シーモア

夏の魔物・最新6話のネタバレと感想|コミックシーモア



「コミックシーモア」に掲載されている「夏の魔物」第6話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「夏の魔物」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

夏の魔物・第6話のネタバレ

男性の家に着いていってしまった夏希。
室内にいると夏希のニオイはよりいっそう強く感じました。

男性は夏希に目線を合わせ、まだしたい気持ちがあるかと尋ねてきました。

夏希は静かに“したい”と答えます。

男性が夏希の身体にゆっくりと近づいてきました…。
夏希は瞳を閉じて、男性を受け入れます―――。

 

陽菜子は女子高の友人たちと“付き合っている人がいるか”という話題で談笑していました。
身内の中で恋人がいるのは陽菜子(ひなこ)と万里衣(まりい)だけです。
しかも万里衣の恋人は同性なのだそう…。

身内の中には恋人との付き合い自体に興味がない者もいれば、彼氏ができにくい女子高に入ったことを悔やむ友達もいました。

その一方で、雄晴も学校で“恋人がいるか”という話題を振られていました。
クラスの女子に問い詰められ、あからさまに嫌な顔をする雄晴です。

その女子の後ろには何やら顔を赤くしている女子がいます。
(どうやら雄晴を好きな子のために友人が恋人の有無を聞いてあげているようです。)

しかし雄晴はそんな彼女たちを冷たくあしらいます。

すると雄晴に、陽菜子からメッセージが入りました。

その後、図書館で待ち合わせをして一緒に勉強を始める二人なのでした―――。

 

 

陽菜子以外で身内で唯一恋人がいる万里衣は、積極的に陽菜子に恋バナを持ちかけてきます。

陽菜子もその話に乗って二人の恋バナは盛り上がります。

陽菜子はなぜ自分がアルファなのか…雄晴をどうしようもなく求めてしまうこの気持ちを一体どうしたらいいのか…その悩みだけは一人で抱え込んでいました。

雄晴からメッセージが入り、陽菜子は再び図書館で合う約束をしようとします。

しかし雄晴はカップルらしくここは思い切って自分の家に誘ってみることに…。

 

 

当日―――。
雄晴の家で一緒にゲームを楽しむ二人。
しかしふと目が合うと、陽菜子はどうしても目線を逸らしてしまいます。

雄晴は自分を見てくれようとしない陽菜子にヤキモキしていました。
こんなことでは互いの心が離れていくかもしれない…そう自分の熱い思いを陽菜子にぶつけてきます。

陽菜子はそれを涙目で聞きながら、自分の気持ちもきちんと伝えました。
そして彼女は自ら雄晴に口付けを…しかも触れるだけではなく、それは絡み合うような交わりです。

そんなことをされてもう我慢できなくなった雄晴は、陽菜子の胸倉をつかみこちらからも熱い口付け。

そして二人は、そのまま―――。



 

夏の魔物の最新話を無料で読むには?!

『夏の魔物』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

夏の魔物・第6話の感想

積極的な雄晴の責めに、陽菜子も動揺していると思いきや…彼女も彼女で雄晴が欲しくてたまらない感じですね…!
二人の焦燥と戸惑いがとてもよく伝わってきてドキドキしながら読み進めてしまいました。

雄晴の焦りっぷりはなんだか見てて微笑ましいくらいです。
名前の通り、雄っぽい感じ(笑)

ありがちなすれ違いですが、女性側は「好きすぎて恥かしいから目を逸らしたり距離を置いてしまう」。
そして男性側は「好きすぎるからもうとにかく見つめ合ってたいし触っていたいし早くそういうことがしたい!」
ってよくあると思います。

おそらく陽菜子と雄晴もそんな感じなんでしょうね~。
初々しいなぁ~。

にしても陽菜子から強く雄晴を求めるシーンはなかなかに見ごたえがありましたね♪