BE LOVE

私たちはどうかしている・第16話のネタバレと感想|BE LOVE



「BE LOVE」に掲載されている「私たちはどうかしている」第16話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「私たちはどうかしている」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
私たちはどうかしている・漫画ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】BE LOVEで連載中の大人気コミック『私たちはどうかしている』のネタバレ・感想をまとめました。 ドラマ化してさらに注目されている...

私たちはどうかしている・第16話のネタバレ

七桜に惹かれていると言って、七桜が本当に「さくら」ではないことを確かめる椿。
初恋の相手である椿から気持ちを告げられて、自分たちが普通なら、きっと幸せだったはずなのにと七桜は考えます。

もし本当のことを言ったら、椿は真実を確かめるために協力してくれるのかもしれない…。

一瞬迷いますが、母親のために覚悟してきたのだと強い気持ちを持って「さくら」ではないと断言します。

 

「さくら」は物陰に隠れて、いつも恥ずかしそうにしてる子で、七桜のように真っ直ぐに自分を見たりしなかった。
そんな七桜の瞳が好きなのだと言って、椿は七桜にキスをします。椿は七桜を信じることに決めたのでした。

 

それからはひたすら茶会の準備で、お菓子作りを巡って椿とぶつかりあう日々。
そんな中でも、ふとしたやりとりや言葉から、椿は本当に「さくら」ではない自分のことが好きなのだと実感します。

 

お菓子作りに試行錯誤をしていると、城島がやってきます。
七桜にお茶を差出し、手伝えることがあったら言ってほしいと言う城島。

そして、”落とし文”には”親への想い”という意味の他に、”隠された想い”という意味があり、こっちの方がロマンチックで好きだと言うのでした。

城島が立ち去ると、七桜は厨房で眠ってしまいます。そんな七桜の様子を物陰に隠れて見ている何者かがいるようです。

そして、お茶会の日。

椿は大旦那・宗寿朗の分だけは自分で作らせてほしいと言います。七桜は宗寿朗と何があったのかと真剣な表情で聞くのでした。

その頃、七桜の母親を演じた女性・夕子はお店で常連客の接客中です。

お店の扉を気にしている様子に、常連は誰かを待っているのかと聞きます。すると、そこにやってきたのは、なんと今日子でした。



 

『私たちはどうかしている』の最新話を無料で読むには?!

『私たちはどうかしている』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

私たちはどうかしている・第16話の感想

椿に気持ちを告げられてから、七桜の心が大きく揺れていますね。初恋の相手から好きだと言われれば、本当だったら泣きたいほど嬉しいですもんね。でも七桜はそんな気持ちを押し殺して、自分のことも嘘で塗り固めて戦っていかないといけないなんて…。相当精神的に辛そうです。

そんな七桜は常に誰かに見張られています。厨房で寝ている七桜を見張っているのは誰なのでしょうか?まあ、大体の予想はつきますけどね(笑)どうせ今日子なのだろうな、と。今度は何を企んでいるのでしょうか…?このタイミングだと、お茶会の邪魔をしてきそうな気がします…。

そして今日子が向かったのは、なんと夕子のお店でした!どうやって場所が分かったのか…。怖すぎますね。目的は七桜の母親ではないことを確かめることだとは思いますが、夕子が上手くかわしてくれることを願います!

https://manganista.net/watashitachihadoukashiteiru17/