ネタバレ・感想

皇后は体育会系!?・第43話のネタバレと感想|comico




「comico」に掲載されている「皇后は体育会系!?」第43話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「皇后は体育会系!?」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


皇后は体育会系!?・第43話のネタバレ

ホジンが現れたことに若干の動揺を見せる成姫。

ホジンはそんな彼女に、折り入って報告があると切り出しました。

成姫はホジンのことを警戒しているのか、硬い表情をしています。
思わず唾をゴクリと飲み込むホジン。

サンランは代わりに自分が用件を聞いておこうかと成姫に進言しますが、成姫はやっとホジンに話してみろと言いだしました。
皇后宮直属の官女が、いったい皇后の何を報告しに来たというのかとホジンに問います。

話をする許可を得たというのにホジンはどもってなかなか話始めようとせず、サンランを横目で見ています。

ハッキリしないホジンの態度にサンランは苛立ち始めました。
ただでさえこのタイミングでこんなに朝早くからここを訪れるなんて…成姫の起源を損ねるだけの行為なのです。

苛立ちを隠せないサンランは声を荒げてホジンを急かします。
“成姫さまに伝えたいことがあるのではないのか!何をグズグズしている!”

ホジンはやっと話はじめました。
今回、成姫が転ばれた事件について…皇后が犯人として蓮好の名前を挙げたわけではありましたが、陛下が彼女に直接追及したところ蓮好が自白をしたとホジンは言います。

サンランはこれを聞いて唇を噛みました。
サンラン自身も彼女が犯人であると予想をしていたのですが、「たまたまぶつかっただけ」と言いだし、本当に偶然なのかわからない上に陛下を恐れてすんなりと自白するとまでは思っていなかったのです。
これでは全てが皇后の思惑通り…サンランは蓮好も監視の対象にしなくてはいけないと危機感を覚えます。

ホジンは続けます。
この件で陛下が犯人を捕まえた際には皇后に褒美を出すと言っていたのは周知の事実です。
そこで皇后が褒美として要求したのは「自分を抱いてほしい」というものでした。

サンランはこれを聞いて皇后を「陛下に色目を使う女ギツネ」と揶揄します。

しかし成姫はすぐにサンランを咎めました。
“誰も聞いていないとはいえ皇后さまに対してそんなことを言ってはいけない。”

成姫は続けます。
悲しみに染まった笑顔を浮かべながら、“私は陛下を受け入れられない。だから陛下の恋心が誰かに移るのは当然のこと。”

そう言うと成姫は二人を追い出してしまいました。

その後、ホジンはサンランから報酬を受け取り、今後も皇后の監視を続けるようにとホジンに言いつけます。

ホジンは満足げにその場を後にするのでした。



 

『皇后は体育会系!?』の最新話を無料で読むには?!

『皇后は体育会系!?』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

皇后は体育会系!?・第43話の感想

サンランがちょっと暴走気味ですね。
成姫が窘めていましたけれど…。
心の醜悪さがどんどん増してゆくサンランにはいつか罰があたってほしいものです。

にしても成姫の心がよくわかりませんね。
純粋なその愛情は皇后と陛下どちらに向けての想いなのでしょうか。
どちらかというと皇后に向けての気持ちなのかなとか想ったりしますが…。
成姫はそもそも男性に興味がなさそうですしね。
皇后への思いは募るばかりですがそれを表立って表現することができずに苦しんでいる感じです。
恋心がいつか愛憎に変わって成姫が敵側にまわってしまうなんて事態にならないことを願うばかりです。
まぁそんなことにはならないと思いますが…。


error: Content is protected !!