ネタバレ・感想

Sisterシスター・最新39話のネタバレと感想

まんが王国で話題の漫画「Sister」第39話のネタバレと感想です。

Sisterシスター・最新39話のネタバレ

高校時代の沙帆。
陽佑と初めて出会います。一緒に過ごす2人。

「ようすけ」…父と同じ名前。雰囲気も何となく似ています。
話していると互いに映画が好きなことが分かりました。

彼が大好きな作品は「わが谷は緑なりき」。理想的な家族を描いたもので、父が大好きだった作品です。

 

【回想】

父はその映画を観ると心が温かくなると言っていました。幼い沙帆は、理想の家族になれるよう頑張ると伝えます。
それからの父と沙帆は折に触れてその映画を観てきました。父と同じイメージをもてることがとても嬉しかった沙帆…。

時が過ぎ、入院中の父。
高校生になった沙帆は父の見舞いに来ています。借りてきた映画を一緒に観ようと誘いますが、そんな気分にはなれないと拒絶する父。

それを聞いて青ざめる沙帆。心の中で父との距離が離れてしまったことに気づきます…。

 

 

【現在】

はっ!

陽佑に名前を呼ばれ我に返る沙帆。
その映画をいい映画だと答えます。

病気が治った母親と兄弟が抱き合うシーンが好きだと言う陽佑。それも父と好んで観ていたシーンでした。
それを聞いて幼い自分と父の姿を思い出しました。

その後、別れる2人。
沙帆は陽佑にお礼を言い、楽しかったと伝えます。
遠ざかる陽佑の姿を見送りながら父に語りかける沙帆。彼が洋介(父)の新しい魂の器だと…

その後、2人は再び出会います…

沙帆24歳の秋。
父の病室で陽佑からの容態を聞くメッセージを見ています。
医療器具につながれている父を見て、今夜が山だろうと返信する沙帆。父の手に触れ話しかけます。

陽佑になって生きてくれることに感謝している、嬉しいと。
そして何故か、今度こそずっと一緒にいようと伝えます。洋介さんと呼び、抱きついて別れを告げます。

この後沙帆は自分の手で吸気のスイッチを切ります…

容態の急変を告げる医師。洋介は亡くなりました。凪沙が遺体にすがって泣き叫んでいます…

体を縛られ小刻みに震えている凪沙。
今の話が自分と父と陽佑の全てだと言う沙帆。

凪沙は、沙帆に父を殺したのかと確認します…

Sisterシスター・最新39話の感想

私にとってはかなり興味深い作品です。「陽佑」が「洋介」の魂の器であると信じるなら、沙帆が父の肉体を死なせた理由も分かる気がします。

肉体が死ねば魂が陽佑に移ると考えられるからです。2度巡り合った沙帆と陽佑。強い絆か何かで引かれあっているのでしょうか?

そう考えると、沙帆自身も魂の転生者かもしれません。そして、凪沙の存在にはどんな意味があるのでしょう?体を縛られた彼女の運命は?果たして陽佑はどうするのでしょうか?

Sisterシスター・最新39話を読むには?!

SNSで大人気の「Sisterシスター」は『まんが王国』だけで読むことができます♪
無料会員登録すると、半額クーポンが付いてくるので是非チェックしてみて下さいね!

まんが王国で読む



コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。