ネタバレ・感想

すべての瞬間は君だった・第19/20話のネタバレと感想|恋するソワレ2月号




2021年2月6日発売の「恋するソワレ」2月号に掲載されている「すべての瞬間は君だった」第19/20話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「すべての瞬間は君だった」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


すべての瞬間は君だった・第19話のネタバレ

「退屈なアリス」の指示に従って歩く菜々。

瑠依はついてこれているのかと心配になりながら、次の指示であるベンチに座って待ちます。

バスに乗って移動でもするのかと思っていても次の指示は来ません。

周りは特に人影もないし、変に静かだから余計に落ち着かず不安だけが募るばかりで、菜々は大丈夫と自分に言い聞かせます。

そのとき一台の車が…
菜々はその車に見覚えがあり、なぜかと思っているとその後ろからトラックがやってきます。

するとトラヒックから大きい音がなり、桜の木にぶつかるのです。

その瞬間、桜の花びらが舞い目の前には祐樹が…
一緒に行こうと言ってくる祐樹に、菜々はPTSDの症状だと頭で思うも、目を閉じますがその場で立っていられなくなります。

瑠依はいそいで駆け寄り菜々の体を支えますが、祐樹だと思い込んでしまった菜々は瑠依を押しのけ逃げようとします。

瑠依はそんな菜々は抱きしめ、大丈夫だと何度も言って落ち着かせます。

事故に会った次の春から祐樹が出てくるようになった菜々。

瑠依は一緒に行こうなんて祐樹が言うはずがないと言いますが、菜々はあの日、ピクニックに誘ったことを後悔していました。

あの場所を選んだのもシートをあの木の下に敷いたのも自分。
全部選んだのは自分なのに、死んだのは祐樹。

あの日から自分が生きていてもいいのかという思いが消えず、桜が咲く頃になると特にその重いは強くなっていきました。

更に、あの春の日、瑠依と二人きりだったらと願ってしまった菜々。

もしピクニックに行かなかったら、桜を見に行かなかったら、樹の下にシートを敷かなかったら、あそこで絵を描かなかったら、祐樹をそこに誘わなかったら…

頭では、祐樹の死は誰のせいでもない不幸な事故であることは分かっていても、簡単に許されたくなかったと思っていました。

家に着き、別れようとすると修一は瑠依を中に呼びます。

修一にアリスのことを聞かれ、菜々は会えなかったことを伝えると、もう義理は果たしたと言います。

あとは広報課に任せてプロジェクトに集中するように言われ、菜々は了承すると洗面所に向かいます。

菜々のスマホにはアリスからのメッセージが…

そこには、面白いものが見れたという文章が書いてあり―――

すべての瞬間は君だった・第20話のネタバレ

営業部に行き、アリスには会えなかったことを伝える菜々。

実は祥子たちも近くで見ており、後は自分たちで解決すると言います。

自分の部署に戻り、席に着こうとすると監査課がやってきて鈴木を呼び出します。

プロジェクトの情報流出の件で話を伺いたいと言って鈴木を連れていきます。

ランチからの帰り道、コンビニの前に立っている男性を見て祥子は鈴木と一緒にいた人だと言います。

実は昨日代々木公園で鈴木と二人で話していたのを見かけていた祥子。

祥子は鈴木も菜々のことが心配だったのかもしれないと言いますが、瑠依はどこか引っかかっていました。

鈴木は菜々のトラウマを知っているのに、あの場にいた鈴木を怪しみます。

 

―――結局、鈴木は最後まで潔白を主張。

望月はまさか取締役が関わっているのかと考えます。

佐伯が証拠として送ってきた動画には、ジュエリーMの関係者と親し気にしている鈴木の姿が映っていました。

このタイミングで角度別の防犯映像が見つかることにも何か引っかかる望月は、もしかしたらこれは逆にいい機会かもしれないと思うのでした。

翌日、菜々は部内の雰囲気がおかしいと感じていると、再び鈴木は監査課まで呼び出されます。

そして防犯カメラを見せますが、これは捏造だと言い張る鈴木。

しかし、話し相手の人がジュエリーMの高橋であることに気付き、スカウトの件で会っていただけだと言います。

スカウトの話は去年の秋の話。
鈴木はなぜ最近のものとして監査課にあるのかと気になりますが、監査課はこの日のことについて詳しく聞くのでした。

 

一方、瑠依と修一は事故を起こしたトラックの会社に向かっていました。

そこにはなんと鈴木と会っていた男性が!!

修一たちは鈴木の写真を見せると、男性は慌てた様子でこんな人知らないと言います。

しかし、威圧に負けたのか男性は時々ネットカフェで一緒にゲームをしたことがある人だと応えます。

ある日、最近車の調子が悪いことを愚痴ったら、いい話があると言ってきた鈴木。

自分の合図で桜の木に突っ込んだら、いい保険業者を紹介すると言われていたのです。

鈴木は詐欺に加担していたことは分かったけれど、彼がアリスだという証拠はまだなかったため、修一たちはネットカフェに向かいます。

するとそこには望月も来ており、アリスについてお互いの情報を話そうと提案され―――



 

すべての瞬間は君だったの最新話を無料で読むには?!

『すべての瞬間は君だった』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

すべての瞬間は君だった・第19・20話の感想

退屈なアリスとは誰なのでしょうか…。

たしかに、桜の木に突っ込めと言っただけでもしかしたら鈴木自身も誰かに言われている可能性はありますもんね。

いろんなことが絡み合っているような事件…。
一体誰が犯人なのでしょうか!?



error: Content is protected !!