ネタバレ・感想

liar(ライアー)第126 話のネタバレと感想|めちゃコミ

「めちゃコミ」に掲載されている「liar」第126話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「liar」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

ネタバレ
liarライアー(漫画)・ネタバレ全話まとめ・最新話から最終回結末まで大人気コミック『liarライアー(漫画)』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『liarライアー(漫画)』のネタバレ内容...

 

liar・第126話のネタバレ

家庭教師の佐藤に勉強を教わっている薫ですが、佐藤が薫の解答を見て不思議がっていることに不安を覚えます。
佐藤が不思議がっていた理由は、薫の成績のことでした。しっかりと問題なく問題が解けているにも関わらず、赤点をとっていたからです。

返事を濁す薫は、あの時隼人のことであまり集中できなかったからだ。と心の中で呟きます。

そんな薫の反応に違和感を覚えた佐藤は、薫に高校に行きたくないからか。と聞きますが、もちろんそんなはずもないので薫は流します。

すると佐藤が薫に欠点がないから、という理由で悩み事を聞き出そうとするのです。

なぜそんなことを聞くのか。と思う薫でしたが、今あまりにも大きな悩み事を抱えている薫には佐藤が自分の心が見えてしまっているのか。と錯覚するのです。

母親と仲が悪いのか、学校でいじめられていないのか。と当てはまりそうな原因を述べていく佐藤。
恋愛だ。と当てたられた薫はぎくりとし、それをみた佐藤はアドバイスできることがあったらする。と薫からその恋愛の悩みを聞き出そうとします。

先生に彼女はいるのか。と聞く薫に佐藤はいる。と返します。
そして薫は、漫画でもドラマでも見たことのないこの展開をいくら彼女がいる佐藤だったとしても、解決出来るはずないと思い、言いたいけれども口を閉じてしまいます。

恋愛の悩み事を当てずっぽうでいう佐藤に、気付いて欲しいあまりに徐々にヒントを出していく薫。
それに対して佐藤は隼人のことを聞き出して、薫はそれをどう解決したいのか。と問います。
それを答えることの出来ない薫を無理に聞き出そうとせず、授業に切り替える佐藤。

佐藤に話して楽になりたい。と思ってしまった薫は、あの写真を佐藤に見せてしまうのです。



 

『liar』の最新話を無料で読むには?!

『liar』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

liar・第125話の感想

いや、まじで佐藤なにもの!!??
でも彼女いるんだよね?
いたとしてもこの年代なら別にあんまり深い意味もないし、いなくてもいるっていうこともあるもんね。
だからこそ何考えてるわかんなくてめっちゃ怖いですね。

薫がめちゃくちゃに危機的な状況に置かれている気がするんだけど、本当に大丈夫?ってなってます。
隼人が早く助けに来たとしても、いま信用が地の底にある彼なのでどうしようもないですね(笑)

なんかほんとに佐藤がうさんくさすぎて、そこしか気にならなかった、今回の回は(笑)
薫もめっちゃ気付いて欲しそうなオーラ出しまくってるから、そりゃ言いたくもなるわな。
あと、薫はまだちゅうがく中学生なだけで、もっとえぐい恋愛してる人いろいろいるから、異次元じゃないよ。て教えてあげたかったです(笑)

マンガ ネタバレ
liar(ライアー)第127 話のネタバレと感想|めちゃコミ 「めちゃコミ」に掲載されている「liar」第127話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバ...
error: Content is protected !!