Love Jossie

黒教師と暮らします・第37話のネタバレと感想|Love Jossie Vol.82

2021年9月1日発売の「Love Jossie」82号に掲載されている「黒教師と暮らします」第37話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「黒教師と暮らします」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

 

黒教師と暮らします・第37話のネタバレ

2人で1つのベッドを使うことになった栞と京極。余計なことをしたかもしれないと少し反省をする栞に京極は今日はセクハラをする余裕がないかもね。と言うのでした。

鏑木と周は帰ることになりましたが、鏑木はお礼にとコーヒーをいっぱい入れてくれました。そしてみんなに栞は京極の優秀な教え子であると紹介されるのです。その言葉に栞は京極のことを尊敬していると答えるのでした。

突如驚愕の父に電話がかかってきました。明日することになった。と父親が言った瞬間みんながざわざわしはじめます。父は公民館で講演会をしたときに誰も話を聞いてくれなかったことがトラウマとなっているみたいです。

京極が父に講義の内容を聞いた瞬間、京極は家族に厳しい言葉を投げかけます。その瞬間みんなの期待の目が京極に向けられました。

栞の京極の授業を聞いてみたい。その言葉で京極はやる気になったのです。父親にレジュメを見せて。と言う京極は次から次へと却下していきます。

みんなが京極に協力する中、栞は自分は何もできないことを思い知るのです。

昔、美羽がバレンタインの前日にケーキを作り続けていたことがありました。それを家族全員でフォローしましたが、京極は少し冷めた目で見ていました。その時に父親が言った一言は一蓮托生。と言う言葉でした

いきなり、栞は京極が買ってきた野菜を切り始め、お化けの変装セットをつくります。

すると京極と父が意気投合し、怪談話をすることを思いつくのです。その栞がした行動に父は逸材だ。と言いました。

夜もふけ、みんなで雑魚寝をすることになったことを少し残念に思う栞でした。

そして鏑木はこの家の造りについて聞きます。京極の家は曲り屋で、馬と一緒に過ごすように出来ている家です。

父は一蓮托生。と笑うのでした。

 

『黒教師と暮らします』の最新話を無料で読むには?!

『黒教師と暮らします』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

黒教師と暮らします・第37話の感想

子供たちの講演会で、なかなか難しいことをお父さんやろうとしてたんですね(笑)

子供じゃなくても大人でも逃げ出してたと思います。それをいいと思ってゴーサインを出していた娘と母親もなかなかファンキーだと心の底から思いました。

しかし今回は栞の良い部分がすごく出ていましたね。いったい自分に何ができるんだろうと考えて何もしないのではなく、少しでも自分に出来る事は何か、何でもいいから役に立ちたい。と言う気持ちが前のめりになって、栞の才能と相まってすごくいい感じになっていました。

一蓮托生。とてもいい言葉ですね。さすが賢いだけあって、言葉のチョイスもとても素敵だと思いました。
一夜を共に過ごせなかったことを残念だったと思いますが、それ以上に素敵な思い出ができましたね。

error: Content is protected !!