ネタバレ・感想

絶頂島の姫・第55話のネタバレと感想|マンガPark




「マンガPark」に掲載されている「絶頂島の姫」第55話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「絶頂島の姫」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


絶頂島の姫・第55話のネタバレ

空中に停泊する飛行船のような乗り物からは大量の水が流し込まれてきます!
建物内の全窓は閉鎖され、結衣たちは侵入してくる水に押し流され、溺れかけています!

しかもこの水…ただの水ではありません。
浸っているだけで身体に痺れるような電流が走ってきます。

ジャックは必死に結衣を救おうとしますが、流れに阻まれてうまくいきません。
手を伸ばしてもどんどん遠のいていく結衣…。

ジャックの脳裏には“また助けられないのか?”という思いが走ります。

 

彼らが孤児院で過ごしていた頃―――。
大嵐の夜、孤児院で育てていた子猫がたくさん脱走してしまったことがありました。

子供たちは大人たちの言いつけを無視して子猫を探しに奔走します。
ジャックは傘をさして雨の中を歩き回り、子猫たちを探していました。

大雨のせいで河川は洪水を起こしており、とても危険な状態です。

しかしジャックがふと河川の中を覗き込むと…そこには子猫を抱きかが得ながら濁流の中、枝に必死に掴まる結衣の姿がありました。

もう少しだから大丈夫だ!と子猫を安心させようとする結衣…。
しかし雨で濡れた手が滑り、結衣はついに枝から手をはなしてしまい、濁流へと飲み込まれていきます。

ジャックを思わず走りだしました。
必死に泳いで唯に手を伸ばします。

しかしあと一歩のところで、流されてきた瓦礫に阻まれて彼女を救うことができなかったのです―――。

 

ジャックが目覚めると、そこは病院でした。
手と頭には包帯が巻かれています。

ジャックは結衣の様子を見ようと彼女の部屋を訪れるのですが…。
そこにいたのは…助けてくれてありがとうとお礼を言う結衣の姿と、彼女を見て微笑む黒榮の姿でした。

結衣を救ったのが自分ではなかったことに、得体のしれない憤りと痛みを感じるジャック…。
しかし彼自身にはその痛みの正体が一体何なのか、自覚することができないのでした―――。

ジャックはそんな昔の記憶を、溺れながら思い出しています…。



 

『絶頂島の姫』の最新話を無料で読むには?!

『絶頂島の姫』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

絶頂島の姫・第55話の感想

空中に停泊する飛行船のような乗り物からは大量の水が流し込まれてきます!
建物内の全窓は閉鎖され、結衣たちは侵入してくる水に押し流され、溺れかけています!

しかもこの水…ただの水ではありません。
浸っているだけで身体に痺れるような電流が走ってきます。

ジャックは必死に結衣を救おうとしますが、流れに阻まれてうまくいきません。
手を伸ばしてもどんどん遠のいていく結衣…。

ジャックの脳裏には“また助けられないのか?”という思いが走ります。

彼らが孤児院で過ごしていた頃―――。
大嵐の夜、孤児院で育てていた子猫がたくさん脱走してしまったことがありました。

子供たちは大人たちの言いつけを無視して子猫を探しに奔走します。
ジャックは傘をさして雨の中を歩き回り、子猫たちを探していました。

大雨のせいで河川は洪水を起こしており、とても危険な状態です。

しかしジャックがふと河川の中を覗き込むと…そこには子猫を抱きかが得ながら濁流の中、枝に必死に掴まる結衣の姿がありました。

もう少しだから大丈夫だ!と子猫を安心させようとする結衣…。
しかし雨で濡れた手が滑り、結衣はついに枝から手をはなしてしまい、濁流へと飲み込まれていきます。

ジャックを思わず走りだしました。
必死に泳いで唯に手を伸ばします。

しかしあと一歩のところで、流されてきた瓦礫に阻まれて彼女を救うことができなかったのです―――。

ジャックが目覚めると、そこは病院でした。
手と頭には包帯が巻かれています。

ジャックは結衣の様子を見ようと彼女の部屋を訪れるのですが…。
そこにいたのは…助けてくれてありがとうとお礼を言う結衣の姿と、彼女を見て微笑む黒榮の姿でした。

結衣を救ったのが自分ではなかったことに、得体のしれない憤りと痛みを感じるジャック…。
しかし彼自身にはその痛みの正体が一体何なのか、自覚することができないのでした―――。

ジャックはそんな昔の記憶を、溺れながら思い出しています。


error: Content is protected !!