ネタバレ・感想

ヌリタス〜偽りの花嫁~・第 22話のネタバレと感想|comico

「comico」に掲載されている「ヌリタス〜偽りの花嫁~」第22話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

ヌリタス〜偽りの花嫁~・第22話のネタバレ

ヌリタスは伯爵とバージンロードを歩いています。そこで伯爵に、”ロマニョーロの家の名誉を守るのはお前だ。”と言われ、王国初めての私生児公爵夫人だとバカにされてしまうのです。

それならいっそ、”命を懸けても名誉を守れ。と言われる方がまだよかった。”とヌリタスは思います。”自分の命掌握する人が伯爵から公爵になっただけで、きっと何も変わらない。“と何の期待も持たなくなってしまいました。

リードは伯爵から公爵へと移り、誓いの言葉を牧師が告げました。それに公爵は返事をします。騎士になり母と穏やかに暮らしたかっただけなのに、ヌリタスはそれを望むことすらできず、”はい。”と返事をするしかありませんでした。

なぜ自分はこんなところでドレスを着て結婚なんてしているんだろう…。

するとヌリタスは、悍ましいほどの憎悪を感じました。振り返ると自分を恐ろしい形相で見ていたアビオが居たのです。アビオは周りのことなど気にもせず、ぶつぶつと何かを呟いています。

公爵がヌリタスのベールを持ち上げた瞬間、周りの音が聞こえるような錯覚に陥りました。まるで処刑場に連れていかれる様な目をした花嫁がそこにはおり、表情が読み取れない彼女は”一体どれだけのものを抱えていたのか。”と公爵は考えるのでした。

しきたりで新婦は部屋で新郎を待っており、新郎は日が変わるまで客人をもてなすことになっているのですが、乾杯を終えた瞬間公爵は急いでヌリタスの元へと立ち去りました。

公爵を追いかけるセザールに、”客人が酔ってきたら馬車に乗って帰らせるのだ。”と命令をし、”明日は城に誰もいないようにするのだ。“と付け足しました。セザールは客人は1週間もてなさなければならない。と言いかけましたが、公爵に圧力と言う名の笑みを向けられ、逆らうことができませんでした…。

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

ヌリタス〜偽りの花嫁~・第22話の感想

いいね。とてもいいよ公爵!!!
にしてもほんとにロマニョーロ伯爵と伯爵夫人の性格が悪すぎる。もうちょっとソフトなキャラに出来なかったのかね。と思うぐらいイライラします(笑)

それに比べ公爵に仕えているセザールはいいキャラしてますね。もう公爵の傍若無人な要望を飲まざるを得ないシーンとても面白かったです。

公爵はこれからヌリタスを懐柔していくのかなぁ。それよりも前回も憎しみキャラでてたのに今回も出てくるの!?ってなりました(笑)アビオが出てきてもたよ。しかも普通にちょっと怖かったぜ…。

ベールを持ち上げた瞬間のシーン、とてもよかったですよ。なんだか公爵の想いとか、喋ってもないヌリタスの感情がいっきに読み手に襲ってきました。

マンガ ネタバレ
ヌリタス〜偽りの花嫁~・第 23話のネタバレと感想|comico「comico」に掲載されている「ヌリタス〜偽りの花嫁~」第23話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが、ネ...
error: Content is protected !!