ネタバレ・感想

にぶんのいち夫婦・第39話のネタバレと感想|マンガボックス


マンガボックスで掲載されている「にぶんのいち夫婦」第39話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「にぶんのいち夫婦」が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
にぶんのいち夫婦・ネタバレ全話まとめ【分冊版の最新話から最終回結末考察まで】マンガボックスで連載中の大人気コミック『にぶんのいち夫婦』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『にぶんのいち夫婦』のネタ...

 

にぶんのいち夫婦・第39話のネタバレ

毎日夜遅くまで仕事をする和真に、文は寂しさを覚えます。
和真の出勤を見送るときも、また遅くなるのかと聞いてしまう文。

文と話すのが朝だけになってしまったと思いながらも、重要な仕事を任せられているから仕方がないと話す和真。

そして、25日にはディナーをしようと言いますが、結婚記念日は24日だと悲しそうな顔をする文。

めめこ
めめこ
24日はさやかがどうしても私と会えと脅してきた日ですからね…

しかし24日は会社の納会があり、課長の自分は欠席出来ないとウソを言う和真。
さらに、上司の飲み方がひどいので、終電に間に合いそうもないと言います。

そんなのやりすぎだよと、長引きそうな納会に疑問を持つ文。

しかし和真はさやかと決着を付けたいと思っていました。
さやかを見てEDになるほどだから、自分とさやかがその日にまたどうにかなるはずがない。これは決着をつけるための必要なウソなんだ…。

そうしても食い下がる文に、そんな我儘言うのは文らしくないと、玄関を閉めて出勤してしまいます。

 

 

そしてその日の晩。
日付が変わるころに和真は家に帰ってきます。

家に帰るのが億劫になる日がくるなんて…と和真はため息を付けながら玄関を開けると、そこにはおかえりなさいと飛び出す文が。
和真の帰りを寝ないで健気に待っていた文は、和真の顔が見れて嬉しくてしょうがないのです。

しかし、寝てていいのに…と力なく語る和真。

そんなテンションの低い和真に、文は今朝、嫌な言い方をしてしまってごめんなさい。と一生懸命頭を下げます。

結婚記念日をずっと楽しみにしていた文は、和真が24日に帰れないことがショックでしつこくしてしまった…と顔を赤らめながら誤ります。

めめこ
めめこ
文は、最近和真と一緒にいれていないことに不安になってきている様子です。

怒る理由なんてない…でも本当のことは言えない…。

和真は、自分もイライラしていたと誤り、文を抱きしめます。

久しぶりの和真のハグに、突然泣き出してしまう文。

和真は文の泣き顔を見て切なくなり、キスをします。

 

 

だんだんといい雰囲気になり、寝室に行く2人。
和真も、この調子ならけるかも…と思いましたが、文は少しだけでも記念日に会いたい…と呟くと和真はさやかのことを思い出してしまいます。

めめこ
めめこ
そして萎えてしまった様子…

上司に聞いてみると優しく言いますが、そんな時さやかからメールが。

急いで一人になって、スマホを見る和真。

メールの内容は24日は朝まで一緒にいてねと、寝ている和真とキスしているさやかの写真が…。

2年前に文の笑顔を守ると誓ったのに…。

和真は自分の力の無さに落胆してしまうのでした。



 

にぶんのいち夫婦の最新話を無料で読むには?!

『にぶんのいち夫婦』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

にぶんのいち夫婦・第39話の感想

にぶんのいち夫婦の1話の前にこんなやりとりがあったんですね…。
新婚でラブラブな文は結婚記念日をずっと前から楽しみにしていた様子。

しかし和真とのこんなやりとり後、和真の不審な行動が明らかになっていくなんて…。
これは誰が文の立場になっても、和真のことが嫌になってしまいますよね…。

この段階で全部文に言えばいいのにと思いましたが、記憶がないイコールやっていないという言い訳は通用しなさそうですね…。