BE LOVE

私たちはどうかしている・第2話のネタバレと感想|BE LOVE




「BE LOVE」に掲載されている「私たちはどうかしている」第2話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「私たちはどうかしている」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
私たちはどうかしている・漫画ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】BE LOVEで連載中の大人気コミック『私たちはどうかしている』のネタバレ・感想をまとめました。 ドラマ化してさらに注目されている...

私たちはどうかしている・第2話のネタバレ

15年後に椿と再会した七桜。
自分の知っている椿とは全然違う冷たい雰囲気を感じるのと同時に、自分に気付いているのかどうか分からず動揺します。

和菓子を作りながらも落ち着かない様子の七桜。
一度外へ出ると、主役のカップルが仲睦まじそうにしているのを目にします。

自分にお願いしたいと言ってくれた真由のため、背を向けずに誠心誠意を込めて臨もうと気持ちを切り替えるのでした。

 

いよいよお茶会が始まります。
椿のお菓子”淡墨桜”を見た親族はその繊細さと色の素晴らしさにざわつきます。

色だけでなく、均整のとれた形や技術のいる型押しも美しいのでした。

次は七桜のターン。
そのお菓子を一目見た親族は、テーマが”桜”なのに色が緑だと驚きます。

七桜のお菓子は”葉桜”。
やがて春の嵐が吹き荒れて、美しい花は散って葉が茂ると、やがて新緑の季節が訪れる…そうやって月日を重ねても、お二人がいつまでも仲睦まじくありますようにとの願いが込められているのだと説明します。

おもしろい発想をするものだと親族は微笑みます。
椿は一瞬驚いた表情を見せた後、顔を伏せてニヤリと笑います。

 

無事にお茶会を終え、真由に挨拶をして帰ろうとする七桜。
すると、親族の会話を聞いてしまいます。

 

この世界にいる限り、光月庵には逆らえない。引き出物は光月庵にするのだ、と。

始めから無駄なあがきだったのかと庭を歩きながら、もらった手紙を握りしめます。
すると目の前には椿が。

歩き去ろうとする七桜の手首を掴み、突然自分と結婚しないかと言うのでした。

 

冗談だと言って去ろうとする椿に対して、七桜は結婚しましょうと返事をします。

 

二度と会いたくないと思っていた人と結婚するだなんて、自分はどうかしている…そう思う七桜。

実は、七桜が受け取った手紙には「私は何もやっていない」と書かれていました。




 

『私たちはどうかしている』の最新話を無料で読むには?!

『私たちはどうかしている』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

私たちはどうかしている・第2話の感想

椿は七桜が「さくら」だってことに全く気付いてなさそうですね。
15年も会っていなければ、顔を見ても分からないものなのでしょうか?
それにしても、優しくていつも笑顔だった椿が別人です。

厨房で七桜の手を道具で叩いて「無駄音させるな、素人。」なんて目も見ず言い放ったシーンは、本当に嫌味なヤツになっちゃったな~って思いました(笑)

椿がまるで別人のようになってしまったのは、お父さんの死と関係しているのでしょうか?

そして、七桜のことを見下してきたかと思えば、いきなり結婚しようと言い出すなんて、何を企んでいるのでしょうか?

また、七桜が受け取った手紙には「私は何もやっていない」とだけ書かれているようです。これは、七桜のお母さんからの手紙でしょうね…。

やはり、誰かに嵌められたのでしょうか?そうだとしたら、許せないですね。

https://manganista.net/watashitachihadoukashiteiru3/