ネタバレ・感想まとめ

皇帝の一人娘・第204話のネタバレと感想|comico




「comico」に掲載されている「皇帝の一人娘」第204話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「皇帝の一人娘」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


皇帝の一人娘・第204話のネタバレ

幼いリアの姿は、それはそれは愛らしい姿でした。
父親の中で自分はあんなにも愛でられる対象だったのかと思うと、リアは胸が温かくなります。

幼いリアがこちらを振り向きます。
彼女は優しく微笑んで、忽然と消えてしまいました。

場面は変わり―――。
崩れ行く屋敷の中、リアを助けるためにその場に止まったカイテル。
目の前で血塗れになりながらその場に座り込む父を、現実の父だと思ったリアは彼に駆け寄って声を掛けます。

しかしリアのことを幻覚か何かだと思ったカイテル。
力なく笑いますが、彼は幻のリアにこう語りだしました。

自分の命を捨ててまで、誰かを守りたいと思ったのは初めてのことだ…と。

リアが誕生して―――カイテルは自分のこともが、自分という父を持つことに対してどう向き合って生きていくのか…非常に興味を持ったと言います。

小さな命だったはずのリアの成長を見守るうちに、しだいに人の温かさに触れていったカイテル。
カイテルは、いつしかリアの成長を楽しむようになっていったと言います。

リアはその話を涙を流しながら聞いていました。
カイテルはその涙を拭うように彼女の頬に手を添えます。

しかしカイテルは、自分という父を持つリアのことを憐れんでもいました。
こんな父親を持っていては、他の多くの人々からの恨みを買うことになるかもしれない…リアの先に待つのは苦難に満ちた人生になるだろう…そんな考えがカイテルの心には根付いていました。

自分は子供を盛ってはいけない。
この子はもっと別の、良い父のもとで育つことができれば…きっと幸せになれただろうに…。
カイテルは力なく微笑みました。

そんな彼に、リアは自らの気持ちを伝えます。
誰よりも自分を愛してくれたパパは、誰よりも素晴らしい父親だった…と―――。



 

『皇帝の一人娘』の最新話を無料で読むには?!

『皇帝の一人娘』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

皇帝の一人娘・第204話の感想

幼いリアの姿は、それはそれは愛らしい姿でした。
父親の中で自分はあんなにも愛でられる対象だったのかと思うと、リアは胸が熱くなります。

幼いリアがこちらを振り向きました。
彼女は優しく微笑んで、忽然と消えてしまいました。

 

場面は変わり―――。
崩れ行く屋敷の中、リアを助けるためにその場に止まったカイテル。
目の前で血塗れになりながらその場に座り込む父を現実の父だと思ったリアは、彼に駆け寄って声を掛けます。

しかしリアのことを幻覚か何かだと思ったカイテル。
力なく笑いますが、彼は幻のリアにこう語りだしました。

自分の命を捨ててまで、誰かを守りたいと思ったのは初めてのことだ…と。

 

リアが誕生して―――カイテルは自分の子供が、自分という父を持つことに対してどう向き合って生きていくのか非常に興味を持ったと言います。

小さな命だったはずのリアの成長を見守るうちに、しだいに人の温かさに触れていったカイテル。
カイテルは、いつしかリアの成長を楽しむようになっていったと言います。

リアはその話を涙を流しながら聞いていました。
カイテルはその涙を拭うように彼女の頬に手を添えます。

しかしカイテルは、自分という父を持つリアのことを憐れんでもいました。
こんな父親を持っていては、他の多くの人々からの恨みを買うことになるかもしれない…リアの先に待つのは苦難に満ちた人生になるだろう…そんな考えがカイテルの心には根付いていました。

自分は子供を持ってはいけない。
リアはもっと別の、良い父のもとで育つことができれば…きっと幸せになれただろうに…。
カイテルは力なく微笑みました。

そんな彼に、リアは自らの気持ちを伝えます。
誰よりも自分を愛してくれたパパは、誰よりも素晴らしい父親だ…と―――。


error: Content is protected !!