ネタバレ・感想

あなたがしてくれなくても・第18話のネタバレと感想|漫画アクション



「漫画アクション」に掲載されている「あなたがしてくれなくても」第18話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「あなたがしてくれなくても」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
あなたがしてくれなくても・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回結末まで】漫画アクションで連載中の大人気コミック『あなたがしてくれなくても』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『あなたがしてくれ...

あなたがしてくれなくても・第18話のネタバレ

目覚ましの音で目が覚めるみち。

スマホを見ると、綾乃からメッセージが入っていました。
今日は彼女たちから飲み会に誘われています。

隣で寝ていた陽一も目を覚まし、なぜだかドキリとしてしまうみち。
ギコチなく挨拶をしますが、陽一は寝ぼけている様子でした。

陽一は昨日は納期だったために帰宅が深夜2時くらいだったそうです。
彼は眠そうな顔をしながら身支度を始めます。

するとふと、今日は早く帰れるからと言って陽一はみちを振り返りました。

ですがみちはこれを素直に喜べません。
綾乃たちと約束があるのはもちろんですが…昨晩の新名とのキスを思えば、陽一の顔をまともに見ることができなかったのです…。

 

会社にて―――。
みちは後輩の華と一緒に、デスクの移動と片づけを行っていました。
不満たらたらの華を、みちはなだめます。

すると新名が声をかけてきました。
新名狙いの華はパッと笑顔になりますが、みちは動揺してドキドキしてしまいます。

しかも華が別の社員に呼ばれて、新名とみちはその場に二人きりになってしまっって…。
昨晩のキスのことを思い出して顔を真っ赤にするみち。
新名はそんな彼女に、いつもの優し気な微笑みを投げかけてくれます。

顔を合わせただけで嬉しい…こんなにドキドキする…。
久方ぶりの恋の感覚に、みちの心は踊っていました。

去って行く新名を見ながら、みちは改めて自分の気持ちを再確認します。

 

仕事が終わって、珍しくみちは友人たちと飲み会です!
集まったのは綾乃、奈津子、みちの3人です。

子供の写真を見せてくる奈津子。
ふと彼女は、みちに子供の予定はないのかを尋ねてきます。

なんだかみちにとっては痛い所を突く質問です。
みちは、うちはまだかな?と答えました。

奈津子は子育ては思っていた想像よりも数段大変だと語ります。
人間の三大欲求のうち最も重要なのは睡眠欲で、性欲は一番どうでも良いしなんなら無くても生きていけると話します。

しかしみちは、性欲も大事だと軽く反論しました。

奈津子は出産までは自分もそう思っていたけれど、産んでからは気持ちが変わってしまったと言います。
夫に対しても、育児を積極的に手伝ってくれればこちらもその気になれるのにと愚痴をこぼす奈津子。

奈津子の夫の自分本位な姿に、みちは自分の姿を重ね、何も言えなくなってしまいます。

 

相手の状況を無視して自分の気持ちを押し通した営みの結果、残ったのは虚しさだけでした。
みちの頭の中には夫との久しぶりの愛し合いよりも、新名とのキスのほうがより濃く残っています。

 

その帰り道―――。
みちのもとに、新名から、今日の片付け作業に対する労いの言葉が送られてきていました。

新名の心遣いに返信をしながら、みちはこういった思いやりの気持ちさえあれば、すれ違ってもまた夫婦関係を修復できるのに…そう考えずにはいられませんでした…。



 

あなたがしてくれなくてもの最新話を無料で読むには?!

『あなたがしてくれなくても』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

あなたがしてくれなくても・第18話の感想

今最も欲しい言葉を、夫以外の男性からかけられる…。
確かにこれは心が揺らいでも仕方がないかもしれませんね。

陽一はそういった気遣いは本当に皆無でした。
みちが疲れて帰ってきたり遅く帰ってきたりしても、夕食を作るとか労いの言葉をかけるとかいうのは一切なし。
それどころかゲームばかりの毎日。
新名とはえらい違いです。
お茶の一杯でもみちに入れてあげたことが果たして過去にあったのでしょうか?

夫婦とはやはり、片方が思いやるだけではダメなのだと思います。
互いに思いやるからこそ夫婦として成り立てる…この作品を読んでいると本当にそう感じます。

みちは新名とキスをし、陽一は三島と身体の関係を持ってしまいました。
もはやここから夫婦関係を修復することなんて…無理に等しいと個人的には思います…。

https://manganista.net/anatagashitekurenakutemo19/