アシガール

アシガール・第97話①のネタバレと感想|ココハナ6月号

2020年4月28日発売の「ココハナ」6月号に掲載されている「アシガール」第97話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「アシガール」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

ネタバレ
アシガール・ネタバレ全話まとめ最新話から最終回の結末まで「ココハナ」で連載中の大人気コミック『アシガール』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『アシガール』のネタバレ内容が全て...

アシガール・第97話のネタバレ

一向に妻・唯の姿が見えないことで、民にも噂が流れ、信長から縁談を持ち掛けられてしまった若君。
信長本人が若君の元に来ていて、到底断れる雰囲気ではない。

そばで見守る尊は、信長の持つ威圧感にすっかり青くなってしまう。
しかし若君とて自分の意志を曲げる気はないようで、場の空気が悪くなるかと思われたその時。

そこへ唯が現れて、場は驚きに包まれた。

尊は、満月のタイミングと少しずれていることが気になりつつも、お腹の大きくなった唯を見て心の中で色々と叫ぶ。

めめこ
めめこ
この時一番動揺してたのは尊なんじゃないですかね(笑)読者の心情を表してくれているかのようです(*´▽`*)

唯が身ごもっていたこと、そしてお腹の子どもが危険な状態であったことを若君が説明して、その場にいた父たちも唯が長く姿を見せなかったことに納得する。

お腹の子どもも無事であることが伝わり、唯はその場でこれまでの大変だった心情を語り出す。
あげくの果てには、縁談を持ち掛けていた信長にまで共感を求める唯。

信長の機嫌を損ねて大変なことになるかと思いきや、信長はあっさりと引いたのだった。
これにて信長からの強引な縁談は立ち消え、場は丸く収まった。
尊は安堵し、女中たちは唯の妊娠を喜ぶのだった。

めめこ
めめこ
若君の父も心底嬉しそうにしていて、唯が戦国でも愛されていることが分かります。唯が戻ってこられて本当に良かったし、戦国にいるべき存在となっていますね( ;∀;)

夜、久々に2人の時間を過ごす唯と若君。

縁談にむくれていた唯だったが、若君は謝りながらも唯の気持ちを思いやる。
先ほど尊から縁談の詳しい事情を聞いた唯も、心が落ち着いている様子。
若君は唯が頑張ってくれたことに感謝を伝えて、温かい言葉を送った。

そんな2人のラブラブな様子を見た女中は、声をかけずに去るのだった…。

 

アシガールの最新話を無料で読むには?!

『アシガール』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

U-NEXT

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!

FODプレミアム

2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!

music.jp

31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。

ebookjapan

無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。

まんが王国

無料会員登録OK!クーポンも無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

アシガール・第97話の感想

ようやく唯が戦国に戻って来てくれました…!!本当に何度この時を待ったことか…!(´;ω;`)
前回最後の言葉はやはり唯のセリフだったのですね!
もう会えないかもしれなかった若君。初めての妊娠で、しかもお腹の子どもも危機にあって辛かったであろう唯。
お互いをただ信じて頑張っていた2人に、盛大に幸せになってもらいたいです!
次回もラブラブなところを見たいと思っていますが、どうなるのでしょうか?
妊娠している唯と、家臣や女中たちとのやり取りなども見られるでしょうか?
早く天野のおじいちゃんに会ってほしい!(笑)絶対喜びますよね!
そして、唯が使って来たであろう新しいタイムマシンのことも気になりますね!
新機能などがあれば尊が解説してくれるでしょうか?
次の話も楽しみです♪

 

ワタシってサバサバしてるから ネタバレ 28話
アシガール・第97話②のネタバレと感想|ココハナ7月号 2020年5月28日発売の「ココハナ」7月号に掲載されている「アシガール」第97話のネタバレと感想です。 文字...

※前回の話数と重複しておりますが、本誌でも同じ表記でした。
単行本の話数調整のため変更されたようです。

error: Content is protected !!