サイコミ

明日、私は誰かのカノジョ・第71話(4巻)のネタバレと感想|サイコミ




「サイコミ」掲載されている「明日、私は誰かのカノジョ」第71話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「明日、私は誰かのカノジョ」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

明日、私は誰かのカノジョ・第71話のネタバレ

萌は自分が他人からどう見られているかをわきまえています。

自分が周りにどう見られているかちゃんと自覚があるからこそ、可愛い子たちと決して同じ土俵には立とうとはしません。

ですが、リナのよう可愛らしい女の子を見るたびに、隠している劣等感が込み上げてきていたたまれない気持ちに襲われてしまう…その気持ちに抗うことはできませんでした。

 

 

自分の唯一の居場所であったみっこの店・TRAPにも、あっという間に馴染んでしまったリナ。
まるで自分の居場所を荒らされているような不快感を覚えた萌は、イラ立ちを隠すことができませんでした。

その結果、萌はリナがたくさんの男性と親しくしていることをつい口走ってしまうのでした。

リナ、彼氏たくさんいるもんねという言葉にその場は一瞬凍り付きます。
萌も自分の発言の重大さに気が付き、ハッと我を取り戻しました。

 

 

しかしそんな萌の嫌味はリナには全く響いていない様子です。

そんなことないよぉ?萌どうしたのぉ?と話すリナ。
高木は、リナはイケメンの彼氏とラブラブなんだよ、知らなかったの?と言ってきます。
するとリナはもう別れてるよと高木にツッコミを入れました。

 

 

そしてその場の話題はあっと言う間に別の話へ…。

萌はたまらなくなってその場から逃げるようにトイレへと経ちます。

自分の劣等感からリナにひどいことを言ってしまった…萌は自分の発言を猛省しました。
彼女に謝ろうと席へ戻るのですが、そこには萌なしで盛り上がる皆の姿が…。

孤独感に襲われた萌は、もはやあそこに自分の居場所はないと悟り、代金は後で払おうと思いひとり店を出て行ってしまいます。

 

 

ひとりで街を歩く萌。
その心は空虚でした。

必要ない存在、いてもいなくても同じ、透明人間…。
そんな自分の存在も考えも嫌になってしまう萌。

彼女の瞳に涙が滲みます。

しかしそんな時、萌はあることに気が付くのです。

それは、スマホに入っていた楓からの連絡で…。



 

明日、私は誰かのカノジョの最新話を無料で読むには?!

『明日、私は誰かのカノジョ』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

明日、私は誰かのカノジョ・第71話の感想

萌の孤独感がとてもいたたまれないですね…。
店側としてはお客さんには感じよく接しないといけないので、致し方ない部分があったとは思うのですが…。萌はそういった考えに至ることができなかったようです。

ぽっかりと開いてしまった萌の心の穴。
そこにタイミングを図ったかのような楓からの連絡。
萌はそのまま楓のもとへ向かってしまうのでしょうか…。

何かしらの「劣等感」は若いころなら誰しもが抱く感情です。
でも実際のところ、「何もかもが人より劣っている」ということなんてそうそうないんですよね。
人には何かしらの素質とか特技があります。
オシャレが苦手でも気遣いは人一倍効くとか。
賑やかに話すことはできないけれど、その分冷静に物事をは判断できるとか。

要するに自分の劣った部分を許し、自分が人より秀でた所を誇りに思う精神を養うのが大事です。

萌にはその精神が少し足りない気がしてしまいました。

https://manganista.net/asuwatashihadarekanokanozyo72/