ネタバレ・感想

オフィーリアが公爵家を離れられない理由・第25話のネタバレと感想|comico

「comico」に掲載されている「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」第25話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

オフィーリアが公爵家を離れられない理由・第25話のネタバレ

“公爵が亡くなったことは残念だが、これでさらにアレクが自分のことを必要としてくれる。”そう思いながらベッドシーツを整えるヘンリエッタ。

戻って来たオフィーリアを笑顔で迎えた後、オフィーリアの口紅が擦れていことに気付き”どちらへ行かれていたのですか。”とヘンリエッタは尋ねます。

“アレクの部屋だけど。”と言われ心臓が高鳴るヘンリエッタ。”もしかしてオフィーリアは、公爵家に居座るつもりなのではないか。”と思い始めます。

“自分がオフィーリアのせいで寝込んでいる間に、アレクと一晩一緒にいた。”その事実にイライラしてしまうヘンリエッタですが、アレクと廊下ですれ違った瞬間、アレクのシャツが乱れていることに気付きました。

違和感を感じ”お久しぶりです。”と声をかけたヘンリエッタに、アレクは見向きもしません。

アレクを何度呼び止めても、まるでそこにヘンリエッタが居ないかのようにアレクは自分の部屋へと向かい、扉を閉めてしまうのでした。

“なぜこんなに冷たくなってしまったのか。自分がもう必要ではなくなったのか。”自問自答しても答えは出てこず、ヘンリエッタはアレクの部屋へと入り”話を聞いて下さい!”と主張します。

そんなヘンリエッタに”入っていいと言った覚えはないが。”と冷たく突き放したアレク。

ヘンリエッタは捨てられるぐらいなら最後の最後まで自分を見ていて欲しい。と思い、必死に”アレクは誤解をしている。なぜなら馬車に細工をしたのは私だから!”と叫びます。

“そこまでして関心を引きたいのか。”とアレクはヘンリエッタが恐怖を覚えるほどの目で睨み、使用人を呼びます。

“本当なんです!”と叫んだヘンリエッタの言葉も虚しく、使用人たちにアレクの部屋から連れ出されることとなってしまいました…。

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで最大50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

オフィーリアが公爵家を離れられない理由・第25話の感想

まって、朝まで何をしていたのか教えてくれないか!?
そこはおいおいなんだろうけど、イチ読者としてはとてももどかしい気持ちになりますね(笑)

とりあえず、ヘンリエッタが狂気染みていることだけは理解しました。

例え自分が殺されてもいいから、最後まで見て欲しいし、処刑もあなたがして欲しい。だってあなたの目に私が映るのなら。ってことでしょ?めっちゃ怖いやん…。

みなさんコメント言ってますが、私もそう思います。なぜヘンリエッタが馬車に細工をしたのか中々動機がわかんないんですよね。確かにしっくりこない。

これでヘンリエッタ捕まって、はいハッピーエンド!ってわけにもいかなさそうなんで、まだまだ続きそうですね。

とりあえず次次!

オフィーリアが公爵家を離れられない理由・第26話のネタバレと感想|comico「comico」に掲載されている「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」第26話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっ...