ネタバレ・感想

11年後、私たちは・第36話のネタバレと感想




「comico」に掲載されている「11年後、私たちは」第36話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料に!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
11年後、私たちは・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回のラスト結末まで】comicoで連載中の大人気コミック『11年後、私たちは』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『11年後、私たちは』のネ...

 


11年後、私たちは・第36話のネタバレ

自分たちが別れた理由を聞いた優。
それでもまだ、千鶴が自分のことを好きでいてくれていると信じていました。そんな優に、いま好きな人がいると千鶴は告げます。

優はこの間の偽彼氏のことか、とバカにしたように笑い、1回でも他の人と付き合えば本当に愛しているのは誰か気づくといいます。
そして自分は千鶴が戻ってくるのを待っていると伝えるのでした。

 

千鶴と別れ、一人車に乗る優は帰宅途中の荻野を見かけます。

どうしてこの町にいるのか、千鶴に会いに来たのかと話しかけます。否定も肯定もしない荻野に、彼氏でもないのに千鶴の家の近くにくるなんて変だというのでした。

 

荻野は優の挑発には一切乗らず、千鶴のことが好きだと宣言します。
そんな荻野に苛立ちを隠せない優は、千鶴も望んでいるはずだからと、よりを戻す予定だと伝えるのでした。

荻野は大事なのは千鶴の気持ちだから、千鶴が本当にそれを望むのなら仕方ないと言って、その場を後にします。

 

 

あまりにも自分勝手な優に腹を立てる荻野。あんな奴には千鶴を渡すことはできないと強く思うのでした。

一方で千鶴は、藤原と荻野が話す姿を見てモヤモヤが止まりません。

 

今日荻野と藤原が共に残業をすることを聞いた千鶴は、無意識のうちに会社に残ってしまいます。定時になっても帰らない千鶴に、いい加減早く帰るよう促す藤原。

表面上では笑顔でいても、心の中ではお邪魔虫の千鶴に腹が立って仕方がないのでした。

 

 

千鶴が帰り、鼻歌を歌うほど上機嫌な藤原。
仕事が終わると荻野の元へ向かい、食事の件は今日でもいいかと問います。

煮え切らない返事をする荻野を半ば強引に説得し、食事にこぎつけるのでした。



 

マンガを無料で読むには?!

マンガを今すぐ無料で読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
クランクインコミック14日間無料でお試しで、3000円分のポイントが貰えます。さらに毎月2000円分ポイントプレゼント!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国無料会員登録OK!お得な割引も豊富なサイト。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

※「11年後、私たちは」が読めるのは現在「コミックシーモア」と「comico」のみとなります。

11年後、私たちは・第36話の感想

愛が冷めたから別れたと言われたのにも関わらず、それでもまだ千鶴は自分のことを好きでいてくれていると信じている優、、怖いです、、そして千鶴に好きな人がいると言われると、この間の偽彼氏かとバカにしたように笑いました。

この好きな人の好きな人までバカにするような発言には少しイラッとしました。
どれほど自分の株を落としているのか気づくべき、、改心させないとダメですね!

荻野と優の会話を聞いていると、千鶴の気持ちを考えているのはどちらなのか歴然です。
優も藤原も自分の気持ちを押し付けて相手のためだというんですよね。
現実社会にもこういう人はいるし、もしかしたら自分もやってしまっていたらと考えると恐ろし過ぎます。気をつけよう、、

少女漫画 ネタバレ
11年後、私たちは・第37話のネタバレと感想 「comico」に掲載されている「11年後、私たちは」第37話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが...