ネタバレ・感想

虫かぶり姫・第24話のネタバレと感想|ゼロサムオンライン




「ゼロサムオンライン」に掲載されている「虫かぶり姫」第24話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「虫かぶり姫」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


虫かぶり姫・第24話のネタバレ

スイラン織の他にイーディ領に何をしたのか分からないエリアーナ。

昨年のマルドゥラへの支援と軍事的牽制は見事であり、エリアーナの助言のおかげで危機は回避されマルドゥラにも周辺諸国にも平穏は戻りました。

しかしそれは「表面的」でしかありませんでした。

戦回避の立役者はエリアーナの名が広まった一件

 

~回想シーン~

いつもの面々に加えて農作物を管理する役所の人達が揃って話し合いが行われていました。

今年の小麦は豊作であり、値崩れしないよう対策が必要のこと。

クリストファーは南方の海上貿易への取引材料にするのは一番だと話していると、エリアーナは国が備蓄として買い上げたほうがいいと言います。

前王宮書庫室で三代前の管理責任者の覚書には、サウズリンドが豊作に恵まれたその年他国では寒波や旱の被害が起き、その余波で内政が荒れマルドゥラ国からの侵攻もあったと書かれていました。

ユーリン・コラルの歴史書にも同様の記述が書かれており、発生条件があるのではないかと考えたエリアーナ。

テオドールに相談し他国の気象情報を集め統計を取って予測を立てると、七割の確率でマルドゥラを含む北西領域に寒波の被害が出るという結果に。

しかし寒波被害の予測が正確だったとしても、小麦を買い上げる理由にはならない…
マルドゥラが攻め込んでくる可能性を考えて辺境伯に連絡を取って対策を講じるべきだと言う意見も上がります。

エリアーナは戦を仕掛けられるたびにやり返す理由がわかりませんでした。
なぜ相手の水準に合わせて対応しないといけないのか…。

戦国の世と今世は違う。
クリストファーはエリアーナの意見を取り入れ、周辺各国へも我が国の人道的行為をしらしめたのです。

~回想終了~

 

イーディア辺境領は国を守り支えてきた地ですが、幾度となく戦火の第一線に立たされ、何度も生まれ育った地を踏み荒らされた歴史をもっていました。

そこでエリアーナは軍事予算のことを思い出します。

地方の貧困に喘ぐ村では何の腹の足しにもならないと考えらエリアーナは、クルグ地方の医療技術更新へ充てるべきだと言ったことを思い出します。

戦回避の後は軍事予算を他へ回すよう助言したエリアーナ。

ヘイドンはエリアーナにイーディアに住む民の気持ちを考えたことはあるのかと問われ―――



 

虫かぶり姫の最新話を無料で読むには?!

『虫かぶり姫』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
クランクインコミック14日間無料でお試しで、3000円分のポイントが貰えます。さらに毎月2000円分ポイントプレゼント!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国無料会員登録OK!お得な割引も豊富なサイト。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

虫かぶり姫・第24話の感想

ううう…難しいですね。
誰にとっても最善の策は何だったのでしょうか。
トレードオフな気もしますが…イーディアに住む民の気持ちを考えなかったのはエリアーナの落ち度かもしれませんね(;゚Д゚)。

少女漫画 ネタバレ
虫かぶり姫・第25話のネタバレと感想|ゼロサムオンライン 「ゼロサムオンライン」に掲載されている「虫かぶり姫」第25話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっており...
漫画 無料
虫かぶり姫(漫画)を全巻無料で読む方法がこちら!この記事では大人気漫画「虫かぶり姫(漫画)」を無料で読む方法を徹底解説! 大人気なファンタジー作品となっていますが、「虫かぶり姫(...