ネタバレ・感想

プロ彼女の条件・第40話のネタバレと感想|めちゃコミ

「めちゃコミ」に掲載されている「プロ彼女の条件」第40話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

プロ彼女の条件・第40話のネタバレ

波間のことを”威勢がいい!”と褒めるマスターに対し、波間は”迷惑かけてまだ身の程をわきまえない嘘つき女が嫌いなだけだ。”とばっさり返します。

それを聞いてマスターたちはニヤリと笑い”涼介の彼女はもしかして波間ちゃん?”と尋ねるのです。

“そんなことありません!”と言った波間に広田は”詳しく聞きたい。”と突っ込み、マスターは”広田は芸能人を守る記者だから安心して。”と援護します。

“いざと言う時に関係を知らないと守ってあげれないから。”と言い和沙の記事を差し出した広田。

“こういう女から和沙たちを守るために居る。”と言った後”だって芸能人と出会えた側の限られた一般人でしょう?”と悪魔の様な囁きを波間に告げるのです。

“それよりも貴重な裏方で、無知な凡人もバカな女優にもできない裏方ならではの方法で彼らを守って上げれるんだから。”と言われ波間は高揚感に満ち溢れてしまいます。

そんな波間をマスターはあざ笑います。スッピンでださい私服を着ている典型的な芋娘が舞い上がっていく様がたまらないようです。

“涼介のプロ彼女になりたいんでしょう?”そう聞かれ生唾を飲む波間。

広田は嫌な笑みを浮かべ”なりたいと思うなら金曜日の24時にまたここにくればいいよ。”と告げます。”この店会員制だけど特別にプロ彼女になる方法を教えてあげる”と言われるのでした。

次の日、現場で涼介に”写真映っちゃいましたね。友達からも連絡がきて驚きました。”と波間は話しかけます。あまり興味のない涼介はそれよりも台本に集中したくて、マネージャーの協力を得て波間から離れることに成功しました。

そんな涼介に対してそっけない。と思った波間でしたが、根本的に涼介のことを何も知らないため次の行動に移すことができません。

プロ彼女になればわかる。そう思った波間はついにあのバーを訪れることとなるのです…。

12時になり、波間が待っていたバーに訪れたのはとてもきれいな女性でした。彼女は恩田琴音といい”栗ちゃん!”と親し気にマスターに声をかけています。

琴音を見てもしかしてこの人がプロ彼女!?と波間は思うのでした…。

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで最大50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

プロ彼女の条件・第40話の感想

見てて痛いってか、めっちゃ複雑な気持ちになるわ。
プロ彼女になりたいって思ったことないからそりゃあわかんないんだけどね(笑)

例えばたまたま出会った人が芸能人って知らなくて、普通に好き!ってなるならわかるんだけど、もう根本的に芸能人であるから涼介が好きっていう前提が入ってくるからさーそりゃあ波間のことなんて好きになれないよね。

広田もマスターもなんかずっとニヤニヤしてるし、波間はプロ彼女ってニヤニヤしてるし、なんだかずーっと不気味な作品だったなぁ。としみじみ。

次回プロ彼女なのかなんなのかわかんない琴音がどんなことをするのかわかりませんが、ちょっと展開に期待しましょうかね。

あと本番始まる前に裏方が演者にずっと話しかけていいわけないわけない(笑)