Love Jossie

きみは面倒な婚約者・第13話のネタバレと感想|Love Jossie Vol.84

2021年10月6日発売の「Love Jossie」84号に掲載されている「きみは面倒な婚約者」第13話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

きみは面倒な婚約者・第13話のネタバレ

橘は9時過ぎに、それも3日間の地方出張を終えたあとの空港で牛島からの知らせを聞きました。柴乃が定時に帰って来ておらず、社長の携帯に”家に戻らない。”と留守電が入っていたことによって家出が発覚したのです。

牛島は”最近会社で噂が流れていることを知っているか。”と橘に問います。橘と柴乃が結婚するという話は内密にしているのですが、どうやら”社長令嬢がもうすぐ結婚する。“という噂が出回っているようです。

“相手は有名菓子メーカーの社長子息。超ハイスペックな男だが不細工かもしれない。”という内容の噂でしたが、橘は”自分はイケメンだ。”と否定した後、”柴乃は自分ではない誰かと結婚させられると思い込んで家出をした。”と勘付きました。

そして牛島は”早く柴乃に説明をして、責任を持って連れて帰ってこい。”と電話を切ったのです。実は橘は柴乃に、自分の置かれている立場を説明していませんでした。

携帯に柴乃からメッセージが入ります。”自分の家にいるのか。”と尋ねた橘に”家にいる。”と嘘をついた柴乃。そんな柴乃に橘は電話をかけ、”家出しているのでしょう。”と問いかけます。

“どこかの誰かと結婚させられる。”と慌てる柴乃に対し、至って冷静な橘。柴乃は橘に、”橘以外は考えられないから、父が考えを変えるまで身を隠す。”と決意表明をします。その身を隠す場所とは橘の家で、ちょうど家に帰ってきた橘と鉢合わせた柴乃は、”なぜ気付いたのか。”と驚きます。

迎えてくれた柴乃を抱きしめる橘。”柴乃に本当のことを言わないで疑似逃亡生活を楽しもうか。”と橘は考え、”駆け落ちしようか。”と言い出します。しかし柴乃は”それは違う。”と否定しました。橘が誰よりも素敵な人だと、父にわかって貰いたいようです。

“父に橘の素敵なところをプレゼンします。”と真顔で答えた柴乃に橘は突然笑いだし、”自分のどんなところをプレゼンしてくれるのか。”とからかいます。プレゼンし始めた柴乃を止め、橘はあることを柴乃に伝える決心をします。

柴乃の父が結婚させようとしている御曹司は、自分だ。“と…。

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

きみは面倒な婚約者・第13話の感想

この漫画、まじで究極的に大好きな漫画なんですよ。
連載してちょっとしてからすんごくいい。って言う評判を聞いて、読んで、読んで読んで、止まらなくなりました。

だからまぁ続編が連載されるんでしょうけどね!だってめっちゃいいから!

橘のかっこよさはもちろんなんですけど、本当に柴乃がたまらんのよ。どんだけ橘のこと好きなんだ。って思うんですけど、また驚くことにそれ以上に橘は柴乃のこと好きなんです。

柴乃の存在があまりにも真っすぐすぎて、自分が御曹司だと言い出せない橘が本当に人間らしくて、橘以外と結婚するなんてありえない。だから「プレゼン」する。って言いだすちょっと不思議な柴乃のアンバランスさがたまらないんですよね。

error: Content is protected !!