ネタバレ・感想

ここからはオトナの時間です。・第10話のネタバレと感想|カンパネッラ


 
 

「カンパネッラ」に掲載されている「ここからはオトナの時間です。」第10話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「ここからはオトナの時間です」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


ここからはオトナの時間です。・第10話のネタバレ

阿久津の身体を奪った悪霊に襲われてしまうみかん…!
身体を押さえつけられ身動きがまったく取れません!

苦し紛れの抵抗でみかんが発した言葉は、あんたなんか絶対友達いないでしょ!と場違いな罵倒でした。

悪霊はこんな時に言う台詞がそれかとツッコミを入れてきます。
さらに彼は、自分は悪霊などではないと言い始めました。

その言葉をにわかに信じがたいみかん…しかしよくよく考えてみれば、霊といると基本的に体調不良になるみかんが、この霊といるときだけはまったく気分が悪くなっていないことに気が付きます。

霊は少しずつ自分のことを語りだしました。
普通、悪霊というのは恨みや未練に縛られてこの世に留まるものです。
しかし彼には生きていた時の記憶がまったくなくなく、恨みも未練も持ちようがないのだとか。

記憶が戻ったらもしかしたら成仏できるかもしれないと話す霊。

みかんがその話を夢中になって聞き入ってしまっていると…霊はその隙をついてみかんを再び押し倒してきました。

彼が身を離すと、なんとみかんの首にはくっきりとキスマークがつけられていて…!

焦ったみかんは、霊の記憶と御守りを探す代わりに、二度と阿久津の身体を乗っ取って自分を襲ってこないようにと霊と約束してしまいます!

 

翌朝―――。
目覚めた阿久津はいつのまにか先に寝てしまってすまないとみかんに謝罪してきました。

みかんはみかんで、自分ばかりが気持ちよくなってしまったことに罪悪感を抱いています。
霊にそのことを突っ込まれたことも彼女の羞恥心を加速させていました。

しかしみかんの気持ちを察した阿久津は、自分はそういうことがしたくて一緒にいるわけじゃないから気にしないでほしいと言葉をかけてくれます。

その後、みかんの家を出ようとする阿久津は、彼女の首元にキスマークがついていることに気が付きました。
あんなキスマーク着けただろうか…と阿久津は違和感を覚えます。

 

その後、職場でなぜか霊にあれこれと仕事のアドバイスをされてしまうみかん。
霊のことを鬱陶しがりますが、なんと彼のおかげで作った資料は上司から一発OKをもらいました。

そのことで上機嫌になったみかんは霊にお礼を言います。

 

その日の夜、みかんは阿久津と一緒に帰ることに。
明日の予定がなければ自分と一緒に過ごさないかと阿久津から誘われ、みかんは赤面しながら自分も一緒に過ごしたいと答えます。

2人がキスをしようとした…その瞬間―――。

みかんに声をかけてきた一人の男性が…。
彼は一体誰なのか…!?


 

『ここからはオトナの時間です。』の最新話を無料で読むには?!

『ここからはオトナの時間です。』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

ここからはオトナの時間です。・第10話の感想

霊がなんだか可愛くなっちゃった気がしますね。
フレンドリーというか何というか…なんだか悪い霊には見えなくなってきました。
とはいえ人の身体を乗っ取ったりするので根が良心的なわけではないと思いますけどね。

自分ではなく麗がみかんにキスマークをつけたのだということを知った阿久津は、嫉妬と罪悪感に襲われそうです…。

ところで新しく登場してきた男性はいったい誰なのでしょうか?


error: Content is protected !!