込めたのです。

そして、かごをひっくり返して、肚の蟲を外に出します。肚の蟲はものすごい勢いで2人にかかってきました。あおを必死に守る楽丸に、この肚の蟲を捕まえてかごに戻ることが淡神の修験だと言い放ちます。



 

『あおのたつき』の最新話を無料で読むには?!

『あおのたつき』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

あおのたつき・第21話の感想

ここにきて、あおの心のうちが少しずつ明かされてきていますね。あおの過去の話には、江戸や花魁の歴史的な背景が盛り込まれていて、単なる少女マンガでは語れない魅力を感じました。

楽丸は相変わらずちょっぴり頼りないですが、あおとのコンビネーションは見ていてなかなか面白いです。
コンビネーションといえば、喜丸と淡神のペアも面白かったです。ペアというより、淡神のキャラが何とも言えない魅力を放っていましたが(笑)

淡神の修験にはどうやって挑むのか気になりますね!あおの持っていた”わだかまり”であることも、今後の話の展開において重要な感じがします。ラストで、楽丸があおの盾になっていた場面はとても素敵でした。