ネタバレ・感想

誓い合えない私たち・第8話のネタバレと感想|めちゃコミック


 
 

「めちゃコミック」に掲載されている「誓い合えない私たち」第8話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「誓い合えない私たち」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


誓い合えない私たち・第8話のネタバレ

ぐずぐずしていると結婚願望がある男性に彼女を獲られてしまうぞという千穂からの的確な指摘。

亮はそれを聞いて、そういえば彼女の同僚の男性から「彼女に告白してもいいですか?」と言われたことがあるのを思い出しました。

しかし亮はその時そんなの勝手にすればという感想しか抱かなかったそうです。

千穂は彼女が口説かれても気にならないのかと尋ねますが、彼女は自分に一筋だから全く気にならないと超が付くほどのナルシスト発言をさも当たり前のごとく言ってのける亮です。

千穂はそんな亮を呆れ顔で見ながら、改めてやっぱり苦手な人だなと思うのでした。

亮はモヤモヤを吹き飛ばすかのように、さーて午後もお仕事頑張りますか!と気合を入れます。

千穂がいると仕事も心強いと付け加える亮。

千穂はその一言が何気に嬉しくてたまりませんでした。
これまで出会った男たちは、仕事をしている自分を良く思わなかったり、仕事を応援はしてくれてもだんだんと紐男化していったりと…「仕事が好きな自分」に理解を示してくれない人ばかりだったのです。

しかし亮はバリバリに仕事をこなす女である自分を認めてくれる数少ない男でした。
もしかしたら自分には亮のような男がお似合いなのかもしれない…と考えだす千穂。

そう思うも、亮だけは絶対に可能性は無いな…と千穂はぼんやり考えます。

 

 

その日、美久はいつものように手料理を作って亮の帰宅を待っていました。
しかし待っている間に考えているのは、水越のことです…。

水越に告白されたことを思い出すと恥ずかしくて顔が真っ赤になってしまいます。

これまでずっと亮にしかドキドキしてこなかった美久。
告白なんてされたのは実に10年ぶりのことでした。

水越にドキドキすると同時に、亮に対する罪悪感が湧き上がってきます。

この気持ちこそ「浮気」なのではないか…そう考える美久。

すると亮から電話がかかってきます。
彼はなんと唐突に、近くにいい店を見つけたから食事に行こう!と言い出してきました。

美久は料理をすでに作ってあると言いかけますが、亮は一方的に話を進めてしまいます。

美久は微妙な気持ちのまま支度を整えて、亮に指定された店へと向かうことにしました。

食事中、亮は最近ケンカが増えたことをリセットしたいと言い出してきました。
“美久とはこれまで通り仲良くやっていきたい…愛しているから”

そう笑顔で仲直りを求めてくる亮。

美久はその言葉を聞いて…なぜか放心状態です。
なぜならこの時、今までなら絶対に嬉しいと感じた亮からの愛の言葉が、全く心に響かなくなっていたからでした…。

 

美久は亮に、冷めてしまったのです。

 

 


 

『誓い合えない私たち』の最新話を無料で読むには?!

『誓い合えない私たち』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

誓い合えない私たち・第8話の感想

ついに美久が亮に冷めてしまった瞬間です!
亮は千穂に言われてちょっと焦りを感じたのか、美久を食事に誘って仲直りを計ってきたみたいですね。
でもその誘いもなんだか強引な感じだったし、美久の手料理は全く無駄になってしまったわけだし…普通なら怒っていいところですが美久はちょっとお人好しすぎますね。
お人好しすぎるからこそ、亮がここまで鈍感で気遣いできない男になってしまったのでしょう。


error: Content is protected !!