BE LOVE

ギルティ (漫画)・第27話のネタバレと感想

少女漫画 ネタバレ

「BE・LOVE」で掲載されている「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」第27話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の最新話が無料で読めちゃいます!

ネタバレ
ギルティ(漫画)ネタバレ・あらすじ感想まとめ【最新話から最終回の結末まで】大人気コミック『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦が...

 

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~・第27話のネタバレ

忽然と姿を消してしまった蛍太。

一同は蛍太が誘拐されてしまったのではないかと顔を真っ青にします。

秋山は自分も外に蛍太を探しに行くと言い出しました。

美和子は引きとめようとしますが、秋山は美和子を若菜に託し、そのまま行ってしまいます。

 

若菜は、自分が蛍太から目を離してしまったことを悔いていました。

若菜は爽に電話をかけます。

そして、蛍太を連れ去ったのはまさか瑠依じゃないよね…と言いだし、爽は絶句してしまいました…。

秋山が警察に向かった後、瑠衣の家に向かったと聞き、爽もその後を追うことにします。

さらに若菜は、瑠衣のことを全て秋山に話してしまったことも告白します。

この事件の黒幕が瑠衣だったならば…秋山がきっと壊れてしまうということも伝えました。

秋山が瑠衣の家の前で立ちすくんでいると、そこへ爽が追いついてきます。

もし蛍太の身に何かおきていたら…そう思うと足が動かなくなってしまったという秋山。

 

 

爽は秋山の頬を叩き、しっかりしなさい!父親でしょ!と声を荒げます。

その言葉でハッとした秋山は、ようやく爽と共に瑠衣の部屋へ乗り込む決心がつきます。

しかし部屋にいってみると、そこはすでにもぬけの殻。

 

 

蛍太はおろか手掛かりひとつ残されていない部屋を見て、秋山は絶望し崩れ落ちます。

その時、秋山のもとに警察から電話が入ります。

なんと、蛍太が見つかったというのです!

迷子になった蛍太は現在近くの交番に預けられているとのこと。

秋山はそのことを電話で若菜たちに伝え、急ぎ蛍太の待つ交番へと向かいます。

 

秋山が到着すると、そこにはベソをかいた蛍太が保護されていました。

秋山に叱られた蛍太は素直に謝り、事件は事なきを得たように思えたのですが…。

 

 

爽には一つの疑念が残っています。

それは、一体誰がここまで蛍太を連れてきたのかということです。

爽が蛍太にそれを尋ねると、蛍太は一言「おにいちゃん…」とだけ答えます。

一瞬、睦月の顔がよぎる爽ですが、警察から“蛍太を連れてきたのは募金活動をしていた中学生たち”だということを知らされ、これは杞憂かと思うに留まります。

 

その中学生達は別の場所で「あの子はママに会えただろうか」と蛍太の話をしていました。

するとそこへ1人の女性が近づいてきて、一万円を募金してゆきます。

その女性とは、瑠衣でした―――。

彼女は微笑みながら「きっと会えたと思うよ、ママに」などと言います…。

 

その夜、美和子のもとに瑠衣から電話がかかってきます…。

しかも瑠衣は、蛍太に“本当のことをいろいろと教えておいてあげましたからね”といって電話を切ってしまいました。

急いで蛍太に確認しようとする美和子…。

蛍太に本当は今日誰かと一緒にいたのかと問い詰めると、蛍太は話しにくそうに黙りこくってしまいます。

しかし次の瞬間、蛍太の口から出た言葉は衝撃的なものでした。

ママは、どろぼうさんなの…?

 

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~の最新話を無料で読むには?!

『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~・第27話の感想

あっちこっちに展開して目まぐるしい回となりましたね。
ラストシーンはなんだか胸がギュウッとなってしまうようなセリフが飛び出しました…。
自分が悪いことしてるわけじゃないのに美和子の気持ちに感情移入してしまって…w

美和子は蛍太の本当の母親ではないのでしょうか?
もしかしたら瑠衣が蛍太の本当の産みの親なのかもしれません。
「どろぼうさん」…一体なにを泥棒していったという意味なんでしょう…。

瑠衣の意図も定かではありませんし、ますます闇が深まる展開になってゆきますね…。

少女漫画 ネタバレ
ギルティ (漫画)・第28話のネタバレと感想 「BE・LOVE」で連載中の「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」第28話のネタバレと感想です。 文字のみのあらす...


コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。