BE LOVE

私たちはどうかしている・第33話のネタバレと感想|BE LOVE




「私たちはどうかしている」第33話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「私たちはどうかしている」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
私たちはどうかしている・漫画ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】BE LOVEで連載中の大人気コミック『私たちはどうかしている』のネタバレ・感想をまとめました。 ドラマ化してさらに注目されている...

私たちはどうかしている・第33話のネタバレ

店の跡取りのことをはっきりさせるため、大旦那の部屋に向かう女将の今日子。

そのころ、大旦那は遺言書を書いていたのでした。

 

すべての財産を高月椿に相続させる。

ただし、高月家の血を引く孫が現れた場合はその孫がすべての財産を相続する―――。

 

今日子は遺言書の内容を聞いて焦ります。

光月庵を相続するのは椿だけ!と叫びますが、大旦那は聞く耳をもたない様子でした。

 

 

うなだれるような暑さの中、茶会がやってきました。

毎年、光月庵の総設備がある風炉の季節に催す茶会。

大勢のお客様がやってきて茶会が開かれます。

そして今日はあの部屋の鍵が開く日―――。

 

絶対にチャンスを逃さないように七桜は集中していました。

栞と椿の姿を見た客人たちは、2人の方がお似合いなのに…とひそひそと七桜に皮肉を言っていましたが、そんなところを助けてくれたのはなんと大旦那!

七桜は一瞬正体がバレてしまったのかと心配になるのでした。

 

主菓子を出し終わると中立ちとなり、後座の準備に入ります。

そんな中、今日子は大旦那の部屋であるものを探していました。

それは遺言書。

 

しかし大旦那はそんな女将の行動を見抜き、自分で持っていたのです。
遺言書を探す今日子の目の前に立つ大旦那。

大旦那は今日子に疑惑を抱いたのもこんな夜だったと話します。

 

25年前、今日子を見て蝶のように美しく聡明で光月庵の顔になったらよい女将になると思っていた大旦那。

なぜ裏切ったのかと聞く大旦那に今日子は言い返します。

 

旦那である樹は一度も自分を愛してくれなかった…たった一度も…

そして、大旦那が持っている遺言書を勢いよく奪おうとします。

 

その反動で、大旦那は机に頭を強打し意識を失ってしまいます。

一瞬叫ぼうとした今日子ですが、何も言わず部屋を後にしました。

ろうそくが倒れていることに気づかないまま…

 

ハッと悪寒が走る七桜。

後座の準備をしているはずの大旦那がいません。

 

まさか…

七桜は急いで旦那の部屋に向かいます。

ゆっくりと扉を開けた瞬間…そこにいたのは今日子でした…。

そこで、昔の記憶を思い出すのです。

 

そうだ…あの事件があった時、女将の今日子も…




 

私たちはどうかしているの最新話を無料で読むには?!

『私たちはどうかしている』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

私たちはどうかしている・第33話の感想

なんか…急展開すぎて…すごく面白いです!
以前、父子鑑定書で椿の本当の父親は樹ではないと分かっていましたが…
まさか、他の男性と抱き合っているところを大旦那は見ていたのですね…。
だから本当の孫ではないと言っていたのでしょうね。

そして、「さくら」の存在…。
もしかしたら御菓子を食べた瞬間なんとなく感じていたのでしょうか。
それとも、七桜は「さくら」について何か知っていると思ったのでしょうか…
きっと大旦那にとっては代々継いできた光月庵を、自分の代で終わらせたくないことに必死なのでしょうね。本当は優しい人なのかもしれません。

どんどん、七桜の記憶も戻ってきていて…
一歩ずつ真実に近づいてきていて、早く続きが読みたくなりました!

https://manganista.net/watashitachihadoukashiteiru34/