ネタバレ・感想

贄姫と獣の王・最新85話のネタバレと感想|花とゆめ17号



2020年8月5日発売の「花とゆめ」17号に掲載されている「贄姫と獣の王」第85話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「贄姫と獣の王」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

贄姫と獣の王・第85話のネタバレ

レオの危機に駆け付けたのは、海の民・イスタン海軍!
彼らはセト新王を主君とは認めないと宣言し、レオのために戦う覚悟を露わにします!

騒ぎに乗じて捕らえられていたラントも衛兵から逃げ出すことに成功。
彼の縄をほどいてくれたのは、なんと外で待っていたはずのアミト姫です。

ラントはすぐさまサリフィたちのもとへ駆け付けようとしますが、アミトが探し物を手伝ってほしいと言い出してきます。
なんでもそれさえ見つけることができればレオの窮地を救うことができるそうなのですが…?

めめこ
めめこ
日記以外の何かということですよね。
一体アミトが探しているものとは何なのでしょう?

 

一方、広場では駆け付けたイスタン軍のジョズ総隊長が百人力のその腕前を大いに振るっていました。

年老いているとはいえガロアもまた素早い身のこなしと技を用いて応急の衛兵たちを一度に3人相手にし、引けをとっていません。
ガロアには衛兵たちが心に迷いを抱えながら戦っていることを見透かしているようです。

セトはこんなサカナ共に何をてこずっている!と喚いています。
そんな彼の元へ、サーブル王国から緊急の声明が届きくのですが…。

なんと彼らはセトが統治する現オズマルゴ王国から離反すると声明を発表!

彼らはセトが定めた種族階級では上位にランク付けする種族のはずでした。
にもかかわらずその制度を蹴ってまで反逆の意思を露わに…。

それは、種族の違いに優劣をつけて区別をするなどという古い価値観を、子供たちに押し付けることなどできない!という信念の下に下した決断でした。

しかも!

その動きはサーブル王国のみに止まらなかったのです!
なんと他の小国たちもレオが国政に戻らぬ限り、離反してレオと共に戦う用意があると次々に声明を出し始めて…!

 

一方でその裏ではアミト姫がラントを率いて例の「探し物」を見つけ出していました。
それは、固定式の魔法陣です。
これこそが空の瘴気を晴らし、レオから魔力を奪っている現況そのもの!
アミト姫はこの魔法陣にかけられた盟約を上書きするだけの血が必要だ言って小刀を振りかざすのですが…!?

 

シーンはサリフィたちのもとへ戻ります。
次々と離反の意思を露わにしはじめた小国たちのレオに対する義理を、セトは「偽善」と罵って叫んでいました。

聞き捨てならないサリフィが立ち上がります。
セトがみんなを見ようとしないのに、みんながセトをみてくれるはずながない!そういってセトの独りよがりな思想を否定するサリフィ。

しかし逆上したセトによって魔力で切りつけられてしまい…!
彼女の小さな体は天高く体が舞い上がり、塔の下へと真っ逆さまに落ちていってしまいます…!

すかさずレオがサリフィを助けるべく自らも塔の上から飛び降りました。

そしてこのタイミングで同時に空の瘴気が再びもどり…!

サリフィを抱えて現れたのは獣の姿のレオです。

ウオオオオオ!という彼の咆哮が辺りに木霊します。

もう、誰も彼の進む王道を遮るものなどありはしません。
オズマルゴ王の復活です…!

彼の胸に秘めたる熱い思い、それは…“我が民に報いる”という強い信念!



 

贄姫と獣の王の最新話を無料で読むには?!

『贄姫と獣の王』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

贄姫と獣の王・第85話の感想

前回にもましてますます盛り上がりを見せてきましたねー!
ついにレオが魔力を取り戻しました!
人間のころのレオもかなりイケメンでしたが、個人的には獣のレオのほうがやはりしっくりときます♪

セトに切りつけられてしまったサリフィは無事なんでしょうか?
レオに抱きかかえられている様子をみるとどうやら気を失っているようですが…。

にしてもイスタン軍カッコ良かったですねぇ…。
それから他の小国たちもよくぞ大国に逆らう決意をしたものだなぁと思いました!
皆それほどレオのことを慕っていたということですよね。
やはり民のことを第一に考える王こそが上にたつのに相応しい人格者なのだと思います。

セトのように「自分たちだけが良ければ良い」という考えについてくる人なんてほんの一握りしかいないのです。

少女漫画 ネタバレ
贄姫と獣の王・最新86話のネタバレと感想|花とゆめ18号 2020年8月20日発売の「花とゆめ」18号に掲載されている「贄姫と獣の王」第86話のネタバレと感想です。 文字の...

https://manganista.net/niehimetokemononoou14-hatubaibi/