ネタバレ・感想

きみは面倒な婚約者・第3話のネタバレと感想|マンガPark

少女漫画 ネタバレ

マンガParkで連載中の漫画「きみは面倒な婚約者」第3話のネタバレと感想です。

文字のみですが、ネタバレ注意です!

きみは面倒な婚約者・第3話のネタバレ

(今回は橘の後輩・花澤優衣視点のストーリーになります!)

花澤の趣味は、アプリ漫画を読むこと。

そう、紫乃とおんなじ趣味です。

少女漫画の定番ストーリー「地味な見た目で健気なヒロインとルックスも性格もパーフェクトなヒーロー。途中、高飛車な”当て馬女”が現れて2人の恋を盛り上げてくれる…。」

花澤は、そんなお約束の恋愛を夢見る乙女の1人でした。

そして、自分こそがヒロインキャラであると思い込んでいます。

めめこ
めめこ
性格はそこそこ腹黒系女子のようですが、意図的にヒロインキャラを演じて外面を繕っているようですね!やっぱりなかなかクセの強いキャラだったようです!

 

そんな花澤が新しく入社した先で出会ったのが、“ルックスも性格もパーフェクトなヒーロー”である橘でした。

花澤は橘に一目惚れをします。

しかしここで出てきたのが婚約者である紫乃でした。

婚約者の存在にショックを受ける花澤ですが、親同士が決めた結婚、つまり性略結婚であることを知った花澤は、“自分にもつけいるスキがあるのではないか”と考え始めます。

花澤はまず橘の前で“どこまでも健気なヒロイン”を演じきり、少しずつ距離を縮めていく作戦にでます。

そしてラッキーなことに、何と偶然にも花澤が引っ越してきたのは橘の部屋の隣だったのです!

 

(ここで場面は2話で3人が家の前でバッタリ遭遇してしまったシーンへともどります)

婚約者同士が朝、同じ家から出てきたのなら昨晩やってることは只一つです。

花澤はそれを思うといてもいてもたってもいられなくなり、走ってその場から逃げ去ります。

しかし駅前で追いかけてきた橘に呼び止められてしまいました。

橘が婚約者である紫乃を置いて自分を追いかけてきてくれたことに感激する花澤。

もしかして自分にもチャンスがあるのでは?そんな期待を寄せてしまいます。

しかし橘が花澤を追いかけてきた理由はただの口止めだったのです…。

これには心底ガッカリしてしまう花澤ですが、橘の子供っぽいお願いの仕方にキュンとしてしまい、怒りも落胆もどこかへ飛んでいってしまいます。

婚約者がいるとはいえやはり花澤は橘のことが諦められません。

そんな中、花澤は誰もいない会議室で橘と紫乃がキスをしているのを目撃してしまいます。

しかも花澤の存在に気付いた橘は…こともあろうにまるで見せ付けるようにキスをするのです!

花澤の考えでは、ヒロインの自分とヒーローの橘…紫乃はさしずめ自分達の恋を盛り上げるただの”当て馬”…。

そうなるはずだったのに、当の橘は一向に自分に落ちる気配がありません。

そんな折、花澤はベランダで橘がタバコを吸っている現場を目撃します。

そして愛おしそうに紫乃のノロケ話をする橘に、ついつい「ばかばかしい!」と思わずにはいられないのでした。

 

きみは面倒な婚約者を読むには?!

SNSで大人気の「きみは面倒な婚約者」はマンガアプリ『マンガPark』で読むことができます♪

マンガは「有名少女漫画が盛りだくさんのマンガアプリ」!

「フルーツバスケット」「桜蘭高校ホスト部」「ハチミツとクローバー」「なまいきざかり。」等の名作なども全て無料!恋愛マンガ好きならかなりおススメの漫画アプリです。

・話題の恋愛マンガが盛りだくさん!
・自分のペースで無料でマンガが読めちゃう!
・オリジナル作品満載!
・「花とゆめ」「LaLa」作品が無料で読める!

是非アプリをインストールして読んでみて下さいね!

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

posted withアプリーチ

きみは面倒な婚約者・第3話の感想

ふむふむ…やっぱり花澤は性悪とはいかずとも、ちょっぴり腹黒キャラだったようですね。
必死に健気なキャラを演じてきたようですが、やっぱり演じたところでヒロインにはなれないようですねw
やっぱり紫乃がヒロインで決まりだと思います!
花澤と比べたら紫乃のほうがよっぽど健気で純粋だと思いますよ!
橘もそんな紫乃のことが本当に大好きなんだと思います…紫乃は「婚約者だから義務を果して愛を注いでくれるだけ」と思っているようですが…そんなことないと思いました。
だってもし本当に義務でやってるとしたら、他人にノロケ話なんていちいちしないと思うんですよ!
紫乃も橘も相思相愛、当て馬は花澤のほう…これが正しい関係図に思えます!

気になる続きはこちら↓

https://manganista.net/kimihamendounakonnyakusya4/



コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。