ネタバレ・感想

皇后は体育会系!?第8話のネタバレと感想





comicoで連載中の「皇后は体育会系!?」第8話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

漫画を無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録するとポイントサービスが付与され無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
皇后は体育会系!?・ネタバレ全話まとめcomicoで連載中の大人気コミック『皇后は体育会系!?』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『皇后は体育会系!?』のネ...

 


皇后は体育会系!?・第8話のネタバレ

先日の襲撃について事情聴取される皇后。
オダンから色々聞かれるも、暗殺者が急に飛び出してきて刀がたまたま当たっただけだと答えます。

また誰に助けられたのかという問いにも、手を怪我していて見る余裕がなかったと嘘をつくのでした。

皇后宮に戻ってきた皇后。
側近のメイランは、皇后と一緒にいたにも関わらず狙われなかったリンが怪しいといいます。
しかし皇后はリンが暗殺者を送った可能性は低いと考えていました。

気の向くままに散歩をしていて、偶然立ち止まったところでやってきた暗殺者。
ただ一つ、近くに自分の情報を漏らしている人がいるのは間違いないと思うのでした。

リンの元へ急ぐ皇帝。
リンに怪我がないことを確認すると、安堵のため息を漏らします。
そして皇后のせいで危ない目に遭うところだったため、これからは近寄ってはいけないといいます。

その言葉に泣きそうな表情で怒るリン。皇后が刀を遮ってくれなければ自分も大怪我を負っていたと伝えます。
そして自分は間違ってないと言わんばかりな態度を取る皇帝に、フンッとそっぽを向いて突き放すのでした。

襲撃についての情報が得られず行き詰まる皇后の元へ、またもや突然皇帝がやってきます。
皇帝はリンがあまりにも心配しているから来ただけだと言って、皇后の怪我の具合を確認するとすぐに帰っていくのでした。

地下牢獄のようなところに、暗殺者の叫び声が響き渡ります。
痛みを与えながら、襲撃理由や仲間の情報を吐かせようとするオダン。

暗殺者は、かの有名な城禁府のウイ・オダンからは逃げることは無理だと悟り、抵抗をやめます。
そしてオダンは改めて、誰に気絶させられたのだと問うのでした。


 

漫画を無料で読むには?!

漫画を無料で読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!
(※皇后は体育会系!?は現在comico限定です!)

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

皇后は体育会系!?・第8話の感想

皇后たちを狙った暗殺者は誰に頼まれたんだろうか。今のところ怪しいのはリンくらいしか思い浮かばないのに、リンが怪しいとはまるで思えないんですよね。
最高に矛盾していますが、リンは普通に良い子が気がしてならない。もし悪女だったら相当恐ろしいけど。。

あと皇后の怪我の具合を確認しにきた皇帝に、リンに言われたから来ただけだって言われた皇后が声を出して「グサッ」と言うところがおもしろかったです。
皇帝のボケにボケ返すみたいなやり取り、最高です。

そして城禁府のウイ・オダン。
内容の薄い調書を書いていた時のオダンが可愛らしかったから、ある界隈では有名で恐れられている人だったとは思いませんでした。

能ある鷹は爪を隠すってこういうことですね!
なにより両手を縛られて傷だらけの暗殺者を見下している時のオダンは冷酷で、だけど楽しんでる感じもあって怖かったです。

気になる「皇后は体育会系?!」の続きはこちら(( °ω° ))/


error: Content is protected !!