ネタバレ・感想

上京婚活ムスメ・第13話のネタバレと感想|めっちゃコミック



めっちゃコミックで掲載されている「上京婚活ムスメ」第13話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

 

上京婚活ムスメ・第13話のネタバレ

前回、小道をめぐって口論をしはじめた一世と周(あまね)。
今回はその口論の続きからです。

一世は周に向かって大声をあげます。
小道に何度やられても、それでも挑んでる俺の方が、周よりもずっと男らしいとハッとした表情になる周。

会社の廊下で大声を出したため、まわりの社員が気付き始め、ケンカなのではとざわつきます。恥ずかしさからか顔を赤くする一世。

一世はくるっと小道に向き直り、周に宣戦布告。

それを聞いた小道は、思わず吹き出してしまいます。

顔に手をあてて肩を震わせながら、クックッと笑う小道。
面白いやつだ、いつでも来な、と小道はグっと親指を立てて言うのです。

 

 

そんなバチバチの二人の様子を見て、周はワナワナと振るえます。
他の男に興味を持たないでと二人の間に割って入ろうとする周。

それを、他の社員達がまるで鳩が豆でっぽうを食ったかのような顔で見ています。

 

場面は変わり・・・・

一世は、上司に周と一緒に営業先に行って欲しいと頼まれます。
頼まれた営業先の部長さんを一世は苦手に思っているようで、ましてや嫌いな周と一緒になんて・・・と気が重い一世です。

ところが周は、営業先で一世の苦手な部長さんに気に入られます。
事前に部長さんのブログをチェックし、好みの話題について調べていたのです。
部長さんが笑っている顔をはじめて見て、周は天才なのか!?と思う一世。

 

その後、営業先との契約を取りつけた周と一世。
帰り道、一世は周に聞こえるように大きなため息を繰り返します。
さっきからなんですか、と周に問われると、おまえこそなんなんだ!と一世は噛みつきます。
イケメンで仕事もデキて、女なんて選び放題なのに、なんで小道みたいな女がいいのか、と。

周は一世を横目で見ながら、あんたは何もわかってない、と言います。
恋愛でくっついたら、恋愛で別れる。おれの小道への思いはそんな次元じゃない。小道は俺の人生だ、と。

周が小道のことを本気で好きなんだと思った一世は、まったく理解が出来ず、ただただ周を憐れむのでした。



上京婚活ムスメ・第13話の感想

めちゃコミックで配信中!「さあ、ラブの時間です!」の上杉可南子先生の連載最新話です。

まだまだ序盤って感じなのでしょうか。伏線がちりばめられている段階で、まだ展開はないですね。

そろそろぐっと動き始めるのではないでしょうか。定評のある作家さんだと、安心して待っていられるんですよね~。
さあ、どうやって展開していくのか!続きが楽しみです。

https://manganista.net/jyoukyoukonnkatsumusume14/