BE LOVE

私たちはどうかしている・第26話のネタバレと感想


「私たちはどうかしている」第26話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「私たちはどうかしている」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
私たちはどうかしている・漫画ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】BE LOVEで連載中の大人気コミック『私たちはどうかしている』のネタバレ・感想をまとめました。 ドラマ化してさらに注目されている...

私たちはどうかしている・第26話のネタバレ

七桜は椿くんのことが好きなの?という問いに頷く七桜。

あのとき、一瞬お母さんが困った顔をしたのを思い出しました。

 

おめでたですか?そのように聞いてくる松原さんに七桜は慌てて否定します。

でも、本当にそうだったら?

もし、そうだったら椿はどんな反応をするのだろう…

 

七桜は覚悟して嘘までついたのに結局いまだに真実を見つけられないまま、椿の一言、一言に傷つく自分にくだらないと思うのです。

 

しかし、椿を見ていると、結局小さいころから何も変わらず、どうしようもなく彼が好きなのだと自覚するのでした―――。

 

七桜は作業中ずっと松原さんの言葉が脳裏に浮かびます。

すると、突然女将が練りの途中で火を消してきました。

 

七夕の催事に出すのは、光月庵の御菓子のみであり、七桜が作ったものは出すわけにはいかないと言うのでした。

七桜は女将の言葉を無視し、御菓子を作り続けます。

 

そんな七桜が気に食わなく手を上げようとした女将を椿は止めます。

女将はバツが悪そうに厨房を出ていきますが、練っていたものはどのみち使いものにならないものに…。

七桜は、うわの空にならないようにちゃんと確認しようと妊娠検査薬を試すのでした―――。

一方、女将は城嶋に母親の入院費を渡すとまたもお願い事を頼み…。

 

 

催事前日。
できあがったわらび餅を椿に食べてもらうと、3年前と同じ味だと絶賛しました。

嬉しい表情をする七桜に、椿は心配事はなくなったんだなと言います。

七桜は今はこれに集中したいと言い、七夕が終わったら話がしたいと言うのでした―――。

 

 

夜。
わらび餅が置いてある厨房で一人、城島が立っていました。

そして、持っていたヘラを高く振り上げ…

 

 

翌朝、厨房を見ると床に散らばったわらび餅。

従業員が困惑していると、光月庵の御菓子を持った女将が入ってきます。

 

 

くやしい…負けたくない…

七桜はその思いで自分の作ったわらび餅を出すと言い放つのでした―――。



 

私たちはどうかしているの最新話を無料で読むには?!

『私たちはどうかしている』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

私たちはどうかしている・第26話の感想

七桜が光月庵に入ってきて、何かと邪魔をする女将ですが、よくここまでするなと思います。
七桜の御菓子作りの邪魔をしたり、城島の弱みにつけこんで邪魔をさせたり…

自分の手は汚さないあたりこわいですね…
そんなに光月庵が大事なのでしょうか…。それとも七桜だから邪魔をしたくなるのでしょうか…。
まだ、七桜の母親が殺人をしたと思っているからその娘も憎いのでしょうかね…。
確かに気持ちは分かりますが…

そんな女将に対しても強気な七桜はすごくかっこいいです!
わらび餅をダメにされて七夕を迎えますが、わらび餅を出すと言う七桜…何か秘策はあるのでしょうか?

https://manganista.net/watashitachihadoukashiteiru27/