ネタバレ・感想

僕らは恋がヘタすぎる・第27話のネタバレと感想|恋するソワレ Vol.7


 
 

2021年7月3日発売の「恋するソワレ」7号に掲載されている「僕らは恋がヘタすぎる」第27話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「僕らは恋がヘタすぎる」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

金魚妻 ネタバレ
僕らは恋がヘタすぎる・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】「恋するソワレ」で連載中の大人気コミック『僕らは恋がヘタすぎる』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『僕らは恋がヘタすぎ...

 


僕らは恋がヘタすぎる・第27話のネタバレ

みずきに結婚の報告をしにいく花と成田。みずきの生活は両親に話しておらず、花は歩に前途多難だ。と励まします。

結婚願望の強い成田は子どもが3人欲しい様子。だからこそ花に対しては仕事を辞めてついてきてくれたら。とは思っているようです。

そんな花に舞い込んできた仕事の話は、全国にアドバイザーとして出向くことでした。独身だと思っている部長は1年ぐらい出張だらけだけどどう。と言っています。

改めて考えを練り直すこととなった花は阿部に相談したところ、結婚する情報が広まってしまい、みんなが集まってくることになりました。

仕事と結婚を天秤にかけ、悩んでいる花に対してそうなると3年は子作りができない。と言う先輩たち。戸惑う花が1番困っていること、それは仕事の昇進をすぐ断ることができないぐらい嬉しく思ってしまったからです。

家に帰って成田に電話をする花。少し待つことなら出来るから花が決めればいい。成田はそう言ったので、3年。という期限を花が告げると、成田は少し気まずそうに返事をします。

3年の月日は成田が思っている以上に長く、子どもは考えていないのか。と言われてしまうのです。

仕事か結婚か。悩む花が相談したのはもちろんみずきです。みずきの意見で、こうやって悩めることが出来るのは相手が成田だからなのか。と気付いた花。

できるだけ早く決めよう。と思うものの、やはり決断は難しいようです。

一方で成田もまた悩んでいました。先輩に相談して、奥さんの意見を尊重した。と聞き、やはり花に決めてもらおう。と思います。

家に帰ったみずき。歩になぜ自分のことを両親に紹介してくれないのか。と言われてしまい、必死に言葉を探すみずき。歩にもまた、自分の親に合わすことができない。とも言われてしまいます。

今まで恋愛すら困難だったみんなに、その先。を考えるのは少し難しいようです。


 

『僕らは恋がヘタすぎる』の最新話を無料で読むには?!

『僕らは恋がヘタすぎる』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

僕らは恋がヘタすぎる・第27話の感想

私は仕事が嫌い。と言うか、あまり人付き合いが得意なタイプではないので、花みたいに悩む。という選択肢は出てきません(笑)

でもみずきに関しては、みずきが悪いんじゃないかな。と思うのです。
例え見た目や職業がどうであれ、みずきが好きならそれはそれでいいんじゃないかな。と思うんです。結婚するのは両親じゃなくてみずきですよね?

そこはしっかりお互いが話合うべきなんだと思います。
だってなんだから寂しいじゃないですか、紹介できないなんて。

みんなたくさん悩んでますね。恋愛なんて悩まない時の方がないわけですから、たくさん悩んで、たくさん相談して、愛を深めていって欲しい限りです(笑)

どんな決断をしたって、愛がなくなるわけじゃないんですから。
それはきっとタイミングが合わなかっただけなんですよね、きっと。


error: Content is protected !!