BE LOVE

私たちはどうかしている・第20話のネタバレと感想|BE LOVE




「BE LOVE」に掲載されている「私たちはどうかしている」第20話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「私たちはどうかしている」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
私たちはどうかしている・漫画ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】BE LOVEで連載中の大人気コミック『私たちはどうかしている』のネタバレ・感想をまとめました。 ドラマ化してさらに注目されている...

私たちはどうかしている・第20話のネタバレ

椿と七桜の”落とし文”を食べる人々は、おいしいと皆笑顔になります。

しかし、宗寿朗一人だけがお菓子に手を付けず、何かを係の方にお願いすると、係の人が宗寿朗のお菓子を持って行ってしまうのでした。

無事にお茶会が終わると、宗寿朗に食べてもらえなかったことを悔しがる七桜。
そんなのは分かっていたことだと椿は強がって微笑みます。

その後、七桜はあの手紙の男に詳しい話を聞かなければと、もう一度お茶会の会場へと戻ります。

しかし、既に皆帰ってしまっていて、そこにいたのは亭主のみ。
亭主曰く、あの男はいろんな事業も手広くやっている、この辺り一帯の地主なのだそう。

ふと外を見ると、あの男が庭にいるのを見つけた七桜は、急いで呼び止めます。
男の名前は多喜川

今日の光月庵のお菓子がお母さんと同じ味がしたことから、七桜が作ったのだろうと言います。
七桜の母親のお菓子のファンだと言う多喜川は、父親に連れられて初めて光月庵に行ったとき、七桜の母親に会ったのでした。

 

昨年父親が亡くなり、その時に手紙を頼まれたのだそうで、経緯は分からないものの、どこかにいる娘さんに渡してほしい、そして力になってやってくれと言われたのだと言います。

最後に、もう一度また家族の味がするお菓子を食べられてよかった、七桜がお菓子を作り続ける限り自分が七桜を見守っていると言って、去ってしまうのでした。

 

亭主にお礼を言う椿と七桜。
椿は、一つ食べ残された宗寿朗のお菓子をできれば持ち帰りたいと申し出ますが、亭主からは宗寿朗がお菓子を持ち帰ったのだと告げられます。

光月庵に帰ると、茶室で一人椿の”落とし文”を食べる宗寿朗。
「まだまだだな」と言う宗寿朗をこっそりと見つめていた椿は、涙を流すのでした。

 

その後、椿は部屋へ戻ると七桜にお礼を言います。
全部自分のものにしたいくらい七桜が愛しいと言うと、二人は再び身体を重ね合わせます。

 

その頃、誰かと話す今日子。
お茶会のお菓子の変更を伝えなかったのはあなたなのだろう、と言います。

なんと、その人物は城島で、いつも涼しい顔をしている椿の絶望した顔を見たくなったのだと笑うのでした。




 

『私たちはどうかしている』の最新話を無料で読むには?!

『私たちはどうかしている』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

私たちはどうかしている・第20話の感想

椿と宗寿朗の関係が良い方向に向かいそうで本当によかったですね!(涙)ようやく分かりあえたことに感動してしまいました。

そして、大事なお茶会を一緒に乗り越えた椿と七桜の絆が深まりましたね。この二人の関係は今後どうなっていくのでしょうか?

また、七桜に母親の手紙を渡した男・多喜川の正体が分かりました!もっといろんなことが分かるのかなと期待していたのですが、父親から受け取っただけだったんですね…。少し残念ですが、やはり七桜の協力者だったのだと分かって一安心です!

今回の驚きポイントは、何と言っても城島ですね~!なんであんなに優しそうな城島が今日子なんかに協力しているのかと驚きました!椿に恨みがあるようですが、一体過去に何があったのでしょうか?

https://manganista.net/watashitachihadoukashiteiru21/