ネタバレ・感想

一日千秋・第13話(3巻)のネタバレと感想



「一日千秋」第13話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「一日千秋」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
一日千秋・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】大人気コミック『一日千秋』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『一日千秋』のネタバレ内容が全て網羅できちゃいます! ...

 


一日千秋・第13話のネタバレ

洋輔は仕事中にバーで聞いた辺見の「勝手な押しつけはせずにちゃんと話し合える夫婦になって」という言葉を思い出し、美鈴に会いたいと思って義母に電話をします。

そんな時、義母から美鈴が子宮頸がんで入院していると知らされる洋輔。

子宮を全部摘出すると知り、洋輔は病院へと急いで向かいます。

 

いきなりの洋輔の姿に驚く美鈴。
そして、色々考えたけれど美鈴と分かれるなんて出来ないと言う洋輔。

美鈴は洋輔の気持ちを最後まで聞きますが、何も答えないまま明日の手術に備えます。

 

手術日。
洋輔と美鈴の母は2人で、美鈴の手術が終わるのを待っていました。

美鈴は手術中に自分の子どもを抱きしめている夢を見ます。
しかし子どもはまた会いに行くからと言って消えてしまうのでした。

後日。
手術を終えた美鈴は洋輔に支えられながらもリハビリをします。

自分たちはいつからか大事なことを話さないダメな夫婦になってしまったねとふいに言う美鈴。
洋輔はやっぱり美鈴のいない人生なんて考えられないと美鈴の手を握ります。

 

しかし、自分はもう女としての機能は無いし子どもも産めないと涙をこぼす美鈴。
洋輔は、子どもがいてもいなくても自分は美鈴を好きになったから人生の最後まで一緒にいたいとやさしく言います。

2人は離婚届を破り捨て、病院にいた親子を温かい目で見つめますが、もうその目に悲しみの色はなくなっているのでした。

 

一方、裕は精巣の手術を受け終わると、3ヶ月後にまた精液検査をすると翔子の手を握ります。
翔子はその時、美鈴から手術が終わったと連絡があり、後日お見舞いへ。

子宮を失っても明るく元気に接する美鈴に、翔子は涙が止まりません。
自分で出した答えだから前へ進んでいきたいという美鈴。

 

翔子は美鈴の強くて温かい言葉に、自分の不妊治療の悩みが少し救われた気がするのでした。



 

『一日千秋』の最新話を無料で読むには?!

『一日千秋』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

一日千秋・第13話の感想

洋輔が美鈴に対してもう一度やり直したいと言うシーンは思わずジーンと来てしまいました…。
あんなに子どもを望んで、痛い思いをしながら何年も不妊治療をしていた美鈴が子宮摘出。
そんな悲しみの中にいる彼女を、美鈴じゃなければだめだと求める洋輔の熱意が美鈴を救ったと思います。

今までは会話もなにもない夫婦でしたが、ここからまた絆を作っていくのだと思います。

さて、裕の精巣の手術が終わり、自分も不妊治療を再開するかどうかの選択が迫ってきた翔子。
流産経験のある翔子は不安も多いでしょうね…。

翔子たちはどうなるのでしょうか。

少女漫画 ネタバレ
一日千秋・第14話(4巻)のネタバレと感想 「一日千秋」第14話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です! ...