ネタバレ・感想

この恋はフィクションではありません・第10話のネタバレと感想




「この恋はフィクションではありません」第10話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「この恋はフィクションではありません」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


この恋はフィクションではありません・第10話のネタバレ

新野は、小説家という言葉を使う仕事をしているのに、自分の気持ちが分からないと、苦しそうな表情を浮かべます。

美緒は、苦しむ新野を気遣い、丁寧に自分の気持ちを説明し始めます。

 

自分の気持ちをしっかりと解っているわけではなく、新野に告白したことも衝動的だったと語る美緒。
それでも、新野と離れたくないと強く思う、この気持ちを美緒は恋なのだと思うのです。そして言葉を使う仕事である新野に、自分の気持ちをあらわす言葉を見つけてみてはどうかと言います。

それを聞いた新野は、まるで導かれているように感じるのでした。

新野は、これからもうちで働いてほしいと美緒に頼み、美緒は笑顔で引き受けるのでした。

 

美緒は、新野のアシスタントとして雇われることに。
二人で話し合った結果、今までお手伝いしていた分は時給換算してクリーニング代とドレス代を支払い、絵はプレセントしてもらいました。
そして話し合いが終わった後で、新野は、美緒といると楽しくて離れがたいと言います。
美緒は真っ赤になって、告白してよかったと思うのでした。

 

翌日
アシスタントとして、新野の雑用をこなす美緒。
新野は、美緒のうしろ姿を見て、思わずうなじを指で触ります。

急に触られた美緒はびっくりしてうろたえます。
新野は、少しであれば女性に触ることは耐えられないほどではないと言います。
新野が練習しているのだと思った美緒は、協力はするけど首はやめて欲しいとお願いするのでした。

新野は、なぜ触れてしまったのかを考えます。
むしろ、美緒だったら・・・そう思う新野でした。



 

この恋はフィクションではありませんの最新話を無料で読むには?!

『この恋はフィクションではありません』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録OK!クーポンも無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

この恋はフィクションではありません・第10話の感想

めちゃコミックで人気連載中の「この恋はフィクションではありません!」最新10話のネタバレを紹介しました。
強制的な「肉体労働」が終わって、普通のアシスタントとして雇われることになりましたね。
この関係が終わってしまうかもしれなかったので、とりあえずよかったよかった(*´ω`*)

でも、「離れがたい」とかうなじ触りたいとか、もう美緒のこと好きっていっているようなものなんですけどねw
最初の方はツンデレ男子のギャップ萌えって感じでしたが、これからはじれキュン路線かな?
新野先生がトラウマをどう克服していくのか。そして二人の恋がどう発展していくのか、次回が楽しみです!


error: Content is protected !!