ネタバレ・感想

右手に指輪をする夫・第7巻のネタバレと感想|まんが王国



「まんが王国」に掲載されている「右手に指輪をする夫」第7巻のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「右手に指輪をする夫」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

右手に指輪をする夫・第7巻のネタバレ

未来の誕生日会になぜか同席しているのは、未来の保育園の先生・花苗。
何を隠そう彼女は拓也の元カノです…!

 

しかも花苗は拓也の家族にやけに打ち解けている様子。
拓也の母も花苗のことをいたく気に入っているようです。

しかし爽子だけは花苗に対してものすごい警戒心を持っているようです。
以前彼女が言った“あなたの家族をください”という言葉が気にかかっている様子。
まさか本当の自分の家族をとるつもりなのではと疑って恐れているようです。

 

解散の時間になるのですが、未来はパパと離れたくないといってグズりだしてしまいました。
仕方なく爽子たちは拓也の家に帰ることにします。

 

未来を寝かしつけた後―――。
拓也は爽子が見てしまった手紙を持ってきます。
「愛する未来へ」と書かれたその手紙を、なんと拓也はいきなり破り捨てて花苗とのペアリングもろともゴミ箱へ捨ててしまいました。

加えて花苗のスマホの連絡先も削除。

爽子と未来を失うなんて考えられないと言い出す拓也。
頭をさげて、未来と一緒にこの家に戻ってきてほしいとお願いします。

爽子はそれを見て、許したわけではないけれど拓也の家に戻ることを決意。

拓也のことを全て信用しているわけではありませんが…爽子も“仕掛けてきているのはどちらかというと花苗の方”だということに気が付いているようです。

 

爽子が仕事中―――。
拓也の家に花苗がやってきます。

しかし玄関のベルを鳴らすと中から出てきたのは卓也ではなく、遊びにきていた赤羽(拓也の大学時代の友達)でした。

拓也は今入浴中だと伝えると花苗は大人しく帰って行こうとします。
そんな彼女の背中に赤羽はこんなことしていないで婚活でもしたら幸せになれるよと言葉をかけますが…花苗からは睨まれてしまうだけでした。

実は拓也はこのとき入浴中でもなんでもなかったのですが、「花苗にはもう会わない」という爽子との約束を守るために、代わりに赤羽に対応に出てもらっていたのでした。

 

花苗は幾度となく拓也とのコンタクトを試みますが、反応がまったくないことに苛立ち始めます。

痺れを切ら切らしたは爽子を喫茶店に呼び出して直接話をすることに…!

爽子は、拓也は自分と未来を選んだのだから、花苗には絶対に渡さないと言い切ります。

その言葉を受けて花苗はなんと噴き出して笑い出し…!

たまたま出会う順番でそうなっただけなのに何を偉そうにしているのかと爽子を嘲笑してきました。

花苗はバッグの中から一枚の写真を取り出します。
それは、胎児のエコー写真です。

産まれることは叶わなかったけれど、これは自分と拓也との赤ちゃんだと…花苗は豪語します…!



 

右手に指輪をする夫の最新話を無料で読むには?!

『右手に指輪をする夫』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

右手に指輪をする夫・第7巻の感想

女の直接対決ほど怖いものはないですよね~…。
花苗も花苗ですけど爽子もなかなかにキモが座っているなぁ~と思いました。
というかこの場に拓也本人がいないことに対しての違和感がハンパないです!
当事者抜きでどんどん話が展開していきます…!
胎児のエコー写真ですか…これは爽子の心にかなり深いダメージを負わせそうですよね。
産まれはしなかったもののもし産まれていたとしたら爽子と拓也が一緒になる未来なんてなかったかもしれないのですから…。
たしかにこれを見せられると「出会う順番がたまたま違っただけ」という花苗の言葉にも説得力が出てきてしまいます…。
やっぱりこの場に拓也がいないのは、おかしいですよ!
当時の拓也の気持ちや覚悟なども聞けないと、爽子が納得できるわけがないのですから!