BE LOVE

私たちはどうかしている・第36話のネタバレと感想|BE LOVE



「私たちはどうかしている」第36話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「私たちはどうかしている」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
私たちはどうかしている・漫画ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】BE LOVEで連載中の大人気コミック『私たちはどうかしている』のネタバレ・感想をまとめました。 ドラマ化してさらに注目されている...

私たちはどうかしている・第36話のネタバレ

急に倒れてしまった七桜を見つけた城島。

急いで七桜を部屋の外へと運んでいきました。

声が出ないほどお腹がズキンズキンと痛む七桜でしたが、あの部屋で椿を待っているの!と訴えていました…。

 

2日後―――。
病室で目を覚ました七桜。
隣にいたのは夕子でした。

火事…その言葉を聞いた瞬間、椿のことが頭をよぎります。
店は無事だったものの母屋は全焼。亡くなった人はいなかったそうです。

それを聞いて安心する七桜でしたが、その瞬間お腹に痛みが走ります。

赤ちゃんは…

バツの悪そうな夕子の顔を見て七桜は気づきます。

 

ダメだったんだ…天罰が下ったんだ―――。

 

七桜は椿を思い浮かべます。

あのあと部屋に戻ってきたのか…自分がいないことにどう思ったのか…

 

1日がたって、病院でご飯を食べているとふとテレビに火事のニュースが流れました。
そこでは、市の文化財にも指定されている型や道具も無事だったと報道されていました。

 

そして、若旦那が命がけで守ったのだと…

その瞬間手に力が入らなくなり、箸を落としてしまいました。

椿はあれを守ったんだ…

七桜は屋上へ向かいました。

 

そしてお母さんに何も出来なかったと泣きながら謝るのでした…
そこへ小さい女の子が。

お腹すいた?と聞いてくる女の子は自分の持っている御菓子を七桜にあげます。

食欲はなかったが、断れず口に入れた瞬間、涙が溢れ出てきました。

 

そんな様子を見ていた多喜川。
七桜にこれからどうしたいと問うのでした。

七桜は御菓子を作りたいとまっすぐ言うのです。

戻りたい…あの頃に…

全部忘れよう…大丈夫…忘れられる…と強く、強く思うのでした―――。

 

 

 

時は流れ3年後。

五月雨亭にて―――。

山口が茶亭で来年1年間出す御菓子は光月庵で良いかと話をしていると、別の店に決まってしまったと言います。

 

その店の名は花がすみ。

そこは七桜が働いている店なのでした―――。



 

私たちはどうかしているの最新話を無料で読むには?!

『私たちはどうかしている』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

私たちはどうかしている・第36話の感想

すごく悲しいお別れですね…。
結局、椿は七桜よりも光月庵を守った…七桜が待っているかもしれないあの部屋には戻らなかったということですもんね…。
しかも、お腹の赤ちゃんは亡くなってしまった…。
これは嘘をついた天罰なのでしょうか…。
すべて七桜が悪いとは思えません。私自身、女将の思い通りになっているようで…ちょっと許せません!

憎しみは憎しみを呼ぶと言われていますが、七桜は女将の事を憎く思わないのでしょうか。
それ以上に自分を責めている気がして…なんだかこちらが泣きたくなってしまいました。

しかし、3年後の七桜はとても凛としていて…
いまの光月庵には消えてもらう…それはどうゆう心情なのでしょうか。

次から新章突入です!!是非、チェックしてみてください!!

https://manganista.net/watashitachihadoukashiteiru37