BE LOVE

私たちはどうかしている・第19話のネタバレと感想|BE LOVE




「BE LOVE」に掲載されている「私たちはどうかしている」第19話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「私たちはどうかしている」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
私たちはどうかしている・漫画ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】BE LOVEで連載中の大人気コミック『私たちはどうかしている』のネタバレ・感想をまとめました。 ドラマ化してさらに注目されている...

私たちはどうかしている・第19話のネタバレ

小豆アレルギーの子供用のお菓子を注文されていたにも関わらず、大旦那・宗寿朗から何も伝えられていなかった椿と七桜。

椿の言う今からでも作れるお菓子とは”落雁”でした。
”落雁”は基本、粉をふるいにかけて型に押し固めるシンプルなお菓子。粉はここで借り、型は七桜が光月庵へ急いで取りにいくことになります。

 

渋滞に巻き込まれながらも、なんとか光月庵から型を持って帰ってきた七桜。
五月雨亭の庭で男とぶつかってしまいます。

なんと、その人は七桜に母親からの手紙を渡してくれた男でした。
自分もこの茶会に参加しているのだと言い、そろそろ酒のふるまいも終わるころだと会場へ戻ろうとします。

そんな男を呼び止めて、聞きたいことがあるのだと言う七桜。

男は近所のコーヒーがおいしいカフェに行って、ゆっくり話をしようと言うのでした。

 

その頃、椿は七桜の帰りを待ちます。
ようやく到着した七桜は、子供が喜びそうだと動物の型を探して持ってきたようです。

実はその型は椿の父親が椿に作ってくれたもの。
そんな七桜の考えを生かして、椿は粉をカラフルにします。

いよいよ、お菓子を振る舞う時がやってきます。
大人は綺麗だと微笑み、子供は生き生きとした表情で動物の形のお菓子に大喜び。

そこで、椿がお菓子の説明をします。
”落とし文”は葉の上の玉が卵を模している。卵が孵ったとき、子はその葉に敵や悪天候から守られ、親からの愛を感じる…そんなお菓子なのだ、と。そして、自分にとっての葉が光月庵のお菓子で、父親が遺してくれた大切な愛なのだと説明するのでした。

 

自分は一度父を裏切ってしまったが、父親の考えを継いで大切に残していけば、いつか取り戻せると信じていると言う椿。

 

そんな椿の言葉から、宗寿朗は何かを感じ取ったようです。




 

『私たちはどうかしている』の最新話を無料で読むには?!

『私たちはどうかしている』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

私たちはどうかしている・第19話の感想

小豆アレルギーの子供のためのお菓子を、何とか間に合わせようと頑張る二人がとてもかっこいいですね!お互いに詳しく話し合わなくても、七桜が動物の型を選んだのを生かして色づけするアレンジを加えた椿。

このシーンからも、二人ともが同じように、お菓子を食べる人のことをよく考えて、心を込めて作っているのだなと感じます。

さて、お菓子紹介のシーンでは、椿が”落とし文”の説明に合わせて光月庵と亡き父への想いを語ります。父親を裏切ってしまったという自分の失敗を、光月庵でのお菓子作りで挽回し、信頼を取り戻していきたいのだと、そんな気持ちを宗寿朗に伝えたかったのではないかと思います。

それを聞いた宗寿朗は、どんなことを感じたのでしょうか?そして、椿の作ったお菓子を食べてくれるのでしょうか?

https://manganista.net/watashitachihadoukashiteiru20/