ネタバレ・感想

依存する女(ホスト沼)・第15話のネタバレと感想|モバフラ




「モバフラ」15号に掲載されている「依存する女(ホスト沼)」第15話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「依存する女(ホスト沼)」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


依存する女(ホスト沼)・第15話のネタバレ

ZOOというキャバクラで働く瑠衣。
全くホストに興味はなかったけれども、同じキャバクラで働く麗花に連れられて、初めてホストクラブに行くことに。

しかし、ホスト達の明らかな営業トークに飽き飽きして嫌悪感すら感じる瑠衣。
帰ろうかと考えていると、一人だけ気にかかるホストに出会います。

それは、ヘルプの子、ユウヤでした。
知人にうっかり保証人にされて、借金を背負わされてしまった、そんなイメージの子…。仕事も遅いし、すぐにお酒をこぼしそうになったり、見るからにホスト業に慣れていなさそうです。

瑠衣は逆にそんなユウヤを面白がり指名してみることにしました。

 

ユウヤは確かにホストの仕事に慣れていないけれど、一生懸命がんばりたいという強い意思がありました。
自分以外指名客はつかなさそうだし、自分が育てたい本能のようなものをくすぐられ、瑠衣はカフェ・ド・パリをユウヤのために一本入れることに。

初めてのボトルではしゃぐユウヤに、こんなレベルではしゃがれて恥ずかしいと思い、もっと高いボトルにすればよかったと内心後悔する瑠衣。

一ヵ月後、瑠衣はまたユウヤのもとを訪れていました。
ユウヤは瑠衣がホストクラブで頼んでくれるご飯のおかげで飢えずにすむと感謝します。

この発言で、瑠衣は自分がいないとユウヤが飢え死にするのではないかと心配になります。そんなとき、ユウヤは自分に1人、指名客がついたと瑠衣に報告。

その指名客は自分とは真逆の地味な女、京子でした。
それに気分を悪くした瑠衣は、戻ってきたユウヤに強くあたります。

それを受けて、ユウヤは瑠衣をアフターに誘います。その理由は瑠衣との時間をもっと増やしたいというもの、そんな発言で瑠衣の機嫌はすぐになおるのでした。

 

アフターでホテルに行く2人。
身体を重ねる中、ユウヤは枕営業ではなく、単純に瑠衣と一緒にいたいことを伝えます。

自分に甘えてくるユウヤをみて、忠実な犬のようだと感じる瑠衣。
瑠衣もまんざらではなく、どんどんユウヤの虜になっていきます…。

 

 

その後、瑠衣はまたホストクラブにいました。
もちろんユウヤがテーブルについています。

すると、京子が来たため、ユウヤは少しの間テーブルを外すことに。
早く京子が帰らないかと待っているその時、京子がなんと瑠衣もまだいれたことのないドンペリをユウヤにいれたのです。

大金を使って自分のユウヤを奪うのではないかと危機感にかられた瑠衣は…。




 

『依存する女(ホスト沼)』の最新話を無料で読むには?!

『依存する女(ホスト沼)』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

依存する女(ホスト沼)・第15話の感想

瑠衣は自分がなんとかしてあげないといけない、自分がいないとやっていけないんじゃないかと思い込む、典型的なホス狂だと思います。ユウヤも母性本能をくすぐる、犬のような子で、年上の女性が守ってあげたいと思うタイプですね。

ふたりだけの世界ならば平和でよかったのですが、他の指名客である京子が現れたことで、ユウヤを純粋に育て上げたいという気持ちから、京子との勝負に変わってしまっていますね…。

自分より資金力がありそうな京子に対して、瑠衣はどうユウヤと向き合っていくのか、今後の展開が楽しみですね!

少女漫画 ネタバレ
依存する女(ホスト沼)・第16話のネタバレと感想|モバフラ 「モバフラ」15号に掲載されている「依存する女(ホスト沼)」第16話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとな...