ネタバレ・感想

の、ような。・第6話のネタバレと感想|ラバココミックス


 
 

「ラバココミックス」に掲載されている「の、ような。」第6話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「の、ような。」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


の、ような。・第6話のネタバレ

冬休みに入り仕事があまり捗らない希夏帆は外ですることになりました。部活で鍛えた冬真のお昼を当てに明日は大掃除するから。と出かけていきます。

お絵かきする春陽とお喋りする愁人と冬真。
料理部の男子部員は2人しかいないが、顧問の先生も男で楽しい。と冬真は言います。

帰ってきた希夏帆を含め4人でご飯を食べます。
母親の味が再現されていることを希夏帆は褒めますが、無理しすぎないように。と付け加えます。

大掃除をする4人。その隙に愁人から見せられた春陽の絵には両親の顔だけ描かれていませんでした。

喪中のためおせちを作っていいのか戸惑う愁人。確認済みの希夏帆でしたが、故人を偲ぶ気持ちが当然にあるから子どもたちではなく自分たち大人が意識しよう。と伝えます。

年越しそばを食べるために夜更かしを決める冬真と春陽。しかし寝てしまい、2人の夜を過ごすこととなりました。改めてありがとう。と伝える愁人に仕事をする希夏帆でした。

初詣にいく4人。希夏帆は仕事に戻りますが、残った3人は親戚を巡ることになっています。

仏壇に挨拶をし、今度は母方の方へ訪れます。子どもの面倒ごとを引き取ってくれてありがとう。と言われ2人のことを面倒だなんて思ったことがない。と愁人は返します。

愁人の母はいい気分ではない。と言われてしまい、今度しっかり話す。と意志を伝える愁人。そして楽しくやっているし、いつか冬真と春陽が自分たちと一緒に居て居合わせだ。と心から思ってくる日を待ち望んでいる。と続けました。

家に帰ると春陽に熱があることを希夏帆が気付きます。

38.5度もある春陽に焦る2人は冬真にお留守番をしてもらい、春陽を連れて急いで救急病院まで走るのでした。


 

『の、ような。』の最新話を無料で読むには?!

『の、ような。』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

の、ような。・第6話の感想

そこは冬真連れて行かなくて大丈夫?って思っちゃった。
いくら大人びて遠慮しているからって、正月に一人きりは寂しいよね。
春陽のことも心配だと思う。たった一人家族だしね。

愁人は本当に凄いと思います。
ほぼ面識のなかった2人を連れて帰って、養おうとするその精神が本当に尊敬。

まぁ当たり前のように受け入れた希夏帆も凄いんだけど、まだ全くもって語り継がれていない希夏帆の過去の部分がどうなのかなぁ。って思ってます。

結婚を愁人としない理由もそこにあるとは思うんですけど、家事とか育児にめちゃくちゃに向いていると思うんですよね。

子どものように扱うけど、親ではなくて保護者。あの子たちの親はちゃんと心に生きている。ってぱっつり割り切っているのが凄すぎるんですよね。


error: Content is protected !!