Kiss

くちうつす最新15話のネタバレ・感想|Kiss12月号

くちうつす 15

Kiss12月号に掲載されている「くちうつす」の最新15話の感想・ネタバレをまとめました。




「くちうつす」前回14話のおさらい

急に来た長谷川に困惑する由夏。

由夏は「経験から得た感覚をもとに書きたい。これで勝負したいんです」と、長谷川は「経験から生まれる一文」と「想像から生まれる一文」どちらに欲情するか、勝負しないかと提案。
最初は抵抗した由夏ですが、長谷川にあおられ提案に応じてしまいます。

長谷川は「なのにおれは青木さんとの口述筆記のほうが気持ちがよかったんです。
青木さんは いつも指摘に対して 敏感に反応してくれます だからおれは もっともっと あなたの奥に触れたくなる」と言い、長谷川と由夏は真剣な口述筆記をすることに…

前回は長谷川の言葉一つ一つにドキドキしてしまう展開でしたね!
安藤はそんな2人を見たらどう思うのでしょうか…

では、15話の展開がこちら。




くちうつす最新15話のネタバレ・感想

長谷川と由夏が真剣に口述筆記をした結果、競作の反響はかなり高評価でした。
SNSでも大きく話題になるほど出来が良く、特に濡れ場が良かったと担当から褒められます。

由夏は安藤に原稿が間に合ったことを伝えると、
「ひとりで書き上げられて自信ついてよかったじゃん」と言われ、罪悪感が込みあがってしまいます。

由夏は仕事帰りに安藤と待ち合わせをしていた長谷川とばったり遭遇。
安藤に2人で口述筆記をしたことをまだ言っていないと長谷川に告げると、長谷川は「安藤に言っても問題ないと思います。いつも通り口述筆記しただけですし。」と語る。

しかし、由夏は長谷川の感触が自分に残っていることを思い出し、
いつも通りではないことを伝えるも、長谷川は由夏が作品と現実を混同しているだけだと言います。

あんなことされたら意識しちゃうのは当然ですよね!
由夏の気持ちはかなりわかります…それをクールに勘違いだと言う長谷川。
うーん。このクールさがかっこいい。

と、そんな2人の前に安藤が登場。

長谷川との話を聞かれていないか焦る由夏。
安藤は長谷川との約束を今度にしようと言い、由夏を連れ出す。

安藤と他愛もない会話をしていたところ、
突然安藤が「やっぱり無理だ」と別れを切り出します。

安藤は由夏の作品を読んで、最後の熱量の違いを理解し、
長谷川と由夏の関係の方が濃い関係だということが耐えられない、今後も長谷川と口述筆記を続けるのであれば別れようと由夏に伝えます。




一方、渡辺は昔谷村に口述筆記をしていたことを回想する。
谷村にもっといい話を書いて欲しい思いから、口述筆記といい肉体関係を結んでしまった渡辺。

そんな思い出に浸っている渡辺の元に長谷川が。
渡辺は作品を賞賛しますが、文章を読み取り、青木のことが好きなのかと長谷川に尋ねます。

しかし、長谷川は「おれたちは絶対にあなたと谷村久のようにはならないです」と吐き捨てます。

由夏はそのころ、長谷川が由夏の自宅に忘れていったハンカチを届けに長谷川宅へ。

長谷川らしき影が見えた由夏はとっさに「口述筆記のとき、わたしが感じたことを勘違いだって先生は言いましたけど、私はやっぱりよくわかりません」と発言。

しかし、それは長谷川ではなく谷村だったのです。

長谷川の父、谷村と出会ってしまった由夏。
一体この後はどのような展開になるのでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。