ネタバレ・感想

プロ彼女の条件・第34話のネタバレと感想|めちゃコミック

「めちゃコミック」に掲載されている「プロ彼女の条件」第34話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「プロ彼女の条件」の最新話が無料で読めちゃいます!

 

プロ彼女の条件・第34話のネタバレ

祐希は短大の同期の飲み会に来ていました。
そこでドラマのADとして働いていることを初めて友人たちに打ち明ける彼女。

すると友人たちは”有名人と一緒に仕事ができるなんて羨ましい!“と祐希の仕事に興味津々で前のめりになります。
彼女たちは”誰か有名な俳優に会えたりしたか?“とズイズイ質問してきました。

祐希は少し恥ずかしそうに、”今野涼介と今一緒に仕事をしている“と答えました。
途端に友人たちの間では”キャー!すごいー!“と黄色い声が上がります。

今野涼介は撮影裏ではあんなにも屈託なく話す気さくな人物でしたが…実は彼は抱かれたい男ランキングNo.1の俳優なのです。

祐希は得意げに、”撮影裏の本人はとても気さくだし、自分に「波ちゃん」というあだ名をつけて呼んでくれるようなフレンドリーな人物だ”と語りました。

友人たちは涼介と仲良さげな祐希のことをいっそう羨ましがります。

とここで、友人たちが”涼介のサインをもらってこれないか?“と言いだしてきました。

途端にピクリと反応し、一瞬暗い顔になる祐希…。
すぐに元の調子を戻して、”涼介は仕事仲間だから困らせたくないのだ”とこれを断ります。

笑顔で話す祐希ですが、内心ではドス黒い感情が渦巻いていました。

こんな一般人たちと自分が一緒だなんて、思われたくない…自分はすでに違う世界の人間なのだから…と―――。

めめこ
めめこ
この時の祐希は自分が涼介にとって特別な何かだと思い込んでしまっているのです。
きっかけは涼介が「奥さんにするなら祐希のような子がいい」と口走ったこと。
この言葉が涼介にとって「本気」なのか「社交辞令」なのか、それはまだ明らかとなっていません…。

 

 

すっかり涼介は自分に気があるのだと思い込んでいる祐希。
次の日の撮影現場でも、涼介となんだか仲良しな感じで廊下を歩いていました。

しかしそこに今回のドラマのヒロインである、新藤 文香(しんどう ふみか)が現れます。

文香は涼介のことを呼び捨てにし、何だか祐希よりも彼と親しい関係である雰囲気を醸し出していました…。

祐希はこのことに猛烈な嫉妬心を燃やし、憎悪に満ちた表情で文香を睨みつけます…。

 

『プロ彼女の条件』の最新話を無料で読むには?!

『プロ彼女の条件』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

プロ彼女の条件・第34話の感想

文香を睨みつけている祐希の表情が尋常じゃありません。
もはやホラー映画並みです…。目を見開いて歯をむき出しにしてガチガチ鳴らせています…怖すぎる。

さてさて…平凡女子と思いきや、祐希はとんでもない自意識過剰女でした。
涼介は祐希のことをどうするつもりなんでしょうね。
遊びの女としてキープしようと企んでいるのか、それとも本気で祐希に気があるのか…。
涼介の本心が気になる所です。

マンガ ネタバレ
プロ彼女の条件・第35話のネタバレと感想|めちゃコミック 「めちゃコミック」に掲載されている「プロ彼女の条件」第35話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっており...
error: Content is protected !!