ネタバレ・感想

青に、ふれる。・第20話のネタバレと感想|月刊アクション


 
 

「月刊アクション」に掲載されている「青に、ふれる。」第20話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「青に、ふれる。」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
青に、ふれる。ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】「月刊アクション」で連載中の大人気コミック『青に、ふれる。』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『青に、ふれる。』のネタ...

 


青に、ふれる。・第20話のネタバレ

瑠璃子たちは修学旅行で京都を訪れていました。
しかし相変わらず神田先生は瑠璃子のことを避け気味です…。

その様子に気が付いた七美は、瑠璃子に訳を尋ねてきました。
そこで瑠璃子はクリスマスに自分の気持ちを神田先生へ遠まわしに伝えたことを打ち明けます。

今考えてみれば自分たちは教師と生徒の間柄。
神田先生が自分を避けるようになってしまうのも無理はありません。

それでも瑠璃子は気持ちを伝えたことを後悔はしていませんでした。
自分にできるのはこれ以上神田先生に気を遣わせないように、ひたすらに明るく振舞って過ごすことだけだと瑠璃子は考えています。

いつになく底抜けにポジティヴな瑠璃子の姿を見て、七美は驚くと共に、神田先生はきっと瑠璃子が好きな人が自分だということに気が付いているからこそ避けてしまっているのだろうと話してきました。

それを聞いて顔を真っ赤にする瑠璃子です。

 

瑠璃子たちはその後、舞妓体験をし行きます。
そこでは白塗りの化粧と美しい着物を着付けしてもらい、皆が各々がなりたい舞妓へと変身を遂げました。

瑠璃子はスタッフに勧められて、いつもの雰囲気とは真逆の強めのメイクに挑戦してみることにします。
白塗りのため、瑠璃子の顔のアザは全くわからないほど隠れてしまいました。

支度を終えた瑠璃子はそれはそれは美しい舞妓姿!
なんだか初めての経験に、瑠璃子は気持ちまでもが新しくなったような気分になります。

その後、瑠璃子は神田先生と白河先生たちが待つチェックポイントへ。

とたんに神田先生と写真を撮りたがる生徒たち。

瑠璃子はもともと写真が嫌いでいつも自分は撮影役ばかりでしたが、この時ばかりは神田先生と写真を撮りたいと行っても許されるような気がしました。

美しくなった自分を神田先生に見てほしい…そう思った瑠璃子は、思い切って神田先生の隣に立ち、写真を撮ってもらいます。

神田先生は、アザが隠れてしまっても瑠璃子のことに気が付いてくれました。
しかも瑠璃子の舞妓姿を褒めてくれます。

ですがここで神田先生はハッとして再び瑠璃子と距離をとってしまいました…。

ほんの少しの間ですが、また以前のように神田先生と会話をすることができた瑠璃子。
嬉しくて胸のあたりを抑えながら、先程とってもらった神田先生との写真を見返します。

するとそこには、カメラを見ずに…瑠璃子のほうを微笑みながら見つめている神田先生の姿が映っていました。


 

『青に、ふれる。』の最新話を無料で読むには?!

『青に、ふれる。』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

青に、ふれる。・第20話の感想

神田先生は確実に瑠璃子のことが好きですね!
瑠璃子も本当はそのことがわかってるんじゃないかなぁ。

ところでライバル(?)になりかねない白河先生なんですが、どうも瑠璃子のアザに過敏になりすぎなような気がします。
同級生たちはアザのある瑠璃子に自然に接しているし瑠璃子自身もアザのことをそこまで悩んではいないのですが、白河先生はまるで腫物に触るような扱いをしてきますね。
なんだかちょっぴり嫌な感じです。


error: Content is protected !!