ネタバレ・感想

私たちはどうかしている・第24話のネタバレと感想|BE LOVE




「BE LOVE」に掲載されている「私たちはどうかしている」第24話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「私たちはどうかしている」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
私たちはどうかしている・漫画ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】BE LOVEで連載中の大人気コミック『私たちはどうかしている』のネタバレ・感想をまとめました。 ドラマ化してさらに注目されている...

私たちはどうかしている・第24話のネタバレ

男に掴みかかられた城島を庇いに入る七桜。
男は城島の店の借金を返してもらいたいだけだと言って去っていきました。

お店に何があったのかと聞く七桜。城島は、実は今父が病気で店を開けられないから、維持費のためにちょっと借りたものの、なかなか返すのが追いついていないのだと微笑みます。

城島が店に戻って手伝ってはどうかと言う七桜に、名物のわらび餅は父に作れないから無理だと言う城島。

城島が何かを隠していると感じながらも、これ以上聞いても何も答えてくれないだろうと思った七桜。
それでも、城島が語った夢が嘘だとはどうしても思えないのでした。

その翌日、七桜は城島の父親のわらび餅を作ろうと試行錯誤します。

初めに試食してもらったものは全然違うとの評価。とりあえず、自分に関心が引けると考えた城島は、早く七桜を落とそうと企みます。

 

一方、多喜川に調べてもらい「しまや」が城島の実家であること、母親が中央病院に入院しているとの情報を得た椿。
このまま城島に振り回されてたまるかと、城島の母親を訪ねます。母親は椿を見るや否や、息子が何かをしたのかと何度も謝罪します。実はしまやはずっとギリギリの経営状況で、城島の父親は自分の全てであるお店を絶対潰したくないと、借金をしてそれまで以上に働いていました。

そんな時に、四越の催事の話が。そこで一番売上を出せれば、商品を一年中おいてくれるらしいと喜ぶ父親の笑顔を見て、母親も城島も死に物狂いで準備します。

しかし、当日になるとなぜかわらび餅が地面にばらまかれ、代替のお菓子を用意しますが、結局売れたのは三個のみ。

もう一度チャンスが欲しいと必死にお願いする城島のもとへやってきたのは椿でした。

食べてもらえるときに最高のものを出す…そんな当たり前のこともできないから、一流になれないのだと言い放ちます。悔しがる城島。

そして、ばらまかれたわらび餅の傍に「光月」と書かれた袱紗が落ちているのを見つけたのでした。お金を返す目途も立たなくなった父親は絶望し、心身ともに疲れ果てて、ある日厨房で倒れて亡くなってしまいます。
その時、城島は壊れてしまったのだそう。

何かをやらかす前に城島を光月庵から追い出してくれ、城島には純粋にお菓子を作ってもらいたいのだと、椿に必死にお願いする母親。

そこへ城島が現れ、立ち去ろうとする椿に七桜が自分と椿のどっちを信じると思うかと挑発します。

椿は城島だろうと言うと、自分が七桜結婚するのはあくまで店の利益になりそうだからだと言うのでした。




 

『私たちはどうかしている』の最新話を無料で読むには?!

『私たちはどうかしている』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

私たちはどうかしている・第24話の感想

城島のお父さんの話は悲しすぎますね。
やっと巡ってきたチャンスだと、とっておきのわらび餅を家族で協力して作ったのに、何者かに台無しにされてしまうなんて、悔やみきれないと思います。

しかもそれが原因でお父さんが亡くなってしまったなんて。
七桜と似た体験を城島はしたのですね。それに、椿の言い方がとてもムカつきます。事情も知らないで、何故あんなに人を見下した言い方ができるのかと思います。
私が城島の立場でも、こんなことがあったら全力で光月庵に復習しようと考えたでしょうね…。

それにしても、お母さんの城島を想う気持ちが伝わってきて、悲しい気持ちになりました。どうかその想いが叶って、城島がまた楽しくお菓子作りをできるといいなと思います。

https://manganista.net/watashitachihadoukashiteiru25/