本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日: 2024/06/18 20:15:08

【第82話・最終話更新】狂眼のあらすじ(ネタバレあり)・考察と感想 | めちゃコミック

有力者の跡継ぎの息子イ・ヒョンの夜伽の相手を任された、真面目な女官のカン・ウヌ。イ・ヒョンは一度寝た女には一切の興味を示さなくなると噂の狂眼の世子でした。そのはずが、なぜか夜伽の日からウヌは狂眼のイ・ヒョンから寵愛を受けることになってしまい……!?

マンガ ネタバレ・感想 めちゃコミック

「めちゃコミック」に掲載されている「狂眼」のあらすじ(ネタバレあり)・考察と感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!
>>U-NEXTはこちら<<

31日以内の解約で完全無料!

狂眼のあらすじ

狂眼・最終話81話のあらすじ(ネタバレあり)

ついに最終回!結ばれる2人

懐妊中でも愛し合える体位で、互いの体温を確かめ合うウヌとヒョン邸下。いつもとは違う趣向に興奮したのか、ヒョン邸下は若干歯止めが聞かなくなりつつあります。ヒョン邸下は、ウヌのことが愛しくて愛しくて仕方がない様子です。

その後、ウヌはかつての親友のミヒャンを至密尚宮に任命し、宮廷の仕事に就かせました。これからも2人の友情を大切にして共に穏やかな時を楽しもうと申し出てくれます。

数か月後、ウヌはついに臨月を迎えて……。


狂眼・最終話81話の考察

見事なハッピーエンド

ヒョン邸下は、これから先、巡る季節をずっとウヌと共に生きていきたいと、まっすぐな気持ちをウヌに伝えてきます。ウヌはもちろん、最後までヒョン邸下と添い遂げるつもりのようです。ラストシーンは二人の愛が確固たるものとなっているのがよくあかるカットになっていました。

苦難の日々も良き思いでに

最終話を読んでからあらためて第1話を読み進めていくと、2人の恋愛が決して喜びだけに満ち溢れていたとは言い難い程、苦難の連続だったことが思い起こされます。1話からの読み返しは作品への理解度も深まり、より一層ストーリーが楽しめるのでオススメです。

結局、ウヌの出産は見られなかった

ウヌが子を産んでヒョン邸下の跡継ぎができてハッピーエンドになるかと思われましたが、本編ではそこまでの描写はありませんでした。二人の子供の姿も拝みたかったので、そこだけ少し残念です。


狂眼・最終話81話の感想

ついに完結を迎えました!ウヌたちに会えなくなるのは寂しいですが、なんと、あとがきにて外伝エピソードの準備があるという作者コメントがありました!

発表時期などは最終話公開の時点ではまだ不明ですが、楽しみですね!今度こそ、ウヌとヒョン邸下の赤ちゃんの姿が拝めるかもしれません。王として君臨しているヒョン邸下の雄々しい姿も拝見できることでしょう!

謀反の件は無事に落ち着きはしましたが、反逆因子が宮廷から完全に消えたわけではありません。これからもヒョン邸下とウヌには苦難が訪れるかもしれませんが、この2人ならどんな壁も乗り越えていける気がします。

これ以上ない程のハッピーエンドを迎えることができて、ファンとしては嬉しい限りです。ラストシーンに2話に渡って2人の愛し合うシーンが描かれていて、盛沢山な感じがしました。

あとがきの最後のおまけカットのような絵で、お腹の大きくなったウヌと、そのお腹を愛しそうに触るヒョン邸下の姿が描かれていました。思わずほっこりしてしまう1枚です。



狂眼・第81話のあらすじ(ネタバレあり)

ヒョン邸下の胸の傷

ようやく2人きりでゆっくり愛し合う時間を得たウヌとヒョン邸下。しかし、服を脱いだヒョン邸下の左胸に、未だに酷い傷が残っていることを知ったウヌは、珍しく怒りの表情を浮かべます。

ヒョン邸下の身体を心配するウヌ。しかしヒョン邸下は、今すぐにでもウヌと1つになりたくて仕方がない様子です。

それを悟ったウヌは……。


狂眼・第81話の考察

懐妊中のウヌ

ヒョン邸下は今すぐにでもウヌのことをめちゃくちゃに抱き締めたいはずですが、お腹の赤ちゃんのことを気にして積極的に手が出せない様子です。行為そのものを全面的に我慢しようとしていたはずのヒョン邸下だったのですが、ウヌのほうは違いました。

尚宮から教わった

なんとウヌは、「懐妊中でも男性の夜伽をする方法」を尚宮から教わっていたのです!お腹の子は確かに大切ですが、愛し合うことも同じくらいに大切。ウヌもヒョン邸下と繋がりたいと考えていたのですね。

全面的に濡れ場シーン

今話は全面的にウヌとヒョン邸下の濡れ場シーンでした。単純にヒョン邸下がウヌを抱くという展開ではなく、ウヌが主体になって教わった方法を試すという感じだったので、どこか新鮮さを感じました。


狂眼・第81話の感想

ウヌはめったに怒りを露わにすることはないのですが、ヒョン邸下の身体の傷を見て、珍しく怒りで震えていました。しかも、謀反を企てた輩や、一瞬でも反旗を翻そうともくろんだ者たちに対して、厳しい処罰を与えてほしいとさえ申し出たのです。

あの温厚なウヌがこれほどまでに怒りを覚えるだなんて、ウヌにとってヒョン邸下は自分の命よりも大切な相手であることがよくわかりますね。

ちなみにヒョン邸下の身体は、古傷も含めるとかなりの量の傷跡が残っています。特に、胸の傷はひどいものでした。王の座に君臨する者に歴戦の傷跡があるだなんて、カッコ良すぎますよね。

一般的には王は座すのみで戦うのは兵だけというイメージがあるので、古傷が多い王というのはあまりいないのではないでしょうか。ヒョン邸下は例に習わない王になりそうな予感がします。

さて、次話はいよいよ最終話です!最終話前のシーンがほぼ濡れ場だったので、この後の展開に再び暗雲が立ち込めることはまずないでしょう。読者も大満足のハッピーエンドを期待しております!

最後はやっぱり2人の子供が拝みたいところですが、ウヌは果たして無事に出産を迎えられるのでしょうか!残り1話となりますので、もしかしたらウヌの出産までは描かれないかもしれませんね……。



狂眼・第80話のあらすじ(ネタバレあり)

王妃に据えるべき女性

ヒョン邸下は、大勢の臣下たちの目の前で、竜種(王の子)を宿し王妃に据えるべき女性が既に存在すると明かしました。さらに、側室は一切設けないことも明言します。

その後、嘉礼の儀(王室の結婚式)が執り行われます。様式は後宮をとる形に。おそらく儒党派の残存勢力の狙いは、一端は後宮としてウヌを王妃に据え、その後時期が来たら再び捒択して王妃を選び直そうと考えているのです。

もちろん、そんな儒党派の目論見に、ヒョン邸下が気づかないわけがなく……。


狂眼・第80話の考察

儒党派の不満

臣下の多くは自分の娘を側室に入れることで権力を強めようと考えていたため、不満を抱きました。不満を抱いていたのは、主に儒党派の残存勢力です。しかし、普通なら儒党派の臣下は滅門にされてもおかしくはない状況。儒党派の面々は、家門が存続しただけでもまだマシだと考え、それ以上文句を連ねることはありませんでした。

いずれは王妃を選び直す

そんな儒党派の面々ですが、厚かましいことに「いずれは王妃を選び直す」ことを考えていました。そうでないにしても、側室を設けることを推し進めてくる可能性も0ではありません。選び直した王妃や新たに作った側室が自分の家門の人間であれば、それだけ臣権もあがっていくため、儒党派は名誉挽回の為に必死なのです。最も、ヒョン邸下がそれを良しとするわけはありませんが……。

ウヌがナム大監の養女に

ヒョン邸下から直々の頼みで、ウヌはナム大監の養女になっていました。ヒョン邸下はウヌにあらゆる幸せを享受させたいと考えているようで、ナム大監の家門に入籍することでナムの生活をより安定感のあるものにしたいと考えたようです。


狂眼・第80話の感想

結婚式を挙げるウヌとヒョン邸下の姿が華やかで実に微笑ましかったです!その後二人きりになった時に、ヒョン邸下がウヌの衣装や飾りをとるのに時間をとられていたのも面白かったですね~!

しかし、ヒョン邸下はウヌのお腹の子を気にしてか、ウヌのことを抱こうとはしませんでした。ウヌに夢中のヒョン邸下が、出産まで行為を全て我慢することなんて無理に思えてしまいます。

どうやらウヌもそれはわかっているようで、自らヒョン邸下を横にならせて、何かをしようとしている模様!ウヌのほうから尽くしてくれるなんてなかなかない展開です!

次回はウヌとヒョン邸下の刺激的で甘いシーンが期待できそうです。ただ、あまり頑張り過ぎてウヌのお腹の子に影響がないといいのですが……。果たしてウヌは出産まで無事に過ごすことができるのでしょうか!



狂眼・第79話のあらすじ(ネタバレあり)

謀反が無事に収束

宮廷で巻き起った謀反は、無事に収束を迎えました。インヘ王后は謀反を企てた首謀者の一人として、身分を剥奪された上で島流しの刑に処されることになります。

身分も住まいも失い、父や子さえも失ったインヘ王后は、完全に心が壊れていました。もはや抵抗する気力すら失っています。

ヒョン邸下は早々に王位に着き、着々と問題の解決にあたります。そんな中、臣下たちからは国母の座を空けたままでは国家の安定と王室の威厳に支障を来すという声があがります。

そこでヒョン邸下は、すでに王の子を宿した娘がいると、ウヌの存在を匂わせる発言を大勢の臣下の目の前で堂々としてみせるのでした。


狂眼・第79話の考察

ウヌの存在がついに明るみに

これまで密かに愛を育んできたウヌとヒョン邸下でしたが、ついにウヌが「ヒョン邸下との子供を宿した女性」として認知される流れになってきました。ウヌが国母として君臨する日も間近に迫ってきています。

渦中のウヌは

ウヌは謀反が企てられていた最中、寺院に身を潜めていました。謀反鎮圧後はヒョン邸下の計らいで、ナム・ヒュル将軍の実家に住まわせてもらうことになります。ようやく心穏やかな日々を送り始めることができたウヌは、喜びと安堵に満ちた表情をしていました。

ウヌとヨンソ

ナム・ヒュル将軍の実家にて、ウヌはヨンソという名の女性と仲良くなります。ヨンソはナム・ヒュル将軍の妹で気さくな女性でした。現在は妊娠中で実家に戻ってきているらしく、同じ妊婦のウヌとは気が合うようです。


狂眼・第79話の感想

ヒョン邸下は、インヘ王后の息子である新城君の葬儀を盛大に行うように指示をしていました。自らも父親となったヒョン邸下は、子を失ったインヘ王后の苦しみが理解でき、同情しているように思えます。

そのインヘ王后ですが、島流しにされる道中で、亡き息子の幻影を見てしまいます。幻影に導かれるまま谷間へと誘われてしまったインヘ王后……。もしかしたらインヘ王后はそのまま命を落としてしまうかもしれませんが、作中ではそこまでの描写はありませんでした。

しかし、息子の幻影を見て最後を迎えることができるのは、地獄の最中にいる今のインヘ王后にとっては、最も幸せな最後だったかもしれません。

今後の展開としては、ウヌが国母として民衆や臣下たちに認知されていく流れが予想できます。インヘ王后はいなくなりましたが、まだまだ宮廷の情勢は安定していません。ウヌがヒョン邸下の妃として露出していくことにより、命を狙われることにならないかが心配です。



狂眼・第78話のあらすじ(ネタバレあり)

形勢逆転!ヒョン邸下が生還!

死んだと思われていたヒョン邸下が生還!その瞬間、多くの役人は、領議政側に就いたことを後悔しました。この後は間違いなくヒョン邸下が王位を継承することになります。

また、大勢の目の前で、先日の講武の最中にヒョン邸下に対して暗殺と謀反が起きたことが明るみに出ます。ユ・テギョンは首謀者として逮捕されることに。

女官たちに対して酷い拷問が行われ、ウヌへ危害を加えていた王妃の企ても明らかになりました。ヒョン邸下は、王妃がウヌが子を宿しているのを知っておきながら危害を加えてきたことに、ひどい憤りを感じます。


狂眼・第78話の考察

やはりチョ・インホの忠義は本物だった

なんと、チョ・インホは講武の前に、自分がヒョン邸下に止めを刺す役に任命されたことを、ヒョン邸下本人に申告!ユ・テギョンの企てを告げ口していたのです!それを受けたヒョン邸下は、前もって服の中に鶏の血を忍ばて、その部分をわざとチョ・インホに命中させ、服を血まみれにして致命傷を負わせたと思わせて逃亡。ユ・テギョンたちの目を欺いたのでした。

王妃の息子が逝去

ついに大君が命を引き取ってしまいました。これが母親の王妃が行った呪いの代償なのだとしたら、あんまりな話です。また、大君が命を落としたと思われる直後、王妃は尚宮たちに「罪人」として連行されてしまい、ろくに大君と別れを惜しむことができませんでした。自業自得ではありますが、少し王妃が気の毒に思えてしまいました。

完全に破滅した王妃

家門の名誉を失い、後ろ盾の父親を失い、王妃を守るものは今何もありません。唯一の心の支えであった息子まで失い、王妃はまさにこの宮廷で孤独に陥ります。ヒョン邸下が王位を継承したことにより、王妃側の女官たちも一斉に粛清されることでしょう。もはや王妃の権力がこの宮廷内で返り咲くことはありません。


狂眼・第78話の感想

爽快な逆転シーンでした!ヒョン邸下が何より起こったのは、王妃がウヌのお腹に子供がいることを知っておきながら、ウヌに危害を加えたことでした。恐らく王妃はこの宮廷内で誰よりもひどい拷問をうけることになるでしょう。

黒魔術的な闇の力を使おうとした王妃ですが、全てが呪い返しのような形で王妃のまわりに跳ね返ってきています。全てを失って唯一の生きる理由だった大君までもが無くなり、王妃の心はまさに虚無です。

これまでウヌやヒョン邸下にしてきたことを考えるといい気味に思えてしまいますが、あまりにも悲惨すぎる結末で、王妃に少し同情もしてしまいます。



狂眼・第76話,77話のあらすじ(ネタバレあり)

ヒョン邸下の生死が明らかになる!

【76話】どうやらジョクムが血塗れになって動けなくなったのは、呪いの反動のようです。そうなると、大君の吐血が止まないのは、大妃が呪いに手を染めたせいである可能性も否定できません。

チョ・インホは血塗れのヒョン邸下の服を持って帰還。普通に考えれば、ヒョン邸下は止めを刺されたと考えて良いところですが、果たして真実は……?

一方、山寺にいるウヌ。亡くなったと思われるヒョン邸下に想いを馳せています。そんなウヌの元を、思わぬ人物が訪問してきて!?

【77話】なんと、現れたのはヒョン邸下です!喜びのあまり涙を流すウヌ。ヒョン邸下は手傷を負っているものの、命に別状はないようです。そんなヒョン邸下は、ウヌに対して予想だにしていなかった言葉を告げます!

翌日、宮廷では国王の崩御から5日が経過し、次の国王を即位させる動きが。大妃たちはもちろん大君が王位を継承すると考えていたのですが……!?


狂眼・第76話,77話の考察

生還したヒョン邸下

やはりヒョン邸下は生きていました!彼が死んでしまったと想いこんでいたウヌにとって、これほど嬉しいことはありません。しかも生還したヒョン邸下の口からは、ウヌが想いもしていなかった言葉が飛び出します。それは現代でいうプロポーズにも近い言葉です。ヒョン邸下は、ウヌを妻として守りつつも、反対勢力に真っ向から立ち向かっていく意思を示したのでした。

チョ・インホはなぜ血まみれの服を持ち帰ったのか

ヒョン邸下が生還したということは、「チョ・インホがヒョン邸下に止めをさせなかった」「チョ・インホがわざとヒョン邸下を生かした」の2択になるでしょう。虎の攻撃からヒョン邸下を一度救っていることから考えると、チョ・インホは裏切ったふりをして実はヒョン邸下への忠義を失っていなかったのかもしれません。


狂眼・第76話,77話の感想

ヒョン邸下が生きていた何よりでした!しかもプロポーズまで!どんどん展開が盛り上がっていきますね!

対して王妃はヒョン邸下の殺害に失敗し、追い詰められていくことでしょう。呪い返しのような状況にも陥っており、王君の命も危ぶまれています。

それにしても計画に利用していたジョクムが悲惨な状況になってしまったというのに、彼女の治療を放棄させて王君の治療に専念させるように女中たちに命じる王妃の横暴さが目に余りました。

絶対にいつか王妃自身に罰が当たってほしいです。彼女の愚行のせいでまだ罪を知らない幼い王君が犠牲になってしまうのは忍びないですよね。

さて、ついに王位継承が行われる時がやってきました。このままヒョン邸下が王位を継承する流れになりそうですが、王妃がそれを黙ってみているはずがありません。果たして王位は誰の手に渡るのでしょうか!



狂眼・第74話,75話のあらすじ(ネタバレあり)

ヒョン邸下が行方不明に!

【74話】虎に襲われるヒョン低下!しかし、間一髪のところで弓の名手チョ・インホの一矢が、ヒョン邸下を救います。しかしその後、チョ・インホはヒョン邸下に弓を構えて……!?

一方、宮廷では国王が崩御!後継者を決めずに亡くなってしまったため、あらゆる権力が大妃へ継承されることになります。もちろん、大君を王位に就かせたい王妃は、それを良しとしません。

【75話】左翊衛がヒョン邸下からの手紙を携えてウヌの元へやってきました。意を決して内容を確認するウヌ。綴られていたのは、ヒョン邸下の愛の言葉でした……。

一方、王妃は今回の作戦で呪いを担ったジョクムを呼びつけようとします。しかしジョクムは何者かによって血まみれの状態にされており!?


狂眼・第74話,75話の考察

ヒョン邸下はその場で命を落としたわけではない

チョ・インホの放った矢は、確実にヒョン邸下の腹部を貫きました。深手を負ったヒョン邸下ではありますが、その後の追撃は全て交わし、馬で走り逃げています。ちなみにチョ・インホはその後を追っていったわけですが、2人はなんとその後3日も行方不明になってしまうのです。誰もヒョン邸下が命を落とした現場を見届けたわけではなかったのでした。

チョ・インホはなぜ虎からヒョン邸下を助けたのか?

もし、チョ・インホが本当に裏切者側の人間であるのなら、虎に襲われるヒョン邸下を黙って見ていればよかったはずです。それなのにわざわざ1度はヒョン邸下を助けてから、再度ヒョン邸下に矢を放つという不可思議な行動をしています。そしてその後ヒョン邸下と共に行方不明となったチョ・インホ。果たして彼は本当に裏切者側の人間なのでしょうか?

王妃の焦り

「ヒョン邸下の死亡が確認できない」「ヒョン邸下を追った兵士の安否も確認できない」「呪いの生贄を埋めた女官たちは行方不明」「後継者を決めずに国王が崩御」「妃王は徹底的に対抗する意向」「息子の大君の病状が芳しくない」これだけの不安要素を同時に抱えている王妃。その心労は想像することもできません。しかし、そんな王妃にとって有利な動きが。なんと、ヒョン邸下を追って言ったチョ・インホが帰還したのです!次回ではヒョン邸下の安否が明らかになるのでしょうか!?


狂眼・第74話,75話の感想

このタイミングで国王が崩御するとは、王妃的には大誤算だったことでしょう。何よりも王妃にとって気がかりなのは、息子の大君の吐血が止まないことかもしれません。

せっかく王位を継承しても命が続かないのであれば無意味です。また、裏ではウヌたちも行方不明になっているらしく?相変わらず宮廷は慌ただしく、不穏な動きばかり起きています。



狂眼・第73話のあらすじ(ネタバレあり)

虎が出現!ヒョン邸下が危機に晒される!

講武の最中、何者かの謀略により猟犬が暴走!さらに、ヒョン邸下の愛馬までもが暴走し、ヒョン邸下を置き去りにしてしまいました。

別の場所ではとある女中がヒョン邸下に呪いのようなものをかけています。そのせいで身動きがとれなくなったヒョン邸下は、突然襲われる胸の痛みに耐えるしかありませんでした。そんな無防備なヒョン邸下の前に、野生の虎が現れ……!?


狂眼・第73話の考察

獣の暴走に乗じてヒョン邸下を暗殺

ユ・テギョンは薬物を使って獣を狂暴化させ、その混乱に乗じてヒョン邸下の命を奪おうと考えていたようです。それにしても野生の虎まで使ってくるとはかなり大がかりな作戦です。虎を従えた方法はマタタビを使った誘導だったそうですが、この時代ではマタタビも珍しくヒョン邸下たちはユ・テギョン側の作戦にまさに翻弄されっぱなしでした。

虎討伐に乗じてヒョン邸下の側近が倒れる

猟犬に襲われて負傷したヒョン邸下を安全な場所へ運ぼうとしていた側近ですが、虎討伐のために弓兵隊が矢を放った瞬間、なぜかヒョン邸下の側近の胸にも矢が突き刺さります。混乱に乗じて明らかに何者かがヒョン邸下のまわりの人間を直接攻撃していることがよくわかります。

チョ・インホは味方か?敵か?

ヒョン邸下は結局、弓兵隊の1人である弓の名手チョ・インホによって助けられました。チョ・インホは2発の矢で見事に虎を仕留めて見せます。しかし、助けた直後になぜかチョ・インホはヒョン邸下目がけて弓を構えていました。もしかしたらチョ・インホこそ、先ほどからヒョン邸下を攻撃し続けている裏切者なのかもしれません。


狂眼・第73話の感想

襲撃に会うことを予見していたヒョン邸下でしたが、、恐れていた以上の悲惨な状況が起きていると言わざるを得ません。味方の中にも裏切者が複数人おり、誰が味方で誰が敵なのか分からない状況に陥っています。

そんな中でヒョン邸下を救おうと動いてくれる部下たちも次々と命を落としてしまいました。ここで気になってくるのは、チョ・インホがもし敵側なのだとしたら、なぜ一度は虎からヒョン邸下の命を救ったのでしょうか?

もしチョ・インホが裏切者であるとするならば、そのまま虎にヒョン邸下を襲わせてしまったほうが都合がよかったはずです。

どうやらヒョン邸下が想っている以上に、状況は複雑な模様。次話ではチョ・インホが味方なのか敵なのかによってストーリーが大きく変わってきそうです!



狂眼・第72話のあらすじ(ネタバレあり)

講武が開始!しかし猟犬に異変!?

講武に発つ前の準備をするヒョン邸下。もしかしたら自分は明日、何者かによって命を奪われるかもしれません。そうなった時の為を考え文を残し、それを自分の細作(スパイのようなもの)に託します。

いよいよ講武が始まりました。風も強く、ヒョン邸下は鹿を仕留めるのに時間を取られます。次いで現れた猪と対峙しますが、風に乗って妙な粉が辺りを漂い始めました。それを嗅いだ猟犬たちは、突然暴れ出してヒョン邸下の部下たちに襲い掛かってきて!?


狂眼・第72話の考察

猟犬を使った策

どうやら今回の講武においてヒョン邸下を貶めようとしている陣営は、猟犬の気を狂わせてヒョン邸下を襲わせるつもりのようです。まずは猟犬の綱を持っていたヒョン邸下の部下が犠牲になってしまいました。ただ、ここで犬に簡単にやられるヒョン邸下ではありませんし、敵もヒョン邸下がこれしきのことで倒される男だとは考えていないでしょう。謀略はまだ始まったばかりです。

左議政が仕掛け人か

風が病んでから講武を始めたほうがいいという部下の言葉に対し、左議政は本当の戦いは風など関係なく起るものだから今すぐ始めたほうがいいと催促してきました。風が起きている間に左議政はどうしても講武を始めたかったとしか考えられません。猟犬を狂わせる粉が風に乗って舞ってきたことを考えると、粉を巻いたのはこの左議政である可能性が高くなってきます。

辺りに鳴り響く肉や骨を絶つ音

鍛えられた猟犬は、人間の骨も肉も簡単に嚙み切ってしまうほどの力をもっていました。ヒョン邸下の部下はいとも容易く猟犬の餌食になってしまいます。おそらく猟犬を暴走させてヒョン邸下の陣営を崩す作戦なのでしょうが、ユ・テギョンはその他にも、女官に弓を持たせて何かを画策しているようにも思えました。もしかしたらこの混乱に乗じて、ヒョン邸下を矢で仕留めるつもりなのかもしれません。


狂眼・第72話の感想

ヒョン邸下が懸念していたとおり、明らかな暗殺計画が行われているように思えます。自分の命が狙われていることは百も承知のヒョン邸下ですが、相手が獣を使ってけしかけてくることまでは想像がついていなかったようです。

また、ヒョン邸下はこの場で自分が命を落とすかもしれないともともと考えていました。つまり、何が何でも生き残って帰ろうという気概が今のヒョン邸下にはないのです。

ヒョン邸下がウヌのために必ず生きて帰ることを念頭に置かなければ、この窮地を脱することは難しくなってくるでしょう。



狂眼・第68話のあらすじ(ネタバレあり)

水面下で動き始める反対勢力

ウヌは不眠に悩まされていました。理由は、暗がりから聞こえる、刃物で肉を切りつけるような不気味な音のせいです。 どうやらこの音が聞こえているのはウヌだけではない模様。同室のミヒャンは洗濯係のキム女官から妙な噂を聞いていました。なんと、ウヌたちがいる女官部屋の裏を進んだ抜け道の近くで、首を切られた犬の死体が転がっていたというのです。

ウヌは、何者かが呪術を使ってヒョン邸下を貶めようとしているのではないかと推察し、独自調査に踏み切ります。

すると夜中に動物の死体を埋めている一団を見つけて……!?


狂眼・第68話の考察

犯人はヒョン邸下の寝殿に呪術かけていた

動物殺しの犯人は、王がいる場所で針仕事をする女官たちとユン尚宮でした。その様子を目撃したウヌとミヒャンは、急いでソ尚宮にこのことを報告しにいきます。しかし、途中で会った監察尚宮に代わりに報告をするミヒャン。監察尚宮は妙な噂の元をたどるために見回りをしていると言うのですが、どうも怪しい言動が目立ちます。

ミヒャンの身に危険が

ミヒャンはその場を離れてソ尚宮に再度報告に向かいます。監察尚宮の命令でイ女官がつくことになるのですが、その際に監察尚宮はイ女官に“隠密に動け”と命令を下します。一見すると静かに素早くソ尚宮の元へ迎えという意味にも思えますが、どうやら本当の意味は違うようなのです。

監察尚宮がウヌを殴りつける!?

ミヒャンが去った後、残されたウヌと監察尚宮たち。すると監察尚宮は不敵な笑みを浮かべて、ウヌに詰め寄ります。直後、「バコッ!」という鈍い音が響き……。もしかしたらウヌは監察尚宮たちによって暴力を振るわれたかもしれません。つまり、監察尚宮と呪術を企てる女官たちは共犯である可能性が高いのです。報告にいったミヒャンも、同様に暴力を振るわれている可能性があります。


狂眼・第68話の感想

ウヌもミヒャンも、このままでは呪術を企てる一派によって始末されてしまいます!どうやらヒョン邸下の転覆を目論む一団の規模はかなり大きいようです。誰が敵で誰が見方なのか全く分からない状況になっています。

間一髪のところでヒュルが駆け付けてくれればいいのですが、そう上手くいくとも思えません……。

いきなりピンチに陥っているウヌですが、果たしてヒョン邸下が戻るまで無事でいられるのでしょうか。せめて、暴力を振るわれたのが赤ちゃんがいるお腹以外の場所であることを祈るばかりです。

お腹以外の場所だったとしても妊婦にとっては一大事ですが……。とにかくヒュルの到着が今後のウヌたちの運命を左右する鍵となりそうです!



狂眼・第67話のあらすじ(ネタバレあり)

ついにウヌの妊娠に気が付くヒョン邸下

ヒョン邸下が講武に参加している間、ウヌは大妃のもとに身を置くことになりました。どうやらヒョン邸下は、今回の講武から自分が無事に帰ってこれなかった最悪の場合を想定しているようです。

いよいよ講武が始まりました。あらゆる有力者から監視されるヒョン邸下は予想以上に身心に疲労をため込んでいきます。

そんな中、ナム・サンギョム大監の妹が嫁ぎ先から実家に帰ってきているという話を聞かされるヒョン邸下。聞けば、ナム・サンギョム大監の妹はつわりが酷すぎて匂いのするものが食べれずに甘いものばかり欲しがると言います。

それを聞いたヒョン邸下は、真っ先にウヌのことを思い出しました。思い起こせばそれらの症状はここ最近のウヌの体調不良と一致しています。このことからヒョン邸下は、ようやくウヌが自分の子を身籠っていることに気がつくのでした。


狂眼・第67話の考察

ウヌの妊娠

ウヌはやはりヒョン邸下の子供を身籠っていたようです。しかし、ヒョン邸下が講式に参加する前に、どうしてもその話を切り出すことはできませんでした。どうやらウヌは、いち女官に過ぎなかった自分がヒョン邸下の子供を身籠ってしまったことに罪悪感を抱いているようです。

一刻も早くウヌの身の安全を確保

ウヌが懐妊したこと自体はヒョン邸下にとっても喜ばしいことのはずです。しかし、それに気が付いたヒョン邸下は青ざめて動揺していました。理由は、ウヌを宮廷には中宮殿の女官ばかりがいる宮廷に預けてきてしまったことにあります。もし悪意のある誰かがウヌの懐妊に気が付けば、子の出産を阻止しようとする輩が出る可能性が十分にあるのです。

ヒュルをウヌの護衛につかせる

ウヌの懐妊に気が付いたヒョン邸下は、彼女の身の危険を感じ、動揺した様子でヒュルにウヌの護衛を任せました。あのヒョン邸下がヒュルに対して懇願するような表情を浮かべて頼みごとをするなんて、よほど焦っていたに違いありません。しかし、護衛のヒュルが講武の場を離れるとなると、今度はヒョン邸下自身の身に危険が及ぶ可能性が高まってきます。


狂眼・第67話の感想

あれだけ妊娠初期症状を目の当たりにして起きながら、ヒョン邸下はウヌの妊娠に気が付くのが遅すぎる気がしました。しかし、そもそも妊娠初期症状がどういうものか知らなかったようです。そりゃ気づくのも遅れますよね。

慌てた様子のヒョン邸下ですが、ウヌのことを心配するがあまり自分の身の安全の確保を怠るようなことだけはしてほしくありません!ウヌと子供のためにも無事に帰ってきてほしいところです!



狂眼・第66話のあらすじ(ネタバレあり)

ウヌの体調不良

イ・ヒョン邸下の名を口にするカン。ウヌ女官。心地の良い声が自分の名を呼ぶことに、ヒョン邸下はすっかり酔いしれていました。2人はそのまま、身体を重ねます。

翌日、ウヌはいつものように朝早くに起床します。そんな勤勉なウヌの姿を、満足げに眺めるヒョン邸下。

するとウヌが吐き気を催してしまいました。どうやら朝になるといつも気分が悪くなってしまうようです。ヒョン邸下はウヌのために侍医を呼ぶと言い、さらにウヌの背中をさすってくれました。

そんな中、ヒョン邸下は自分に対立する党派との講武に参加することになります。


狂眼・第66話の考察

ヒョン邸下の本気を知るウヌ

これまでヒョン邸下の好意に懐疑的だったウヌですが、今回の口づけを経て、ヒョン邸下の気持ちが本物であることをようやく知ることになります。おそらくこれまでヒョン邸下の気持ちに気がつきはしていたものの、それが確信に変わった瞬間が今話だったということでしょう。

ウヌの体調変化について

毎朝吐き気を催してしまうウヌ。しかも、何やらお腹のあたりを押さえているようにも見えました。ウヌはこの体調不良のことをヒョン邸下に話そうか一瞬迷いますが、途中でやめてしまいます。そんなウヌの神妙な表情から考えられることは、やはりウヌが妊娠しているのではないか?という疑惑です。

不穏な講武

護衛のヒュルと共に、反対派が主催する講武に参加することになったヒョン邸下。どうか無事で帰ってきてほしいところですが、ストーリー内では無事に帰ってこれないフラグがいくつも立っています……。この講武が穏便に済むことは、まずないでしょう。


狂眼・第66話の感想

ヒョン邸下は講武が無事に終わって、ウヌと共に春を迎えたいと密かに願っていました。もうこの時点で講武で何かが起こる展開になるのは明白です。

さらに、ヒョン邸下護衛のヒュルに対して絶対に怪我をせずに無事にもどるよう命令します。このあたりもヒュルがヒョン邸下を庇って怪我をするフラグにしか見えませんでした。

何も起こらないほうがおかしい!というくらいに散りばめられた伏線の数々。この講武は波乱に満ちた重要イベントになりそうな予感がします。

果たして、反対派の一派ユ・テギョン大監はどのような人物なのでしょうか。ヒュルは講武を断るようにもちかけますが、ヒョン邸下は敵に背を向けて逃げることが癪なようです。そもそも今回の件は父王からの命令でもあるため、簡単に断ることはできません。

ユ・テギョン一派を抑え込むためにも、今回の講武に参加することは必要不可欠のようです。





↑目次に戻る

マンガを無料で読むには!?

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

無料&お得に読める電子書籍サイト
無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!
ネタバレ・感想 めちゃコミック
本ページの作品配信情報は最終更新日(2024/06/18)時点のものです。
最新の配信状況は各種配信サイトにてご確認ください。
公開日: 2023/10/15
キャッシュ更新日: 2024/06/21 10:50:44